甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳

2015.07.20(月) 07:14 - 2015.07.21(火) 11:57
Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)
長いこと生きていると少しはいいことがあるもんだと思うことがある。 休みを利用して、あこがれの甲斐駒と仙丈ケ岳へ。 とくに7/21の仙丈ケ岳は、すこぶる快晴。 甲斐駒は今一つだったが、仙丈ケ岳は言う事なしの天気。 360°視界で、思わず頂上で1時間以上居座ることに。 不思議と富士山が間近で見えた事も、驚きの一つ。 最近覚えたコンパスを使い、地図とにらめっこで手当たり次第山の形と名前を覚えていく。 それと同時に、次の計画が頭をよぎる。 あー、時間があればどこにでも行くのになー。 仙丈ケ岳は、なるほどなだらかでどこか女性をイメージ。 一方、荒々しい甲斐駒は男性のイメージ、そのもの。 いつも通り、行きは快速で帰りはのろのろ。 次の山登りまでに、右ひざを直さなくっちゃ!! 7/20 5:45 仙流荘バス出発 7:00 こもれび山荘、チェックイン後、甲斐駒に出発 8:00 仙水峠 9:00 駒津峠 10:00 甲斐駒ケ岳山頂 11:30 甲斐駒ケ岳出発 15:20 双児山経由、こもれび山荘着 7/21 5:00 こもれび山荘出発 6:00 大滝頭 6:40 小仙丈ケ岳 7:30 仙丈ケ岳山頂 8:50 仙丈ケ岳出発 12:00 馬の背、大手山荘経由、こもれび山荘着

写真

仙水小屋から少し歩いた所

仙水小屋から少し歩いた所

空がきれい

空がきれい

ちょっと見えてきた

ちょっと見えてきた

もう少し

もう少し

仙水峠より。ここまではまだ雲はなかった

仙水峠より。ここまではまだ雲はなかった

かなりクッキリ。

かなりクッキリ。

仙丈ケ岳

仙丈ケ岳

駒津峠

駒津峠

いざ、頂上へ、、とは言っても連休中、人でいっぱい。

いざ、頂上へ、、とは言っても連休中、人でいっぱい。

とりあえず、看板

とりあえず、看板

岩だらけ

岩だらけ

もちろん、直登

もちろん、直登

登頂直前

登頂直前

頂上です。

頂上です。

ザレザレで滑る滑る。何回もこけた

ザレザレで滑る滑る。何回もこけた

翌、7月21日、仙丈ガ岳へ

翌、7月21日、仙丈ガ岳へ

富士山!

富士山!

小仙丈ケ岳にて

小仙丈ケ岳にて

とりあえず看板

とりあえず看板

晴れ!快晴!

晴れ!快晴!

富士山のアップ。実際これぐらい近く見えた

富士山のアップ。実際これぐらい近く見えた

甲斐駒ケ岳もきれい

甲斐駒ケ岳もきれい

頂上へ

頂上へ

頂上から富士山

頂上から富士山

360°視界

360°視界

仙丈小屋でトイレを借りる。

仙丈小屋でトイレを借りる。

振り返って、頂上方面

振り返って、頂上方面

雪渓が残っている。冷たい。10秒と手を入れてられないほど

雪渓が残っている。冷たい。10秒と手を入れてられないほど

ちょうど、12時、こもれび山荘へ。きれいな空

ちょうど、12時、こもれび山荘へ。きれいな空

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。