初遠征。ソロで扇山。鳥沢駅~梨の木平~扇山~三境~山谷集落~鳥沢駅。

2015.07.20(月) 07:33 - 2015.07.20(月) 13:56
Momokurayama, Ogiyama, Gongensan (Yamanashi, Kanagawa, Tokyo)
高尾山周辺を離れ初の遠征に選んだのは、中央線鳥沢駅の扇山です。 途中で、GPS信号を見失ったり、鳥沢駅でヤマップを終了し忘れ距離等は正確ではありません。 ガイドブックによると、予定通りルートを歩いていれば約10.8㎞になるそうです。 初めて経験するこの暑さで、今年登る最高地点まで到達できるのか不安はありました。 鳥沢駅から梨の木平まで淡々と一般道を歩きます。花とか咲いていて楽しめたんですが、暑い時期には選択ミスでした。 ここで結構体力を消耗してしまってあとで苦しみます。ここはバスを選択すべきでした。 梨の木平からは本格的な登山道です。水場の手前で心が折れそうになりました。判断力も鈍っていました。あと少しで水場というのも頭から無くなっていました。水を飲んでも落ち着かないので、最後の手段にしたかった経口補水液ドリンクゼリーを座ってゆっくり飲みました。なぜか落ち着いたので、水場まで移動して、少し長めの休憩。煙草も吸って、顔も洗って。 そこからは、標高が今年登ったどの山よりも高いことを思い返し、立ったままの休憩回数を少し増やして淡々と登りました。 下山は、ヤマップの地図にはありませんが、三境というところで山谷集落方面に下ります。ここから、山谷集落までGPS信号を見失います。ガイドブックに載っているくらいなので、整備はされていますが、最後の方の鳥沢駅まで近道という道は選択されない方がいいと思います。 沢沿いに降りながら下るのですが、足元には真新しい落石の跡があり、見上げると運次第かなって思えるような感じになっています。コース自体も、草で覆われている所も多くあります。 全体的に、登山以外の一般道をたくさん歩くコースを選択してしまいました。暑い時期には失敗ですね。

写真

ここは右の小道です

ここは右の小道です

あっ、ユリだ。と思って撮ったらこの後たくさん見かけました。

あっ、ユリだ。と思って撮ったらこの後たくさん見かけました。

まだ、花を撮影する余裕がありました。

まだ、花を撮影する余裕がありました。

右へ

右へ

音が鳴らないようにぶら下げているクマ除け鈴のカバーを外しました

音が鳴らないようにぶら下げているクマ除け鈴のカバーを外しました

上を見上げるとピンク?花が咲いてました。真下に行くと見えないんですよね。

上を見上げるとピンク?花が咲いてました。真下に行くと見えないんですよね。

ここまでバスで来ていれば・・・・

ここまでバスで来ていれば・・・・

今回は行動食と非常食の割合を固定物とゼリーの半々にしてみました。

今回は行動食と非常食の割合を固定物とゼリーの半々にしてみました。

長居しましたが生き返りました

長居しましたが生き返りました

余分な体力がありません

余分な体力がありません

頂上まであと一息

頂上まであと一息

大活躍してくれました

大活躍してくれました

真新しい倒木

真新しい倒木

富士山。肉眼では頭の先っぽが見えたんですけど

富士山。肉眼では頭の先っぽが見えたんですけど

自己ベスト

自己ベスト

氷を目一杯入れてきて、頂上まで冷たいスポーツドリンクを供給してくれました。1ℓ以上は追加で入れたんですけど。

氷を目一杯入れてきて、頂上まで冷たいスポーツドリンクを供給してくれました。1ℓ以上は追加で入れたんですけど。

昼食の保冷用に凍らしてきました。一つは食後のおやつ。一つは下山時の行動食。

昼食の保冷用に凍らしてきました。一つは食後のおやつ。一つは下山時の行動食。

足に馴染んでます。

足に馴染んでます。

ここで、右を選択。GPS信号はここで途切れました。

ここで、右を選択。GPS信号はここで途切れました。

山谷方面に行きました。

山谷方面に行きました。

こんな感じ

こんな感じ

まわりの木は変化します。こんな感じから

まわりの木は変化します。こんな感じから

こんな感じへ

こんな感じへ

ここでひと段落

ここでひと段落

石がごろごろ

石がごろごろ

見上げると

見上げると

下を見ると

下を見ると

でも道標はキレイ

でも道標はキレイ

ここから出てきました

ここから出てきました

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。