尾瀬 燧ヶ岳・至仏山

2015.07.19(日) 05:39 - 2015.07.20(月) 14:51
Oze, Hiuchigatake (Fukushima, Tochigi, Gunma)
会社の登山旅行で初めての尾瀬。山口からの出発日が台風通過の日で高速の通行止めもあり、前泊の宿まで21時間の車中でした(^_^;) 1日目は大清水に車を停め、乗合バス(700円)で一ノ瀬へ行き、登山開始。尾瀬沼近くの大江湿原ではニッコウキスゲの群落が咲き始めており、遠くから見ても黄色いじゅうたんが広がっていてとてもきれいでした。満開になるとすごいんでしょうね~。 沼尻平に着くまでに小雨もパラついてきて、天候はどんどん下り坂に…。燧ヶ岳にはナデッ窪ピストンで登りました。かなりシンドイ登りでしたが、山頂は悲しいほどガッスガスでした(T_T) 下山途中でガスが晴れてきて、尾瀬沼が見えました。ナデッ窪は直登の上に大岩がゴロゴロしているのでなかなか手ごわい登山道です。下りは特に慎重に歩きました。 見晴の「原の小屋」に泊まりました。尾瀬の山小屋はお風呂があるのが最高ですね。もちろん石鹸等は使えないのですが、お湯にゆっくりつかるだけでも疲れが取れました。夜はあいにくの雨でしたが、ホタルを二匹見ることができました。 二日目至仏山に向けて、木道を歩いているうちにどんどん晴れてきてテンションも上昇!…したのもつかの間、尾瀬名物の木道が長過ぎて歩くことにかなり飽きてきました。 山の鼻から至仏山へ。至仏山は燧とは全く植生が違うようで、チングルマやオゼソウなど高山植物が沢山咲いていました。写真ばかり撮ってしまってナカナカ前に進めませんでした(^_^;) 山頂からは、尾瀬の湿原だけでなく、雪渓を抱いた越後駒ケ岳(多分)も見えました。下山は小至仏山方面へ。ここからの岩が蛇紋岩でツルッツルに滑りました。高山植物がなかったら完全に心折れていました。 鳩待峠が見えた時は本当に嬉しかった\(^o^)/ 行く前はハイキングレベルだと思っていた尾瀬でしたがなかなか手ごわかったです。2週間でやっと疲れが取れました(笑)

写真

木道で滑った後にやっと見えた尾瀬沼

木道で滑った後にやっと見えた尾瀬沼

木道トラウマ

木道トラウマ

雰囲気の良い長蔵小屋

雰囲気の良い長蔵小屋

長蔵小屋の談話室(窓からのぞいただけですが)

長蔵小屋の談話室(窓からのぞいただけですが)

大江湿原のニッコウキスゲは咲き始めでもきれいでした

大江湿原のニッコウキスゲは咲き始めでもきれいでした

キヌガサソウ

キヌガサソウ

チングルマ

チングルマ

ハクサン?シャクナゲ

ハクサン?シャクナゲ

サンカヨウ

サンカヨウ

ガスの中を山頂へ

ガスの中を山頂へ

燧ヶ岳山頂。視界なーし。

燧ヶ岳山頂。視界なーし。

下山しているとガスが晴れ初めて尾瀬沼が見えてきました

下山しているとガスが晴れ初めて尾瀬沼が見えてきました

雪渓

雪渓

立ち止まると虫が集まるこの恐怖

立ち止まると虫が集まるこの恐怖

尾瀬沼 向こうには日光白根山や男体山が見えるらしいです。

尾瀬沼 向こうには日光白根山や男体山が見えるらしいです。

ワタスゲ

ワタスゲ

尾瀬沼 やっぱり青空はいいね。

尾瀬沼 やっぱり青空はいいね。

時間がかなり過ぎていたので宿までダッシュ。

時間がかなり過ぎていたので宿までダッシュ。

宿泊した原の小屋

宿泊した原の小屋

見晴の山小屋の一角にカフェがありました。紅茶派です。

見晴の山小屋の一角にカフェがありました。紅茶派です。

2日目 草がキラキラ☆

2日目 草がキラキラ☆

尾瀬ヶ原へ

尾瀬ヶ原へ

雲が切れてきて振り返ると昨日登った燧ヶ岳

雲が切れてきて振り返ると昨日登った燧ヶ岳

県境

県境

ヒツジグサ

ヒツジグサ

木道、かなり長いです。

木道、かなり長いです。

山の鼻から至仏山へ

山の鼻から至仏山へ

ツリガネニンジンと尾瀬ヶ原

ツリガネニンジンと尾瀬ヶ原

コバイケイソウ

コバイケイソウ

山頂まであともう少し

山頂まであともう少し

チングルマ

チングルマ

オゼソウ

オゼソウ

至仏山山頂

至仏山山頂

下山路

下山路

かなり長い下山路

かなり長い下山路

やっと登山終了

やっと登山終了

鳩待峠で花豆ソフト食べました

鳩待峠で花豆ソフト食べました

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。