仙丈ヶ岳ー日帰り

2015.07.20(月) 06:32 - 2015.07.20(月) 12:56
Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)
3連休最終日の海の日に、友人と二人で初めて登る仙丈ヶ岳へ、プリンセス様の姿を見にお家を2時に出発、食料などを購入し、仙流荘に4時30分頃到着、すでに10名ほどの列が、上の駐車場は勿論満車、下の駐車場に駐車し、バスの列にザックを置いて、登山届を書きながら今度は切符売り場の列に並び、5時30分にバスに搭乗し、北沢峠へ6時30分頃到着、登りは、展望のよい小仙丈ヶ岳を経由するルートで登りました、長谷中学校の生徒さん達が手作りされたと思われる、小さな看板に励まされ、順調に登頂出来ました、途中5合目あたりから見える甲斐駒ケ岳の壮大さにもパワー頂きました。下りは藪沢カールを周回するように、仙丈小屋にて昼食(おにぎりとインスタント焼きそば)を頂き、馬の背〜大滝頭経由で下山しました。頂上から少し仙丈小屋方面へ下った辺りで雷鳥の親子に会うことができました、人生2度目の雷鳥さんとの遭遇です、昨年常念岳で見た雷鳥より少し小さめでした。 下山のコースでは、小さな沢を渡る箇所が数箇所ありましたが、全コース含めて特に危険な場所はありませんでした。 5合目辺りから、仙丈小屋までの藪沢カールの周回するコースの展望はとてもキレイで、まさしく女王さまでした。 帰りの北沢峠発13時のバス(臨時便が何便も出ていました)にも間に合い、14時前には仙流荘に戻りました。

写真

北沢峠の仙丈ヶ岳登山口から出発しました。

北沢峠の仙丈ヶ岳登山口から出発しました。

大滝頭(五合目)です、ここまでは、樹林帯の中を長谷中学校の生徒さん達が手作りで作られたと思われる「山や自然を大切に」とか「がんばって」とかが書かれた暖かい木の小さい看板に励まされ登ってきました。

大滝頭(五合目)です、ここまでは、樹林帯の中を長谷中学校の生徒さん達が手作りで作られたと思われる「山や自然を大切に」とか「がんばって」とかが書かれた暖かい木の小さい看板に励まされ登ってきました。

甲斐駒ケ岳がお隣に…すごい存在感です。

甲斐駒ケ岳がお隣に…すごい存在感です。

富士山も見えます、富士山がみえるとなんだかホッと安心します。

富士山も見えます、富士山がみえるとなんだかホッと安心します。

小仙丈ヶ岳に着きました。
仙丈ヶ岳へ続く素晴らしく美しい稜線に歓喜し、足が軽くなっちゃいました。

小仙丈ヶ岳に着きました。 仙丈ヶ岳へ続く素晴らしく美しい稜線に歓喜し、足が軽くなっちゃいました。

3000メートルの散歩道…

3000メートルの散歩道…

頂上付近から仙丈小屋、まだ少し雪渓が残っています。

頂上付近から仙丈小屋、まだ少し雪渓が残っています。

頂上に着きました。
天気は良かったのですが、北アルプスや北岳、間ノ岳の山頂は、雲で覆われていました、残念。

頂上に着きました。 天気は良かったのですが、北アルプスや北岳、間ノ岳の山頂は、雲で覆われていました、残念。

頂上で休憩中に、雲が虹色になっていました。

頂上で休憩中に、雲が虹色になっていました。

雷鳥の親子に会うことが出来ました。

雷鳥の親子に会うことが出来ました。

帰りは、馬の背から大滝頭へ
途中小さな渡渉が幾つかありました。

帰りは、馬の背から大滝頭へ 途中小さな渡渉が幾つかありました。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。