八ヶ岳縦走 二日目【赤岳~権現岳~編笠山~観音口】

2015.07.20(月) 05:56 - 2015.07.20(月) 13:34
昨日の八ヶ岳一日目は、岩場の迫力が思ったほどではなかったんで、少し拍子抜け気味でしたが、今日の赤岳~権現岳の大キレットはかなりの大迫力で、ザレ場の下りでは少し怖さを感じるくらいでした。 朝起きてみると、相変わらずの突風とガスでしたが、赤岳の山頂に来ると、ガスが消えてきました。 赤岳~権現山の大キレットでは、ほとんどがすれ違う人ばかりで、ここを下りてくる人は、ほとんどいないようでした。 一番キツかったのは下りの急斜面のザレ場でした。 体が煽られる程の突風を受けながら、手掛かりも鎖もないザレ場を延々と下りていくのは、さすがにキツい。 しかもザレ場なんで不安定ですし。 先週登った槍ヶ岳より難しいと感じました。 権現岳の大ハシゴやその後のギボシというピークまでは息もつけない感じでした。 最後に登った編笠山は、見た目が緩い斜面の樹林帯の山なのかと思いきや、実は巨大な石を無限に積み重ねたような山でした。 実際登ると、樹林帯の中も実はほとんどが石登りルートでした。 これが意外に足にこたえる。 昨日今日の2日間で思う存分八ヶ岳を堪能できました。 今日は昨日とは違って快晴でしたので、富士山から南アルプス、北アルプスの山々もじっくり見ることが出来ました。 他にも面白そうなルートが色々あるので、また登りに来たいと思います‼

写真

赤岳天望荘から行者小屋を見下ろしたところ

赤岳天望荘から行者小屋を見下ろしたところ

赤岳です。ガスが消えてきた

赤岳です。ガスが消えてきた

頂上は相変わらずの人だかり

頂上は相変わらずの人だかり

山頂から見えた富士山

山頂から見えた富士山

赤岳山頂のシンボルです

赤岳山頂のシンボルです

その後はこんな岩場続き

その後はこんな岩場続き

このザレ場の下りで体が煽られる程の突風にあいました。

このザレ場の下りで体が煽られる程の突風にあいました。

このハシゴ、遠くから見てると、かなり怖い

このハシゴ、遠くから見てると、かなり怖い

このザレ場が一番辛かった。
手掛かりが何にも無いんで

このザレ場が一番辛かった。 手掛かりが何にも無いんで

このザレ場の下りも怖い

このザレ場の下りも怖い

大キレット終了か?

大キレット終了か?

赤岳、阿弥陀岳の勇姿

赤岳、阿弥陀岳の勇姿

権現岳方面

権現岳方面

これが権現岳かと思いきや、手前にある旭岳というピークでした。

これが権現岳かと思いきや、手前にある旭岳というピークでした。

権現岳手前の旭岳というピークです

権現岳手前の旭岳というピークです

で、これが権現岳

で、これが権現岳

その手前にこんな長いハシゴが

その手前にこんな長いハシゴが

権現岳の先にあるギボシというピークです。
けっこう迫力がありました。

権現岳の先にあるギボシというピークです。 けっこう迫力がありました。

権現小屋

権現小屋

編笠山です。遠くから見ると、簡単そうに見えるんですけどね

編笠山です。遠くから見ると、簡単そうに見えるんですけどね

下の小屋が青年小屋

下の小屋が青年小屋

これが編笠山の登り。
意外に巨石だらけ

これが編笠山の登り。 意外に巨石だらけ

編笠山山頂

編笠山山頂

下りも巨石だらけ

下りも巨石だらけ

雲海という地名ですが、全く見えませんでした。

雲海という地名ですが、全く見えませんでした。

ここまで来ると、高原の散歩道みたいな感じです

ここまで来ると、高原の散歩道みたいな感じです

ようやく観音平のゴールまで到着!

ようやく観音平のゴールまで到着!

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。