六ヶ岳周回(二十座)

2021.06.23(水) 日帰り

活動データ

タイム

08:05

距離

12.3km

上り

1472m

下り

1473m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 5
休憩時間
1 時間 1
距離
12.3 km
上り / 下り
1472 / 1473 m
7
13
5
32
36
14
35
15
20
1
28
12
3
11
20
6

活動詳細

すべて見る

六ヶ岳の山頂登録されている20座を周回したいと思い続けてようやく行く気になれた。 歩いた感じ、なかなかの歩き応えだった。 体が順応していないのか大量の汗に脚も重かった。 苦労は最後の旭岳(六ヶ岳)の山頂で報われた。 全周囲の素晴らしい眺望に感動する。 皿倉山から福知山、そして奥に続く山々。 目を凝らすと最奥に極薄で英彦山が見えた。 その英彦山から右に三郡山系・犬鳴山系・宗像四塚と眺望は続く。 過去に歩いた山を思い返しながら眺めた山頂時間はとても良かった。 今回の下山口、鞍手登山口の由来説明書きから、六ヶ岳とは旭岳・天冠・羽衣・高祖・崎戸・出穂の峰の総称とのこと。

六ヶ岳 先ずは横山から。右回りに周回します。
先ずは横山から。右回りに周回します。
六ヶ岳 早朝の六ヶ岳。
早朝の六ヶ岳。
六ヶ岳 序盤は少し気味が悪いです。
序盤は少し気味が悪いです。
六ヶ岳 最初は読図で全て回ろうと思っていた。分岐の表示がありがたい。
最初は読図で全て回ろうと思っていた。分岐の表示がありがたい。
六ヶ岳 渡渉も目印。
渡渉も目印。
六ヶ岳 ここを行き過ぎてルートロスト。GPSを見ながら戻って来た。
ビニール傘から右に登ります。
ここを行き過ぎてルートロスト。GPSを見ながら戻って来た。 ビニール傘から右に登ります。
六ヶ岳 途中の谷は気味が悪いですが丁寧に歩けば進めます。
途中の谷は気味が悪いですが丁寧に歩けば進めます。
六ヶ岳 龍ヶ岳山頂
龍ヶ岳山頂
六ヶ岳 猿田山の三等三角点
猿田山の三等三角点
六ヶ岳 六ヶ岳のうちの一座「出穂」
六ヶ岳のうちの一座「出穂」
六ヶ岳 出穂の峰から旭岳(六ヶ岳)が見えた。
出穂の峰から旭岳(六ヶ岳)が見えた。
六ヶ岳 六ヶ岳のうちの一座「高祖」
六ヶ岳のうちの一座「高祖」
六ヶ岳 全周コースに足掛かりが掘られてあった。あと草刈りも。ありがとうございます。
全周コースに足掛かりが掘られてあった。あと草刈りも。ありがとうございます。
六ヶ岳 漢は黙って苦行道。もの凄い傾斜でした。
漢は黙って苦行道。もの凄い傾斜でした。
六ヶ岳 スポットライトを浴びた様な「天冠」の山頂。六ヶ岳のうちの一座。
スポットライトを浴びた様な「天冠」の山頂。六ヶ岳のうちの一座。
六ヶ岳 「崎門」とある。たぶん「崎戸」と同意ではないかな。六ヶ岳のうちの一座。
「崎門」とある。たぶん「崎戸」と同意ではないかな。六ヶ岳のうちの一座。
六ヶ岳 崎戸の峰にある六嶽神社上宮。
崎戸の峰にある六嶽神社上宮。
六ヶ岳 六ヶ岳のうちの一座「羽衣」
六ヶ岳のうちの一座「羽衣」
六ヶ岳 そしてようやく六ヶ岳山頂「旭(朝日)岳」
こんなに眺望が良いとは思っていなかった。
そしてようやく六ヶ岳山頂「旭(朝日)岳」 こんなに眺望が良いとは思っていなかった。
六ヶ岳 感動の山頂。
感動の山頂。
六ヶ岳 山頂アンテナの工事中。会話丸聞こえ。業務の指示確認と私語が交互に聞こえていた。
山頂アンテナの工事中。会話丸聞こえ。業務の指示確認と私語が交互に聞こえていた。
六ヶ岳 皿倉山方面。
皿倉山方面。
六ヶ岳 尺岳方面。
尺岳方面。
六ヶ岳 そして福知山。
そして福知山。
六ヶ岳 凝らして見ると奥に英彦山が見えた(本当)。
凝らして見ると奥に英彦山が見えた(本当)。
六ヶ岳 宗像四塚の山塊。
宗像四塚の山塊。
六ヶ岳 最後に素晴らしい景色が見れて良かった。感動の山頂時間でした。
最後に素晴らしい景色が見れて良かった。感動の山頂時間でした。
六ヶ岳 下山口から駐車場までロード歩き。無事に周回完了。
下山口から駐車場までロード歩き。無事に周回完了。
六ヶ岳 以下、出会った植物たち。
ホトトギス。
以下、出会った植物たち。 ホトトギス。
六ヶ岳 ハナミョウガの実
ハナミョウガの実
六ヶ岳 ドクダミの花
ドクダミの花
六ヶ岳 ハルジオン。
興味を惹いた植物は少な目でした。
ありがとうございました。
ハルジオン。 興味を惹いた植物は少な目でした。 ありがとうございました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。