花がいっぱい☆平標山

2021.06.22(火) 日帰り

昨夜、どの山にしようかな?と考え、多摩百山の残り?とか? ふと、平標山が頭に。 → みなさんの活動日記調べると、お花がたくさんではないですか! で、行ってみました。午後は天気崩れる予報でしたが、梅雨の中休みなので、行ってまぇ~。 山頂は雲が流れ・・ (下記動画どうぞ) 稜線どーん、山々ばーん!の風景は見られなかったですが、 花園は素敵でした♪そのまま天につづくのかなと思ったり(笑) 写真、載せすぎた。 久々の2000m超え。雲取山以来。遠くにいってないな。 そういえば。むかーし、谷川岳に登り、平標山方面の看板を見て、いきたい!と思ったの思い出した。 秋にまた来たい。

元橋という場所で登山口駐車場があります。トイレも整っています。

元橋という場所で登山口駐車場があります。トイレも整っています。

元橋という場所で登山口駐車場があります。トイレも整っています。

看板がありますね。一合目。

看板がありますね。一合目。

看板がありますね。一合目。

最初は急な坂、階段となります

最初は急な坂、階段となります

最初は急な坂、階段となります

さっそく、ヤマツツジ?

さっそく、ヤマツツジ?

さっそく、ヤマツツジ?

お、ちょっと開けた

お、ちょっと開けた

お、ちょっと開けた

ウツギの仲間?

ウツギの仲間?

ウツギの仲間?

高圧鉄塔だ

高圧鉄塔だ

高圧鉄塔だ

鉄塔が四合目

鉄塔が四合目

鉄塔が四合目

お、建物が。

お、建物が。

お、建物が。

田代スキー場のロープウェイ乗り場ですね

田代スキー場のロープウェイ乗り場ですね

田代スキー場のロープウェイ乗り場ですね

こちらは苗場スキー場

こちらは苗場スキー場

こちらは苗場スキー場

五合目

五合目

五合目

あら、可憐な。

あら、可憐な。

あら、可憐な。

ああ、この先、
花の名前がぜんぜんわからない。

ああ、この先、 花の名前がぜんぜんわからない。

ああ、この先、 花の名前がぜんぜんわからない。

稜線が。きれいですね

稜線が。きれいですね

稜線が。きれいですね

松手山です

松手山です

松手山です

七合目

七合目

七合目

稜線を目で追うと、人が歩いてるのを見つけるのが、なんか好きです

稜線を目で追うと、人が歩いてるのを見つけるのが、なんか好きです

稜線を目で追うと、人が歩いてるのを見つけるのが、なんか好きです

これはたぶん田代スキー場のドラゴンドラ側の建物かな

これはたぶん田代スキー場のドラゴンドラ側の建物かな

これはたぶん田代スキー場のドラゴンドラ側の建物かな

八合目、ここからちょと階段区間。

八合目、ここからちょと階段区間。

八合目、ここからちょと階段区間。

ちょっとリーゼント的な

ちょっとリーゼント的な

ちょっとリーゼント的な

花びらというよりは、お団子触覚のような

花びらというよりは、お団子触覚のような

花びらというよりは、お団子触覚のような

九合目

九合目

九合目

振り返ると、通ってきた道とかぐら田代スキー場が見えます

振り返ると、通ってきた道とかぐら田代スキー場が見えます

振り返ると、通ってきた道とかぐら田代スキー場が見えます

なんか棒が

なんか棒が

なんか棒が

平標山に着きました。
確かに平ら。

平標山に着きました。 確かに平ら。

平標山に着きました。 確かに平ら。

おにぎりとかとかチャージ

おにぎりとかとかチャージ

おにぎりとかとかチャージ

ここからは遠くは見えず、ほぼ雲の中でした。たまーにちょっと遠くが見える時もありましたが。

ここからは遠くは見えず、ほぼ雲の中でした。たまーにちょっと遠くが見える時もありましたが。

ここからは遠くは見えず、ほぼ雲の中でした。たまーにちょっと遠くが見える時もありましたが。

雲とれないかな・・

雲とれないかな・・

雲とれないかな・・

おおお!
これかー。お花畑。

おおお! これかー。お花畑。

おおお! これかー。お花畑。

白、黄色、紫の可憐な花たちがすごい!!

白、黄色、紫の可憐な花たちがすごい!!

白、黄色、紫の可憐な花たちがすごい!!

ちょっと残雪

ちょっと残雪

ちょっと残雪

ちょっと晴れ間が。

ちょっと晴れ間が。

ちょっと晴れ間が。

なんだかふるーい看板

なんだかふるーい看板

なんだかふるーい看板

はい!大切にします。

はい!大切にします。

はい!大切にします。

仙の倉山 着 雲の中です。

仙の倉山 着 雲の中です。

仙の倉山 着 雲の中です。

三角点タッチ。

三角点タッチ。

三角点タッチ。

これ、活用したかったな

これ、活用したかったな

これ、活用したかったな

どんな雄大な景色なのだろうか。

どんな雄大な景色なのだろうか。

どんな雄大な景色なのだろうか。

カロリーメイトチャージ。
地図が古っ。

カロリーメイトチャージ。 地図が古っ。

カロリーメイトチャージ。 地図が古っ。

さて、しばしまっても雲が晴れないので、平標山へ戻ります。
木階段の間からお花が♪

さて、しばしまっても雲が晴れないので、平標山へ戻ります。 木階段の間からお花が♪

さて、しばしまっても雲が晴れないので、平標山へ戻ります。 木階段の間からお花が♪

木階段両脇に可憐なお花たち♪

木階段両脇に可憐なお花たち♪

木階段両脇に可憐なお花たち♪

平標山へもどる

平標山へもどる

平標山へもどる

なんか今日は食べてばっか。
お湯を入れて、平標山乃家へダッシュ開始!(お湯だと15分)

なんか今日は食べてばっか。 お湯を入れて、平標山乃家へダッシュ開始!(お湯だと15分)

なんか今日は食べてばっか。 お湯を入れて、平標山乃家へダッシュ開始!(お湯だと15分)

ずっと下りです

ずっと下りです

ずっと下りです

一部ぬたぬたあり

一部ぬたぬたあり

一部ぬたぬたあり

はい!大切にします!

はい!大切にします!

はい!大切にします!

木階段の左側は草原チックな

木階段の左側は草原チックな

木階段の左側は草原チックな

こちらにも残雪が

こちらにも残雪が

こちらにも残雪が

なんかフワフワ♪

なんかフワフワ♪

なんかフワフワ♪

家が見えました

家が見えました

家が見えました

山乃家、着

山乃家、着

山乃家、着

鐘がありました。

鐘がありました。

鐘がありました。

20分近くとなりましたが、おいしく頂きました

20分近くとなりましたが、おいしく頂きました

20分近くとなりましたが、おいしく頂きました

さて、下山します

さて、下山します

さて、下山します

森の中ですね

森の中ですね

森の中ですね

川沿い林道にぶつかりました。

川沿い林道にぶつかりました。

川沿い林道にぶつかりました。

なんかかわいい

なんかかわいい

なんかかわいい

あとは平坦

あとは平坦

あとは平坦

ゲート

ゲート

ゲート

ここから右手に川沿いのルートへとなります。

ここから右手に川沿いのルートへとなります。

ここから右手に川沿いのルートへとなります。

きのこ

きのこ

きのこ

最後ちょっとダムっぽくなってました

最後ちょっとダムっぽくなってました

最後ちょっとダムっぽくなってました

見た風景が

見た風景が

見た風景が

下山。

下山。

下山。

駐車場は600円です

駐車場は600円です

駐車場は600円です

17号で三国峠を抜け、1時間ほどで、「もつ煮」の永井食堂に。

17号で三国峠を抜け、1時間ほどで、「もつ煮」の永井食堂に。

17号で三国峠を抜け、1時間ほどで、「もつ煮」の永井食堂に。

おいしゅうございました。ご飯多い。
食べてばっかな1日でした。

おいしゅうございました。ご飯多い。 食べてばっかな1日でした。

おいしゅうございました。ご飯多い。 食べてばっかな1日でした。

元橋という場所で登山口駐車場があります。トイレも整っています。

看板がありますね。一合目。

最初は急な坂、階段となります

さっそく、ヤマツツジ?

お、ちょっと開けた

ウツギの仲間?

高圧鉄塔だ

鉄塔が四合目

お、建物が。

田代スキー場のロープウェイ乗り場ですね

こちらは苗場スキー場

五合目

あら、可憐な。

ああ、この先、 花の名前がぜんぜんわからない。

稜線が。きれいですね

松手山です

七合目

稜線を目で追うと、人が歩いてるのを見つけるのが、なんか好きです

これはたぶん田代スキー場のドラゴンドラ側の建物かな

八合目、ここからちょと階段区間。

ちょっとリーゼント的な

花びらというよりは、お団子触覚のような

九合目

振り返ると、通ってきた道とかぐら田代スキー場が見えます

なんか棒が

平標山に着きました。 確かに平ら。

おにぎりとかとかチャージ

ここからは遠くは見えず、ほぼ雲の中でした。たまーにちょっと遠くが見える時もありましたが。

雲とれないかな・・

おおお! これかー。お花畑。

白、黄色、紫の可憐な花たちがすごい!!

ちょっと残雪

ちょっと晴れ間が。

なんだかふるーい看板

はい!大切にします。

仙の倉山 着 雲の中です。

三角点タッチ。

これ、活用したかったな

どんな雄大な景色なのだろうか。

カロリーメイトチャージ。 地図が古っ。

さて、しばしまっても雲が晴れないので、平標山へ戻ります。 木階段の間からお花が♪

木階段両脇に可憐なお花たち♪

平標山へもどる

なんか今日は食べてばっか。 お湯を入れて、平標山乃家へダッシュ開始!(お湯だと15分)

ずっと下りです

一部ぬたぬたあり

はい!大切にします!

木階段の左側は草原チックな

こちらにも残雪が

なんかフワフワ♪

家が見えました

山乃家、着

鐘がありました。

20分近くとなりましたが、おいしく頂きました

さて、下山します

森の中ですね

川沿い林道にぶつかりました。

なんかかわいい

あとは平坦

ゲート

ここから右手に川沿いのルートへとなります。

きのこ

最後ちょっとダムっぽくなってました

見た風景が

下山。

駐車場は600円です

17号で三国峠を抜け、1時間ほどで、「もつ煮」の永井食堂に。

おいしゅうございました。ご飯多い。 食べてばっかな1日でした。

類似するルートを通った活動日記