継子岳【チャオ御岳からアイゼンとピッケルを駆使して】チャオ御岳⤴胡桃島キャンプ場⤵

2021.06.21(月) 日帰り

活動データ

タイム

13:17

距離

13.7km

上り

1255m

下り

1256m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
13 時間 17
休憩時間
56
距離
13.7 km
上り / 下り
1255 / 1256 m
6 57
37
1 39
1 47
1 12

活動詳細

すべて見る

チャオ御岳から日和田√で継子岳へ 2週間前にゆずは🐻さんが歩いたのと同じコースです。 ゆずは🐻さんの日記を見つけ、いろいろ情報を頂き大変参考になりました。 雪渓の核心部(雪渓歩きの部分)はあまり変わっていないようですが、見晴し岩から上部の雪は殆ど消えており、全て夏道が出ていてコースの不安は払拭されました。 ゆずは🐻さんのアドバイスにあったとおり、こういうところをソロで歩くのはもうよそうと考えながらアイゼンとピッケルを駆使して雪渓を登り切りました。 でも、この日記を書きながら、この次は残雪タップリの白山のトンビ岩かなァと・・・。性懲りもなく・・・。 余談 五の池小屋で休んでいると2人の方からお声をかけていただきました。 一人は今日のコースで颯爽と追い抜いていた男女2名の方でした。 無事到着を喜び合い、下山の話になった時、チャオ御岳に車があるので軽アイゼンしかないがヤブ漕ぎを覚悟で日和田√下るしかないとのこと。 胡桃島へ下る方法があることと胡桃島~チャオ御岳は徒歩移動が可能なことをアドバイスしておきました。胡桃島への道にハッキリとした踏み跡がありましたので、多分胡桃島への下山を採用してくれたことでしょう。 もう一人は、「先月、烏帽子岳で会いましたよね」との声掛け。 愛用のキャップ(アメフトのチームのキャップ)を覚えてくださっていたそうです。 とっさなこで、あやふやなご返事をしてしまい申し訳なく思っています。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。