釜ノウド~寺山-2021-06-21

2021.06.21(月) 日帰り

手元に『由布山俯瞰図』と言う昔のイラストがある。それには由布岳周辺の地名が記されているが、手描きなので場所がハッキリしない。ところがらるさんのHP「らるの大分登山 https://rall-mountain-info.jimdofree.com/」には、それらの地点が地図に落とされている。なので早速行って来た。 快晴だったので、木陰のない草原でダウンしそうになったが、なんとか2地点のみクリア。あぢかったぁ~😫

由布岳正面登山口を発つ

由布岳正面登山口を発つ

由布岳正面登山口を発つ

合野越で一休み

合野越で一休み

合野越で一休み

飯盛ケ城方面へ向かう

飯盛ケ城方面へ向かう

飯盛ケ城方面へ向かう

本日は飯盛ケ城には登らず、岳本方面へ下る

本日は飯盛ケ城には登らず、岳本方面へ下る

本日は飯盛ケ城には登らず、岳本方面へ下る

湯布院の街を見下ろす

湯布院の街を見下ろす

湯布院の街を見下ろす

登山道はここを右に進むが、今回は直進。左の草原のピークを目指す。

登山道はここを右に進むが、今回は直進。左の草原のピークを目指す。

登山道はここを右に進むが、今回は直進。左の草原のピークを目指す。

絶景を見ながら踏み跡を進む

絶景を見ながら踏み跡を進む

絶景を見ながら踏み跡を進む

何も印がないので、このピークを920mの釜ノウドとする

何も印がないので、このピークを920mの釜ノウドとする

何も印がないので、このピークを920mの釜ノウドとする

眼下に今から向かう寺山の尾根。湯布院の街と福万山。遠くに涌蓋山と万年山

眼下に今から向かう寺山の尾根。湯布院の街と福万山。遠くに涌蓋山と万年山

眼下に今から向かう寺山の尾根。湯布院の街と福万山。遠くに涌蓋山と万年山

南に倉木山~雨乞岳。左下に立石の台が見えるが今日は無理そう・・・

南に倉木山~雨乞岳。左下に立石の台が見えるが今日は無理そう・・・

南に倉木山~雨乞岳。左下に立石の台が見えるが今日は無理そう・・・

一旦来た道を引き返す。飯盛ケ城と由布岳。

一旦来た道を引き返す。飯盛ケ城と由布岳。

一旦来た道を引き返す。飯盛ケ城と由布岳。

西登山道に合流して水場へ。最近飲用不可になったらしい。

西登山道に合流して水場へ。最近飲用不可になったらしい。

西登山道に合流して水場へ。最近飲用不可になったらしい。

大分川の源流

大分川の源流

大分川の源流

岳本方面に下る

岳本方面に下る

岳本方面に下る

西登山道はこの分岐を右へ。今回は左の踏み跡を下る

西登山道はこの分岐を右へ。今回は左の踏み跡を下る

西登山道はこの分岐を右へ。今回は左の踏み跡を下る

振り返ればカブト岩?越に由布岳

振り返ればカブト岩?越に由布岳

振り返ればカブト岩?越に由布岳

目指す寺山は林の中

目指す寺山は林の中

目指す寺山は林の中

舗装道に下りついて右へ。左へ進めば県道216号に下りつく。

舗装道に下りついて右へ。左へ進めば県道216号に下りつく。

舗装道に下りついて右へ。左へ進めば県道216号に下りつく。

砂利の小広場から笹竹を分けて、奥の林へ突入

砂利の小広場から笹竹を分けて、奥の林へ突入

砂利の小広場から笹竹を分けて、奥の林へ突入

左側に土塁のある林道を進む

左側に土塁のある林道を進む

左側に土塁のある林道を進む

土塁の上かと思ったが、土塁を越えたこのあたりが736mの寺山山頂のようだ

土塁の上かと思ったが、土塁を越えたこのあたりが736mの寺山山頂のようだ

土塁の上かと思ったが、土塁を越えたこのあたりが736mの寺山山頂のようだ

砂利小広場に戻る。ここから岳本に下山し、バスで正面登山口の予定だったが、財布を車に忘れた😓暑い中合野越まで登り返さなきゃ・・😱

砂利小広場に戻る。ここから岳本に下山し、バスで正面登山口の予定だったが、財布を車に忘れた😓暑い中合野越まで登り返さなきゃ・・😱

砂利小広場に戻る。ここから岳本に下山し、バスで正面登山口の予定だったが、財布を車に忘れた😓暑い中合野越まで登り返さなきゃ・・😱

暑くなければ最高の景色

暑くなければ最高の景色

暑くなければ最高の景色

県道216号から舗装道で上がって来たご夫婦に遭遇。合野越以降、唯一の遭遇者。

県道216号から舗装道で上がって来たご夫婦に遭遇。合野越以降、唯一の遭遇者。

県道216号から舗装道で上がって来たご夫婦に遭遇。合野越以降、唯一の遭遇者。

もう少し早かったら、谷のヤマボウシが見事だったそうだ

もう少し早かったら、谷のヤマボウシが見事だったそうだ

もう少し早かったら、谷のヤマボウシが見事だったそうだ

なんとか合野越まで登り返し、ダウンせずに無事下山。ありがとうございました。

なんとか合野越まで登り返し、ダウンせずに無事下山。ありがとうございました。

なんとか合野越まで登り返し、ダウンせずに無事下山。ありがとうございました。

移動してワタナベソウ
27/32

移動してワタナベソウ

移動してワタナベソウ

カキラン
28/32

カキラン

カキラン

タカトウダイ
29/32

タカトウダイ

タカトウダイ

キリンソウ
30/32

キリンソウ

キリンソウ

ヒメユリ
31/32

ヒメユリ

ヒメユリ

ヤマアジサイ
32/32

ヤマアジサイ

ヤマアジサイ

由布岳正面登山口を発つ

合野越で一休み

飯盛ケ城方面へ向かう

本日は飯盛ケ城には登らず、岳本方面へ下る

湯布院の街を見下ろす

登山道はここを右に進むが、今回は直進。左の草原のピークを目指す。

絶景を見ながら踏み跡を進む

何も印がないので、このピークを920mの釜ノウドとする

眼下に今から向かう寺山の尾根。湯布院の街と福万山。遠くに涌蓋山と万年山

南に倉木山~雨乞岳。左下に立石の台が見えるが今日は無理そう・・・

一旦来た道を引き返す。飯盛ケ城と由布岳。

西登山道に合流して水場へ。最近飲用不可になったらしい。

大分川の源流

岳本方面に下る

西登山道はこの分岐を右へ。今回は左の踏み跡を下る

振り返ればカブト岩?越に由布岳

目指す寺山は林の中

舗装道に下りついて右へ。左へ進めば県道216号に下りつく。

砂利の小広場から笹竹を分けて、奥の林へ突入

左側に土塁のある林道を進む

土塁の上かと思ったが、土塁を越えたこのあたりが736mの寺山山頂のようだ

砂利小広場に戻る。ここから岳本に下山し、バスで正面登山口の予定だったが、財布を車に忘れた😓暑い中合野越まで登り返さなきゃ・・😱

暑くなければ最高の景色

県道216号から舗装道で上がって来たご夫婦に遭遇。合野越以降、唯一の遭遇者。

もう少し早かったら、谷のヤマボウシが見事だったそうだ

なんとか合野越まで登り返し、ダウンせずに無事下山。ありがとうございました。

移動してワタナベソウ

カキラン

タカトウダイ

キリンソウ

ヒメユリ

ヤマアジサイ

類似するルートを通った活動日記