ぶらカヤック 益田の海Ⅱ 戸田~田万川

2021.06.20(日) 日帰り

活動データ

タイム

05:17

距離

20.9km

上り

1203m

下り

1203m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 17
休憩時間
1 時間 49
距離
20.9 km
上り / 下り
1203 / 1203 m
5 17

活動詳細

すべて見る

 この前に続き、地元の海をぶらカヤック。今回は、西側の海で、戸田~田万川とした。最初に戸田にカヤックを置き、その後、田万川に車を置いておいて、そこからロードバイクで、戸田へ行き、戸田からカヤックのスタートという、山陰海岸つぎはぎカヤックと同じ手法で、実施。これだと、Uターンしないので、より長い距離を楽しむことができるというわけだ。  今回は、ハードオフでゲットしたRX-100用の防水ハウジング(なんと、2000円・・定価だとたぶん2万円以上する)を試してみたいという思いもあった。風呂でチェックしたところ、大丈夫そうだったので、シュノーケリング時に撮影してみるという試みだ。  さて、戸田からのスタート。1mの波予報だったのだが、波打ち際は、多少波があり、慎重に出艇。お気に入りの衣毘須神社を海上から眺めながら進む。二見海岸、人形岩辺りも面白い。ここの狭いところを楽しむ。その後、田万川までの岩壁は、なかなかの見ごたえ。途中洞窟もあり、小さなトンネルもありで、そんなところにも入って冒険気分を味わった。  昼食時に、田万川よりの海岸に上陸し、そこで、弁当を食べ、その後、今シーズン初のシュノーケリング。ウエットスーツのお陰で全然寒くはなく、快適に潜ることができた。肝心のハウジングだが、全ての操作が海中でできる優れもの。当然、浸水もなく、普通に使えた。これはお買い得だった。それでも、いつも使っているウエラブルカメラに比べると大きく、重いため、じっくりの撮影には向いているものの、素早く動く魚を追っての撮影は苦手。  そんな中、今回の一番の収穫は、クリオネの仲間の、クリイロカメガイがいて、それを撮影できたこと。なかなか貴重な体験だ。ただ、ピントがなかなか合わず、撮影には苦労したし、満足できる静止画は難しかった。  再び、カヤックに乗り、後半戦。田万川まで進むのだが、前半戦をちょっとゆっくりしすぎたために、多少はしょりながらのツーリングとなった。  ここの海岸線も癒しの空間。絶景が続くカヤックにはおすすめのコースだ。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。