白峰三山一泊二日を試みるも天候悪化で早々に撤退

2015.07.19(日) 07:15 - 2015.07.19(日) 14:59
Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)
大気が不安定なのはわかっていたが、山の天気予報(てんきとくらす)で、19~20日の白峰三山がA( 登山に適しています)だったので、一泊二日の縦走を試みた。スタート時は晴れていたが、次第にガスが出てきて、小太郎尾根分岐で標高3000mの稜線に出ると強い風と雨にさらされ、体温を奪われ、視界も悪く、低体温症、道迷い、滑落などの不安が生じ撤退した。肩の小屋に泊まって様子をみて、20日に天候が回復すれば、間ノ岳だけでも行ければよかったのかな、とも思うが、大気は不安定であり、今回は欲張らず、安全第一の選択をした。不完全燃焼ではあるが、いい勉強になったし、無事帰って来れただけよかったと思うことにする。

写真

広河原から登山開始したときは晴れていた。ただ、北岳山頂にガスがかかっていたのが心配だった。

広河原から登山開始したときは晴れていた。ただ、北岳山頂にガスがかかっていたのが心配だった。

白根御池小屋。ここまでゆっくり歩いたつもりだったが、コースタイムの6割のペース。

白根御池小屋。ここまでゆっくり歩いたつもりだったが、コースタイムの6割のペース。

草すべりコースの急登で鳳凰三山を振り返る。まだ晴れている。

草すべりコースの急登で鳳凰三山を振り返る。まだ晴れている。

小太郎尾根分岐手前で雨がポツポツ落ちてきたので、ザックにレインカバーを付けた。

小太郎尾根分岐手前で雨がポツポツ落ちてきたので、ザックにレインカバーを付けた。

さっきまで見えていた鳳凰三山も雲に覆われ始めている。

さっきまで見えていた鳳凰三山も雲に覆われ始めている。

北岳山頂も雲の中に隠れて見えず。小太郎尾根分岐で稜線に出ると風雨が強く寒いのでゴアジャケットを羽織る。

北岳山頂も雲の中に隠れて見えず。小太郎尾根分岐で稜線に出ると風雨が強く寒いのでゴアジャケットを羽織る。

 なんとか肩ノ小屋につき軒下で風雨をしのぐ。

なんとか肩ノ小屋につき軒下で風雨をしのぐ。

風雨が強く視界不良で、このまま稜線を進むと低体温症、滑落、道迷いの恐れがあると思い、残念だが安全第一で撤退することに。

風雨が強く視界不良で、このまま稜線を進むと低体温症、滑落、道迷いの恐れがあると思い、残念だが安全第一で撤退することに。

帰りの電車から夕焼けがみえ、天候は回復したかなと残念に思う。しかし、大気が不安定なので、再度悪化する恐れがあり、撤退は無難な選択だったと思うことにする。

帰りの電車から夕焼けがみえ、天候は回復したかなと残念に思う。しかし、大気が不安定なので、再度悪化する恐れがあり、撤退は無難な選択だったと思うことにする。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。