槍ヶ岳。思わず感動の槍の穂先。

2015.07.19(日) 05:00 - 2015.07.19(日) 17:54
Hotakadake, Yarigatake, Kamikochi (Nagano, Gifu, Toyama)
2泊3日で表銀座の予定でしたが、台風のため、上高地~槍~新穂高に変更。 槍沢ルートは途中まで天候もよく、雪渓や渡渉や花畑など飽きないルートでした。快晴なら目の前にずっと穂先をみながら登れるのでもっと楽しいのでしょうね(#^.^#)天狗原あたりから雨脚がつよくなり、穂先アタックは悪天候になってしまいました。 穂先は想像をはるかに超えていて技術不足を痛感!感動の登頂はしましたが、次回は技術を練習したうえで好天のアタックをしたいです。

写真

18日の前日は移動日。岡崎を10時30分に出て、15時30分頃に上高地バスセンター着。

18日の前日は移動日。岡崎を10時30分に出て、15時30分頃に上高地バスセンター着。

1日目は明神館宿泊。お風呂もドライヤーもあります。2日目の行程を楽にするなら1時間か2時間歩いて徳沢ロッジか横尾山荘でもいいかな。

1日目は明神館宿泊。お風呂もドライヤーもあります。2日目の行程を楽にするなら1時間か2時間歩いて徳沢ロッジか横尾山荘でもいいかな。

19日、出発!木立ごしの朝日がまぶしい。

19日、出発!木立ごしの朝日がまぶしい。

まずは最初の分岐。平坦です。

まずは最初の分岐。平坦です。

徳沢ロッジ着。ここで宿で頼んで作っていただいた朝食弁当をいただきました。

徳沢ロッジ着。ここで宿で頼んで作っていただいた朝食弁当をいただきました。

前日が台風だったので沢の水量が多い。

前日が台風だったので沢の水量が多い。

一の俣。どこから登りが始まるのか不安なくらい平坦。

一の俣。どこから登りが始まるのか不安なくらい平坦。

槍沢ロッジ手前でやっと急坂が現れます。

槍沢ロッジ手前でやっと急坂が現れます。

槍沢ロッジ、水場があります。

槍沢ロッジ、水場があります。

槍沢ロッジ、綺麗です。

槍沢ロッジ、綺麗です。

槍沢ロッジを過ぎると本格的に登り始めます。景色もきれいだけど息も切れる。

槍沢ロッジを過ぎると本格的に登り始めます。景色もきれいだけど息も切れる。

10分ほど雪渓を歩きます。夏なので雪は柔らかくて、ストックがあれば不安なし。それでも不安な方は軽アイゼンがあるといいかも。宿までに3回ほど雪渓を歩く個所があります。

10分ほど雪渓を歩きます。夏なので雪は柔らかくて、ストックがあれば不安なし。それでも不安な方は軽アイゼンがあるといいかも。宿までに3回ほど雪渓を歩く個所があります。

雪渓からの~、岩場登坂。

雪渓からの~、岩場登坂。

かなり急な九十九折。まわりはお花畑。一息つくとそこに花が(#^.^#)

かなり急な九十九折。まわりはお花畑。一息つくとそこに花が(#^.^#)

川も2度くらい渡りました。飽きない登山道。

川も2度くらい渡りました。飽きない登山道。

天狗原。上をみるとかなり天候が悪化してきました。雨になりそう。

天狗原。上をみるとかなり天候が悪化してきました。雨になりそう。

まだまだ岩場の急登がつづきます。

まだまだ岩場の急登がつづきます。

今回は花に恵まれました。

今回は花に恵まれました。

東尾根方面との分岐、悪天候なので東尾根は却下。雨が強くなり、雨具とザックカバーを装着。

東尾根方面との分岐、悪天候なので東尾根は却下。雨が強くなり、雨具とザックカバーを装着。

坊主の岩小屋。ここまで登ってから修行って・・

坊主の岩小屋。ここまで登ってから修行って・・

殺生ヒュッテとの分岐。雨ザーザーです。

殺生ヒュッテとの分岐。雨ザーザーです。

今晩の宿、殺生ヒュッテ。雨具を脱いでチェックイン。昼食を食べて、大きな荷物を置いて、軽装で穂先アタックへ。

今晩の宿、殺生ヒュッテ。雨具を脱いでチェックイン。昼食を食べて、大きな荷物を置いて、軽装で穂先アタックへ。

穂先へ出発。ポシェットに貴重品のみ入れて、雨と風の中の出発。本当なら前には槍の穂先がみえているはず。

穂先へ出発。ポシェットに貴重品のみ入れて、雨と風の中の出発。本当なら前には槍の穂先がみえているはず。

表銀座からの登山道との分岐です。

表銀座からの登山道との分岐です。

槍ヶ岳山荘でヘルメットを500円でレンタルして、いざ穂先へ。降りてきたツアーの方々とすれ違いました。

槍ヶ岳山荘でヘルメットを500円でレンタルして、いざ穂先へ。降りてきたツアーの方々とすれ違いました。

流石に足場が悪い、慎重に。

流石に足場が悪い、慎重に。

ん?右をみても左を見ても道がない、と思ったら上でした。どこに手をかけてどこに足をかける?下に落ちたら命はないよ~。こんな感じがしばらくつづきます。混んでなくて良かった。

ん?右をみても左を見ても道がない、と思ったら上でした。どこに手をかけてどこに足をかける?下に落ちたら命はないよ~。こんな感じがしばらくつづきます。混んでなくて良かった。

穂先登頂!風が強いので座って記念撮影。苦闘しました、岩、もっとやっとかないと(汗)降りるのは登るのに比べて楽。はしごも鎖もありました。でも気を付けて。

穂先登頂!風が強いので座って記念撮影。苦闘しました、岩、もっとやっとかないと(汗)降りるのは登るのに比べて楽。はしごも鎖もありました。でも気を付けて。

宿までの帰り道は東尾根ルートで。晴れていたら最高でしょうが、今日は視界もなくて風が強くて仕方ない。それでもチャレンジのワクワクは半端ない道です。雨にぬれる可憐な花がここにも。

宿までの帰り道は東尾根ルートで。晴れていたら最高でしょうが、今日は視界もなくて風が強くて仕方ない。それでもチャレンジのワクワクは半端ない道です。雨にぬれる可憐な花がここにも。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。