甲斐駒 黒戸尾根 日帰り

2015.07.19(日) 日帰り
みとな
みとな

槍ヶ岳日帰りに続く挑戦、日本三大急登に数えられる黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳を目指します。 先週、北岳から見た甲斐駒の美しさが忘れられず、再び南アルプスへ。 3連休中日ということで、前日夜10時過ぎには駐車場にたくさんのクルマが。 しっかり仮眠をとって朝4:15にスタート。 吊橋を渡り、歩きやすい土の道でスタート。 5合目手間までは標高よりも水平移動距離を稼ぎます。 ブナ林と苔が美しい。 5合目あたりから道は急変。 梯子、ロープ、鎖が現れ一気に修験の道の雰囲気に。 さすが三大急登という険しさです。 この辺りから徐々にガスが出始め、頂上は残念ながら真っ白。 1時間弱頂上に滞在しましたが、一向に晴れずやむなく下山。 天気予報は外れ、雨が降り出しました。 濡れた鎖は滑りますので、特に慎重に下ります。 5合目まで順調なペースで下っていったものの、段々と左膝裏に違和感を感じ始め、最後は痛みに。 登りと変わらないようなスローペースで、なんとか登山口に辿り着きました。 出発の朝と帰りの夕方にはヒグラシの大合唱があり、懐かしい思い出が蘇りました。 槍ヶ岳新穂高ルートと比較して、道に変化があるのは黒戸尾根。 歩きやすさも平均して黒戸尾根ですが、最後の樹林帯歩きは槍ヶ岳よりも長く感じ辛い。 アルプスの山歩きで最も魅力的な稜線歩きはなく、ひたすら登りっぱなしの黒戸尾根。 どちらも同じくらい大変なルートでした。

刃渡り 意外に怖くない

刃渡り 意外に怖くない

刃渡り 意外に怖くない

五合目の祠 素晴らしい

五合目の祠 素晴らしい

五合目の祠 素晴らしい

甲斐駒が現れた

甲斐駒が現れた

甲斐駒が現れた

荒々しい表情

荒々しい表情

荒々しい表情

黒戸尾根の象徴

黒戸尾根の象徴

黒戸尾根の象徴

高嶺の花

高嶺の花

高嶺の花

刃渡り 意外に怖くない

五合目の祠 素晴らしい

甲斐駒が現れた

荒々しい表情

黒戸尾根の象徴

高嶺の花