棒谷林道、砥石谷林道。

2015.07.19(日) 10:24 - 2015.07.19(日) 17:09
Makiosan, Izumikatsuragisan (Wakayama, Osaka)
通称トトロ街道を通って、天見から棒谷林道へ。最初はゆったり登るけど、最後は急勾配。一昨日の雨で道も悪い。ダイトレと合流したら、尾根道をチョチョイと進めば、砥石谷林道から降りられると思いきや。丸太階段、木の根っこ、急な登り下りに大きな水溜まり、と自転車にとって難所の連続。やっと砥石谷林道への分岐に入っても急な下り階段と全身汗ビショビショ。それにしても、結構メジャーな登山道と思っていたが、一人もすれ違わなかった。寂しいもんだ。

写真

今後の参考にクワミ谷の入口に向かう。

今後の参考にクワミ谷の入口に向かう。

棒谷林道への分岐。左へ入る。

棒谷林道への分岐。左へ入る。

墓地を通って真っ直ぐ行くと分岐。直進。

墓地を通って真っ直ぐ行くと分岐。直進。

勾配は緩い。楽々登る。

勾配は緩い。楽々登る。

一昨日の雨で、横の沢の水量が多い。

一昨日の雨で、横の沢の水量が多い。

道も水気が多く、ぬかるんでるところもある。

道も水気が多く、ぬかるんでるところもある。

右に作業道のような分岐。

右に作業道のような分岐。

直進する。

直進する。

砂防ダムに錦鯉?と金魚。

砂防ダムに錦鯉?と金魚。

まだまだ登る。

まだまだ登る。

急勾配&石がゴロゴロ、押すのも辛い。

急勾配&石がゴロゴロ、押すのも辛い。

やっとキツい登りが終わったら、ダイトレと合流。

やっとキツい登りが終わったら、ダイトレと合流。

左は紀見峠。

左は紀見峠。

林道終点が私有地。右のダイトレに担いで登る。

林道終点が私有地。右のダイトレに担いで登る。

押し登り。

押し登り。

担いでやっと尾根に着いたらベンチ。休憩。

担いでやっと尾根に着いたらベンチ。休憩。

下りも担ぎ、あれがボ谷の池か?

下りも担ぎ、あれがボ谷の池か?

正解。ボ谷の池。水面は見えない。

正解。ボ谷の池。水面は見えない。

また、担いで登りだ。

また、担いで登りだ。

砥石谷林道の分岐はまだか。

砥石谷林道の分岐はまだか。

登っては下る。もう汗ビショビショ。

登っては下る。もう汗ビショビショ。

経塚に到着。

経塚に到着。

でかい水溜まり。これ突っ込んだら絶対ヤバい。

でかい水溜まり。これ突っ込んだら絶対ヤバい。

造林小屋を過ぎたら分岐。

造林小屋を過ぎたら分岐。

やっぱり砥石谷林道への分岐は岩湧山の方だろうな。

やっぱり砥石谷林道への分岐は岩湧山の方だろうな。

あった。分岐。

あった。分岐。

こっちの道。

こっちの道。

こっちはダイトレ岩湧山方面

こっちはダイトレ岩湧山方面

最初はゆったり下りて行く。

最初はゆったり下りて行く。

倒木もある。

倒木もある。

鉄塔広場か?

鉄塔広場か?

急勾配になってきた。下りづらい

急勾配になってきた。下りづらい

階段だ、最悪。

階段だ、最悪。

これだけ下りてきた。ヘトヘト。

これだけ下りてきた。ヘトヘト。

階段過ぎたら、石がゴロゴロ。林道はまだか。

階段過ぎたら、石がゴロゴロ。林道はまだか。

あれが砥石谷林道の終点か?

あれが砥石谷林道の終点か?

振り返って登山道。

振り返って登山道。

なかなか良さそうな林道。

なかなか良さそうな林道。

うゎ、この先、草ボウボウ。突っ込め。

うゎ、この先、草ボウボウ。突っ込め。

横の沢から水の流れる大きな音が。

横の沢から水の流れる大きな音が。

壊れた小屋の所に分岐。

壊れた小屋の所に分岐。

下りてきた。

下りてきた。

あー、終わりだ。入口。

あー、終わりだ。入口。

振り返って砥石谷林道。

振り返って砥石谷林道。

前にこんな八幡神社の看板あったっけ。

前にこんな八幡神社の看板あったっけ。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。