20150720 白山再び。でも大雨!! オレ本格登山1周年記念

2015.07.19

活動詳細

詳しく見る
1年ぶりの白山登山です。 岐阜県側平瀬道は、災害通行止めが解除されず、 今回は、石川県側からの登山になりました。 岐阜県大垣市を深夜0時に出発して、一ノ瀬バス停に午前3:30に到着。 しばらく仮眠を取って、始発5:00のバスを狙います。 駐車場は、公称200台収容可能。車の収容には余裕があります。 ただし、この日は、3連休の中日であり、台風一過の翌日。 始発のバスを待つ人たちは、約500人の長蛇の列。 3台のバスがピストン輸送をしてますが、 我々は、始発の次のバスに乗車となり、登山開始は6:00からになりました。 早朝は涼しく、天候は曇り。 登山道はぬかるんでいたり、水が出ていたりしますが、 倒木や崩落もなく、また、迷う箇所もなく、やや急な林道を登っていきます。 森林限界を超えて、笹やハイマツの低木層まで到達すると、 晴れ間が見えてきました。 周囲の山々が、とても美しく映り、元気をもらって、ひたすら登ります。 途中の雪渓渡りも楽しいものです。 カニ歩きをしながら、雪道を進むのはなかなか面白いものですね。 9時すぎには、無事に室堂まで登り切りました。 室堂付近に来ると、ガスが濃くなりました。 やっぱり今年も、室堂からは、濃霧に襲われるようです。 ガスのせいで、手先が冷えてしまい、屋外にいるのが辛くなってきたので、 室堂センターの食堂に避難。 表でわかしておいたお湯を持ち込み、皆さんで、味噌汁・コーヒーなどを飲んで小休憩。 10時10分。天候は、ますます悪くなります。 濃霧で先が見えなくなったので、室堂にザックを置いておき、 カッパを装備して、山頂へ行くことにしました。 ザックを置いていけば、登り40分の道のりも25分程度で登り切りました。 が、始終、横殴りの雨に降られながら、山頂にたどり着きました。 山頂で取った、記念写真を、昨年の写真と比べてみても、 天候が悪くなっている事がわかります。 11時ちょうどに室堂に帰ってくると、風雨を避けるために、 登山者が、建物の中に一斉に集まっており、ぎゅうぎゅう詰めの状態でした。 この中で、立ったまま、カッパを脱いで荷物を整理して、 ザックの中からパンを取りだして食べ、 また、カッパを着込んで、下山を開始します。 11時40分、室堂センターを出て、風雨の中に飛び込んで下山開始。 下山道は、他の登山者さんで大渋滞を起こしています。 下りのペースを上げることが出来ず、余計に疲れてしまいました。 しかも、横殴りの雨が吹き付けるので、士気が下がります。 途中で休憩を取ることもなく、写真を撮ることもなく、 他の登山者さんたちをどんどん追い抜いて、 霧の中をカッパで小走り。あっという間に、下山してしまいました。 下りは2時間と少しで、一之瀬バス停の吊り橋まで到着。 こんなに早く下山できるとは思ってなかった。 少なくとも、1年間で、登山レベルは成長しているようです。 今回の登山から学んだこと ・雪渓は、ビビらず渡れば大丈夫!! ・アタックザックは持っていっても良かったなぁ。 ・飲み物が多すぎた。水2L、ポカリ500ml、予備の水500ml、緊急用OS-1 500ml、コーヒー500ml、 ・ハイドレーションの水、携行量を2L→1Lに減らしても良かった。 ・食糧不足!!室堂の食堂で、カレーを食べることを当てにしてたのに食べ損ねた。 ・天候が悪くなったら、進まず撤退すべき。室堂から引き返してきてもよかったかも。 ・そういえば、コーヒーを皆さんに振る舞ってない!!ザックから出さず仕舞い。 最後に、同行して頂いた、皆様へ。 今回も、楽しい登山ができて幸せでした。 いつも、ありがとうございます☆

道具リスト

  • futura 32

    deuter

  • コールマンのトレッキングポール

    その他

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。