名号峰 お釜 蔵王古道🌼探訪

2021.06.18(金) 日帰り

■今年5月にリサーチ済みの名号峰から登り、蔵王古道を下って、お🌼巡りをしたい(~マイカーでエコーエコーラインは使わずに~)という山旅をしてきました。名号峰(自然園)・蔵王古道どちら側も標高差に応じた植生変化が観察でき、ねらいどおりの興味深い山旅ができました。 ■大黒天で蔵王古道に入り損ね、エコーライン(自動車道)を少々下ってしまいましたが、古道に入ってみると迷わず巡れるようによく整備されており、楽しく散策できました。エコーライン(自動車道)が完成した60年前ごろまで利用されていた登山道につき、この区間をマイカーで素通りし、お🌼探訪をし損ねるのは、もったいないなぁ😢とふと感じました。 なお ■散策に際しては『歩いて楽しむ蔵王連峰の花(村上孝夫著)』というハンドブックを広げながら巡りましたが、コメント欄にはまだまだ不確かな記述もあります。お気づきの点がありましたら、どうぞよろしく(^^♪またコマクサ(群落)をみつけることもできませんでした~ということで、宮城・仙台も山行翌日から梅雨入りしてしまいましたが、チャンスがあればコースを変えて、お🌼畑の再探訪にチャレンジしてみようと思います。 なおなお ■お釜を訪れる方々へ~蔵王のシンボル 『お釜へのアプローチ』アンケート~おたずねしてみたくなりました https://forms.gle/M3he3zEK7B3xRMR86 ↑こちらです。無記名、複数選択可の簡単なアンケートで、皆さんの回答状況はどなたでも参照できます。速攻でこしらえたので・・・かもしれませんが、よろしかったらどうぞ(^^♪ 以上です

ギンラン(銀蘭)かな~葉が互生し茎を抱いてるし

ザックを背負ったままではよく撮れないので、休憩の初回はここでまとめて(^^♪

ギンラン(銀蘭)かな~葉が互生し茎を抱いてるし ザックを背負ったままではよく撮れないので、休憩の初回はここでまとめて(^^♪

ギンラン(銀蘭)かな~葉が互生し茎を抱いてるし ザックを背負ったままではよく撮れないので、休憩の初回はここでまとめて(^^♪

ミヤマニガイチゴ(深山苦苺)かな~細い枝にはトゲがあるし

ミヤマニガイチゴ(深山苦苺)かな~細い枝にはトゲがあるし

ミヤマニガイチゴ(深山苦苺)かな~細い枝にはトゲがあるし

マイヅルソウ(舞鶴草)かな~葉が💛形なので

ツルが舞うように群生してました

マイヅルソウ(舞鶴草)かな~葉が💛形なので ツルが舞うように群生してました

マイヅルソウ(舞鶴草)かな~葉が💛形なので ツルが舞うように群生してました

左は❓、右はハクサンチドリ(白山千鳥)かな

このあたりからギンランやニガイチゴなども次々に(^^♪
サンカヨウは青い実が膨らんでいました。
ーーー
左はベニバナイチャクソウ(紅花一薬草)~フェレさんありがと(^^♪

左は❓、右はハクサンチドリ(白山千鳥)かな このあたりからギンランやニガイチゴなども次々に(^^♪ サンカヨウは青い実が膨らんでいました。 ーーー 左はベニバナイチャクソウ(紅花一薬草)~フェレさんありがと(^^♪

左は❓、右はハクサンチドリ(白山千鳥)かな このあたりからギンランやニガイチゴなども次々に(^^♪ サンカヨウは青い実が膨らんでいました。 ーーー 左はベニバナイチャクソウ(紅花一薬草)~フェレさんありがと(^^♪

ツマトリソウ(褄取草)かな
~花弁7枚なので

和名『妻取草』だろうとばかり思い込んでました。由来は和服の『褄取り』とのこと(^_-)-☆

ツマトリソウ(褄取草)かな ~花弁7枚なので 和名『妻取草』だろうとばかり思い込んでました。由来は和服の『褄取り』とのこと(^_-)-☆

ツマトリソウ(褄取草)かな ~花弁7枚なので 和名『妻取草』だろうとばかり思い込んでました。由来は和服の『褄取り』とのこと(^_-)-☆

コメバツガザックラ(米葉栂桜)かな~葉が米粒状に輪生しているので

ここは名号峰の頂上で、標識の下や岩場にびっしり咲いていました

コメバツガザックラ(米葉栂桜)かな~葉が米粒状に輪生しているので ここは名号峰の頂上で、標識の下や岩場にびっしり咲いていました

コメバツガザックラ(米葉栂桜)かな~葉が米粒状に輪生しているので ここは名号峰の頂上で、標識の下や岩場にびっしり咲いていました

ツマトリソウとマイヅルソウ~仲良く大群生(^_-)-☆

ツマトリソウとマイヅルソウ~仲良く大群生(^_-)-☆

ツマトリソウとマイヅルソウ~仲良く大群生(^_-)-☆

イワカガミとマイヅルソウのデュエット

追分の分岐を過ぎたあたりから植生が変わってきました

イワカガミとマイヅルソウのデュエット 追分の分岐を過ぎたあたりから植生が変わってきました

イワカガミとマイヅルソウのデュエット 追分の分岐を過ぎたあたりから植生が変わってきました

自然園へ~コメバツガザクラを1円玉を添えてパチ(^^♪

自然園へ~コメバツガザクラを1円玉を添えてパチ(^^♪

自然園へ~コメバツガザクラを1円玉を添えてパチ(^^♪

ツマトリソウとイワカガミのデュエットというか、共演だね

ツマトリソウとイワカガミのデュエットというか、共演だね

ツマトリソウとイワカガミのデュエットというか、共演だね

次のデュエットはイワカガミとマイヅルソウ

次のデュエットはイワカガミとマイヅルソウ

次のデュエットはイワカガミとマイヅルソウ

こちらは、イワカガミとツマトリソウ

こちらは、イワカガミとツマトリソウ

こちらは、イワカガミとツマトリソウ

イワカガミとハクサンチドリ

イワカガミとハクサンチドリ

イワカガミとハクサンチドリ

後ろを振り向くと、雁戸山が👀

熊野岳からの下りで巡れば🌸いっぱいのパノラマも味わえるんだねぇ~とふと気づきました

後ろを振り向くと、雁戸山が👀 熊野岳からの下りで巡れば🌸いっぱいのパノラマも味わえるんだねぇ~とふと気づきました

後ろを振り向くと、雁戸山が👀 熊野岳からの下りで巡れば🌸いっぱいのパノラマも味わえるんだねぇ~とふと気づきました

イワカガミとコメバツガザクラ~どちらも大群生

イワカガミとコメバツガザクラ~どちらも大群生

イワカガミとコメバツガザクラ~どちらも大群生

登りながら目に飛び込んでくる碧空と雲がとっても爽快でした~でもでもうろこ雲につき天気はゆっくり下り坂かなぁ?

熊野岳の避難小屋まであと少々(^^♪

登りながら目に飛び込んでくる碧空と雲がとっても爽快でした~でもでもうろこ雲につき天気はゆっくり下り坂かなぁ? 熊野岳の避難小屋まであと少々(^^♪

登りながら目に飛び込んでくる碧空と雲がとっても爽快でした~でもでもうろこ雲につき天気はゆっくり下り坂かなぁ? 熊野岳の避難小屋まであと少々(^^♪

フリル状の花弁~かわいいね(^^♪

フリル状の花弁~かわいいね(^^♪

フリル状の花弁~かわいいね(^^♪

この日の自撮りもお釜にて(^^♪

この日の自撮りもお釜にて(^^♪

この日の自撮りもお釜にて(^^♪

ミネヅオウ(峰蘇生)かな~岩場を這う小低木で、★をちりばめたように咲いていました

ミネヅオウ(峰蘇生)かな~岩場を這う小低木で、★をちりばめたように咲いていました

ミネヅオウ(峰蘇生)かな~岩場を這う小低木で、★をちりばめたように咲いていました

この場所では、花弁フリフリのイワカガミも並んで咲いてました(^^♪

この場所では、花弁フリフリのイワカガミも並んで咲いてました(^^♪

この場所では、花弁フリフリのイワカガミも並んで咲いてました(^^♪

タンポポにハクサンチドリ?

タンポポにハクサンチドリ?

タンポポにハクサンチドリ?

ハクサンチドリ(白山千鳥)かな

ハクサンチドリ(白山千鳥)かな

ハクサンチドリ(白山千鳥)かな

ミヤマニガイチゴ(深山苦苺)かな

この付近の植生は名号峰・自然園側とほぼ同じ様子に感じました

ミヤマニガイチゴ(深山苦苺)かな この付近の植生は名号峰・自然園側とほぼ同じ様子に感じました

ミヤマニガイチゴ(深山苦苺)かな この付近の植生は名号峰・自然園側とほぼ同じ様子に感じました

アカモノ(赤物)かな~(モモ)がなまって(モノ)になったとの説がありますが、鐘状で下向きに咲く様子、とっても可愛いかったな

アカモノ(赤物)かな~(モモ)がなまって(モノ)になったとの説がありますが、鐘状で下向きに咲く様子、とっても可愛いかったな

アカモノ(赤物)かな~(モモ)がなまって(モノ)になったとの説がありますが、鐘状で下向きに咲く様子、とっても可愛いかったな

マルバシモツケ(丸葉下野)~エコーラインの道端でパチ(^^♪

マイカーで素通りしてたんでは愛でることもできない🌸が次々に(^^♪

マルバシモツケ(丸葉下野)~エコーラインの道端でパチ(^^♪ マイカーで素通りしてたんでは愛でることもできない🌸が次々に(^^♪

マルバシモツケ(丸葉下野)~エコーラインの道端でパチ(^^♪ マイカーで素通りしてたんでは愛でることもできない🌸が次々に(^^♪

コバイケイソウ(小梅恵草)かな~大柄な草丈なのに花は小型。。。

コバイケイソウ(小梅恵草)かな~大柄な草丈なのに花は小型。。。

コバイケイソウ(小梅恵草)かな~大柄な草丈なのに花は小型。。。

この日の一枚(^^♪

また来るよ~お🌸を愛でにね
27/28

この日の一枚(^^♪ また来るよ~お🌸を愛でにね

この日の一枚(^^♪ また来るよ~お🌸を愛でにね

■峩々温泉口へのアプローチを少々
青根温泉⇔峩々温泉の県道は、おサルさんがいっぱい(^^♪~楽しいというか、逃げもせずにいました、エサやりをするドライバーがいるのかなぁ、少々・・・でした。

なお、泉区の拙宅から峩々温泉の登山口まではジャスト50kmとアクセス抜群につき、今月の工事終了&開通は何よりの吉報でした。
28/28

■峩々温泉口へのアプローチを少々 青根温泉⇔峩々温泉の県道は、おサルさんがいっぱい(^^♪~楽しいというか、逃げもせずにいました、エサやりをするドライバーがいるのかなぁ、少々・・・でした。 なお、泉区の拙宅から峩々温泉の登山口まではジャスト50kmとアクセス抜群につき、今月の工事終了&開通は何よりの吉報でした。

■峩々温泉口へのアプローチを少々 青根温泉⇔峩々温泉の県道は、おサルさんがいっぱい(^^♪~楽しいというか、逃げもせずにいました、エサやりをするドライバーがいるのかなぁ、少々・・・でした。 なお、泉区の拙宅から峩々温泉の登山口まではジャスト50kmとアクセス抜群につき、今月の工事終了&開通は何よりの吉報でした。

ギンラン(銀蘭)かな~葉が互生し茎を抱いてるし ザックを背負ったままではよく撮れないので、休憩の初回はここでまとめて(^^♪

ミヤマニガイチゴ(深山苦苺)かな~細い枝にはトゲがあるし

マイヅルソウ(舞鶴草)かな~葉が💛形なので ツルが舞うように群生してました

左は❓、右はハクサンチドリ(白山千鳥)かな このあたりからギンランやニガイチゴなども次々に(^^♪ サンカヨウは青い実が膨らんでいました。 ーーー 左はベニバナイチャクソウ(紅花一薬草)~フェレさんありがと(^^♪

ツマトリソウ(褄取草)かな ~花弁7枚なので 和名『妻取草』だろうとばかり思い込んでました。由来は和服の『褄取り』とのこと(^_-)-☆

コメバツガザックラ(米葉栂桜)かな~葉が米粒状に輪生しているので ここは名号峰の頂上で、標識の下や岩場にびっしり咲いていました

ツマトリソウとマイヅルソウ~仲良く大群生(^_-)-☆

イワカガミとマイヅルソウのデュエット 追分の分岐を過ぎたあたりから植生が変わってきました

自然園へ~コメバツガザクラを1円玉を添えてパチ(^^♪

ツマトリソウとイワカガミのデュエットというか、共演だね

次のデュエットはイワカガミとマイヅルソウ

こちらは、イワカガミとツマトリソウ

イワカガミとハクサンチドリ

後ろを振り向くと、雁戸山が👀 熊野岳からの下りで巡れば🌸いっぱいのパノラマも味わえるんだねぇ~とふと気づきました

イワカガミとコメバツガザクラ~どちらも大群生

登りながら目に飛び込んでくる碧空と雲がとっても爽快でした~でもでもうろこ雲につき天気はゆっくり下り坂かなぁ? 熊野岳の避難小屋まであと少々(^^♪

フリル状の花弁~かわいいね(^^♪

この日の自撮りもお釜にて(^^♪

ミネヅオウ(峰蘇生)かな~岩場を這う小低木で、★をちりばめたように咲いていました

この場所では、花弁フリフリのイワカガミも並んで咲いてました(^^♪

タンポポにハクサンチドリ?

ハクサンチドリ(白山千鳥)かな

ミヤマニガイチゴ(深山苦苺)かな この付近の植生は名号峰・自然園側とほぼ同じ様子に感じました

アカモノ(赤物)かな~(モモ)がなまって(モノ)になったとの説がありますが、鐘状で下向きに咲く様子、とっても可愛いかったな

マルバシモツケ(丸葉下野)~エコーラインの道端でパチ(^^♪ マイカーで素通りしてたんでは愛でることもできない🌸が次々に(^^♪

コバイケイソウ(小梅恵草)かな~大柄な草丈なのに花は小型。。。

この日の一枚(^^♪ また来るよ~お🌸を愛でにね

■峩々温泉口へのアプローチを少々 青根温泉⇔峩々温泉の県道は、おサルさんがいっぱい(^^♪~楽しいというか、逃げもせずにいました、エサやりをするドライバーがいるのかなぁ、少々・・・でした。 なお、泉区の拙宅から峩々温泉の登山口まではジャスト50kmとアクセス抜群につき、今月の工事終了&開通は何よりの吉報でした。

類似するルートを通った活動日記