燕岳 上り  地図間違えました~

2015.07.19(日) 08:20 - 2015.07.19(日) 14:18
Hotakadake, Yarigatake, Kamikochi (Nagano, Toyama, Gifu)
参加者 3名 今回 連休にどこ行く~って言い出して 2号さんの希望で昨年行けなかった燕岳へ 京の宮さんを誘って 4名で計画 が 一番行きたがっていた2号さん 仕事で前々日キャンセルへ(>_<) 京の宮さん宅前日9時出発(-_-メ) 北陸道 小矢部より中部循環道を経由して中房温泉登山口を目指します 20日より 会社で交通事故無事故無違反キャンペーンが12/20日まであるので気を付けて運転しないと と思いつつ運転 森本インターを過ぎ石川県と富山県の県境ありで 軽自動車の後ろをついて走行中 横から なーんと 覆面パトカー参上(;O;) 先頭を走っていれば間違いなく私が……御用でした その後(たぶん)順調に走行 高山西でおりるとここからしばらく道に迷う(>_<) へんてこな細ーい道を くねくねと運転 いったいどこをどー走ったかはいまだに謎です どーにかこーにか中房温泉の道へ たどりつくと 今度は道の端っこで 赤ーいランプを照らしてる(ここでも警察??スピードだしてか??) すると 警備の方 この上はすでに満車なのでシャクナゲ荘へ行ってくださいと紙を一枚いただく 夜中の1時に警備員さんいること自体びっくりおまけに女性でした  いわれるまま シャクナゲ荘のほうへ移動 これまたちょっと距離があり ナビで検索したほど なにせ 周りは真っ暗でなーにも見えない 2時にシャクナゲ荘駐車場に到着 仮眠(-_-)zzz 4時半起床 すると周りに車はほとんど停まっていない なーんだ混んでないじゃんと思いきや 駐車場が間違っていた(T_T) すぐさま登山用の駐車場へ移動 かろうじて空いていた みなさん 早い5時近くにはリュックをしょってバス停のほうへ のんきに2番目のバスで行こうよ~ と話していたが ドンドン車が入ってくるし たくさんの人がバス停のほうへ移動するので さすがに 焦りだして朝食をとって準備 増発のバスに乗ることができました 時間7時20分発 50名も載っているのでスピードが出ない 1時間あまりかかって中房温泉登り口へ 中房温泉登山口8時20分⇒第一ベンチ9時5分⇒第二ベンチ9時45分⇒第三ベンチ10時30分⇒ 富士見ベンチ11時25分⇒合戦小屋12時05分(12時30分発)⇒燕山荘2時 登り口より雲が湧き出ていて 前日の台風の影響が残る中登山開始 たくさんの人が登っていく のろまな私たちはどんどん追い越されていくが 気にせず焦らずゆっくりと 今日の宮さんは 普段健脚なのに ゆっくりの私たちのペースに合わせてくださっているよう 申し訳ないと伝えると なにせ仮眠2時間やでの~ ゆっくり行こうさぁ~と言っていただける 合戦小屋のちょっと下あたりより 雨 (-_-メ) とてもスイカを食べるには寒い ここでお昼とカップラーメンを分けていただく 合羽を着るか迷ってると  下りてきた方が 雨はひどくないけど風がひどいかな~とのアドバイス  結局 合戦小屋から上ったところにあったベンチ(三角点)のところで 雨合羽装着  ただひたすら 下を向いて 登る カメラどころではなくて カメラも仕舞込 ひたすら登る ここまでなると 雨と霧でまったく展望はない 下を向いて歩くのみ 最後の階段のアップダウンがあり いい加減まだか~と言っていると 右側の斜面に排水管らしき ものが 絶対もうすぐ小屋あるって 言っているも 霧で見えない(T_T) ガスガスの斜面に キンポウゲやシナノキンバエが綺麗に咲いている 癒されていると  右側にテントのカラフルな色がうっすらと浮き上がってきて その反対側に小屋の建物が現れたくれました~ 一日目は お天気はちょっぴり残念でしたが 仮眠2時間の体には 暑ーい太陽より よかったかもしれないです

写真

ベンチがあるけど足元がぐちゅぐちゅでリュックを下におろせないんです

ベンチがあるけど足元がぐちゅぐちゅでリュックを下におろせないんです

バス待ちの列です 30分以上待ちました

バス待ちの列です 30分以上待ちました

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。