霧で真っ白御在所岳(´・ω・;`)。

2015.07.19(日) 2 DAYS Mie, Shiga
ぼっち登山マン
ぼっち登山マン

活動データ

タイム

04:58

距離

9.2km

上り

855m

下り

855m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

8:19 駐車場 8:52 おばれ岩 9:13 6合目キレット 10:03 山上公園駅 10:27 頂上三角点 11:03 裏道下山開始 11:24 7合目 12:21 藤内小屋 13:14 駐車場  初めての御在所岳です。  天気予報は微妙でしたが台風11号が通過した後なので 晴れるだろうと思ってましたがこれが大外れ。 少々の雨は覚悟してましたがまさか霧で何も見えないとは・・・。 せっかく撮った写真はみんな白っぽくなりました( ̄▽ ̄;)。 この天候なので登山客は少なく登山口近くの駐車場に停めれました。 ここは普段は早朝に満車になるらしいですね。  ルートは登りは奇岩が楽しめる中道コース。下りはのんびり裏道コースですが これがどちらも大変でした。  中道は登り始めから急でこれが頂上まで続きます。 霧で景色が見えず、せっかくの奇岩も少し離れると霞んでしまうのでちょっとテンションが・・・。  山上公園駅から頂上まで観光リフトに乗った時に一瞬霧が晴れかけて景色が見える? 夢中で撮影しましたが中途半端な晴れ方ですぐに曇ってしまいました。残念。  裏道はのんびりどころか急なガレガレでで大変です。 7合目付近で太腿が悲鳴をあげてヘロヘロ。 そんな道ですが大勢の人とすれ違いました。 小学生くらいの子供も大勢登ってます。 3歳くらいの女の子を連れた家族の方も登ってましたが子供は元気ですね。 何処にそんな体力があるんやろ。  湯の山温泉の蒼滝まで降りてからまた山道を登って車を置いた駐車場に 戻るつもりでしたが距離もあり時間もかかるので大変です。 裏道から中道に通じる道がありますが山と高原地図では点線で表示されてるので ちょっと怖くで通るのはやめておこうと思ってたのですが分岐を見ると意外とちゃんとした道。 赤テープもあるし何だか行けそうです。 道が分からなくなったら素直に戻ろうと決めて行きました。 YAMAPがあってよかったです。絶えず自分の位置を確認できました。 中道に合流できた時にはホッとしました。  この駐車場にトイレはありません。 中道の途中にもにもありませんので注意してくださいね。 次は晴れてる時にまた来ます。

旧鈴鹿スカイライン料金所跡地の無料駐車場から出発です( ̄▽ ̄)/。
駐車場から150m程で中道登山道です。
最初からキツイ。
石に小枝を立てかけてますが何かのおまじない?
霧の中からロープウェイ。
幻想的?
おばれ岩が見えてきました。
皆この隙間を通ってました。
よく倒れないものですね。
誰が作ったのかケルンが。
霧が益々濃く・・・。
景色はどこ?
5合目。
たぶん素晴らしい景色なのでしょう。
地蔵岩。
どうやって乗ったのかな?自然の不思議ですね。
6合目。
6合目からのキレット。霧に吸い込まれそう。
下から見上げたところ。我ながらよく降りれたなあ。
木のハシゴ。
7合目1000m。
ここにもケルン。道中至る所で見ましたよ。
8合目。
ちょっと怖い鎖場。
ここも霧が・・・。ここで景色は諦めました。
とにかく頂上に。
山上公園マップ。結構広いですね。
お地蔵様。
あ!少し頂上が見えた。
朝陽台広場。
標高1212m
晴れてたらここからアルプスの山々が見えるはずなのですが。
折角なので頂上までリフトで。
リフトに乗るなんて何年ぶりかな。
あ!頂上が見えました。
国見岳が見えました。
南方向。
振り返って朝陽台広場の雨量レーダー。
頂上駅。
三角点は立ち入り禁止なのでここから撮影。
鈴鹿国定公園記念碑と御嶽大権現。
望湖台。琵琶湖が見えるはずですが・・。
見え・・・・ないか。
天気が怪しいので下山開始。
自販機はお山価格でちょっと高いです。
裏山道で下山。ノンビリ下ろうと思ってたら・・。
え!これ道?
ガレガレ。
ずっとガレガレ
見えない・・。
地面が濡れてて薄暗いので踏み跡が分かりづらいです。何度目印に助けられたか。
ここも赤い矢印通りに進みます。
ちょっと急な鎖場。
そこら中にケルン。
藤内小屋が見えてちょっとホッとします。
橋の向こうにテント。訓練かな?
やっとまともな道です。湯の山温泉まで下ろうと思ってたら。
裏道から中道に通じる道があるじゃないですか。
山と高原地図では点線で表示されて怖かったのですが行けそうな感じ。ととにかくテープを見落とさないように進みます。
あともう少し。
ロープウェイの下を通って。
中道に出ました( ̄▽ ̄;)。やれやれ、一安心。
登り口まであともうちょっと。
駐車場に帰ってきました。お疲れ様でした。

類似する活動日記

この活動日記で通った山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。