新日本百名山・七時雨山

2021.06.13(日) 日帰り

活動データ

タイム

01:46

距離

7.8km

上り

611m

下り

610m

活動詳細

もっと見る

 東北北部遠征、ラスト3日目は、岩手県尽くし(*'ω'*)  快晴で展望が良さそうなら、姫神山→岩手山→八幡平と強欲な山行にする予定だったが、予報では岩手山は雲…。15年前もガスの中登った岩手山は、絶対快晴の時にリベンジしたい!という強い思いがあったので、岩手山については次回に持ち越しだ😢  代替プランとして、天気予報がまずまずだった七時雨山に、まずは登った。  七時雨(ななしぐれ)山は、情緒をかきたてる名前の響きで、新日本百名山に選定されている。最高点の北峰と展望の良い南峰からなり、山麓に広がる田代平高原から秀麗な山容が望める。  3:39にPを出発し、しばらくは草原の中を歩く。行く先に七時雨山が望め、傾斜もほど良いので非常に歩きやすい。3号目からはミズナラの林となるが、ここも整備されて歩きやすい♪順調に高度を上げ、8合目で進行方向を北西に変えれば、ほどなく七時雨山北峰に着く。一等三角点があり、通算1677座目だ。新日本百名山は93座目(#^.^#)  そこから南峰への道は、やや笹が深く虫が多い道となるが、まあ数分の我慢だ。  南峰には、登山口から54分で到着!(^^)!しばし休憩し、帰路も快適に歩いたり走ったりで進む。47分で下山したが、朝早いせいか?!誰にも会わなかった。  次の目的地・姫神山まで車で37km移動だ💨💨

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。