尾瀬、燧ケ岳(俎嵓)

2021.06.12(土) 日帰り

活動詳細

もっと見る

本当は泊まりでゆっくりと行きたかったけど、日曜の天気が怪しかったので、1日で尾瀬歩きと登山を両方堪能できる、遠い遠い御池へ。 滝沢通過時に、「会津駒ケ岳にしようか~」と、いう思いを残して到着。 予定より30分遅れでスタート。 少し登ると広い湿原へ。 風景と花がきれいすぎて足が進まない。。。 まぁ、想定通り。 長英新道との分岐に着いたけど、もう少しのんびり歩きたい。と、思ったのが地獄。 沼尻平からの直登へ。 ここは、あんまり道が良くないが、尾瀬沼がきれいに見えるルートだったので選択。 そういえば、あまり登っている活動メモも見たことなかった。。。。 確かに、道は悪い。 少し登ると、沢登りのような水。 長英新道でも雪があったので、残雪はあることは予想していたが、思いのほか急登と雪解け、雪の下には結構な雪解け水が流れていて、下を除くと登るのをためらってしまう状況💦 暑さで既に雪が腐り始めており、チェンスパだけだと結構辛かった。 ピッケルと12本アイゼン持ってくるべきと後悔💦 そうしたらもっと楽に登れたのにね。 俎嵓に到着。 天気はそこまでだったけど周辺の眺望はなかなか。 柴安嵓の登りも結構な雪。 ご時世の飲食店時間制限もあり、🍺の時間に間に合うために今回は下山😎 下山では誰一人とすれ違わず、着替えていたらバスが降りてきて、「あの人見かけたなぁ」って人がちらほらバスから降りてきた。 今の季節は長英新道のピストンが良かったかもしれないですね。と、思う残雪期の尾瀬、燧ケ岳でした。 残雪きつくて尾瀬に行っていたって感覚ないなwww

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。