気まぐれ遠征①_蓼科山

2015.07.19(日) 05:33 - 2015.07.19(日) 09:31

写真

七号目登山口駐車場。朝5時半で登山口最寄のスペースは満車。第2駐車場的な場所に駐車となりました。うーん、メジャーは違います。

七号目登山口駐車場。朝5時半で登山口最寄のスペースは満車。第2駐車場的な場所に駐車となりました。うーん、メジャーは違います。

七号目登山口。

七号目登山口。

暫くはなだらかな整備された登山道を進みます。さすがメジャー、整備が行き届いてますなぁ。

暫くはなだらかな整備された登山道を進みます。さすがメジャー、整備が行き届いてますなぁ。

徐々に傾斜がついてきました。

徐々に傾斜がついてきました。

ひたすらガレた坂を登ります。。このパターンは苦手なタイプです。

ひたすらガレた坂を登ります。。このパターンは苦手なタイプです。

意味ありげな名前ですがスルーし山頂を目指します。

意味ありげな名前ですがスルーし山頂を目指します。

相変わらず歩きにくいガレ場を黙々と登ります。景色も見えず地味な気分になってきます。

相変わらず歩きにくいガレ場を黙々と登ります。景色も見えず地味な気分になってきます。

休憩地点が見えてきました。しかしやたら靄が出てます。台風一過は??

休憩地点が見えてきました。しかしやたら靄が出てます。台風一過は??

蓼科山荘に着きました。グッズ販売のテントがあり、バッヂを購入。同行者に影響され最近買ってます、百名山バッヂw

蓼科山荘に着きました。グッズ販売のテントがあり、バッヂを購入。同行者に影響され最近買ってます、百名山バッヂw

将軍平の標識。山頂を目指します。

将軍平の標識。山頂を目指します。

将軍平の標識の裏に何やら人懐こい鳥たちが餌を食べてます。聞いたところ「ウソ」という野鳥で、何年間も掛けて餌付けしたそうです。

将軍平の標識の裏に何やら人懐こい鳥たちが餌を食べてます。聞いたところ「ウソ」という野鳥で、何年間も掛けて餌付けしたそうです。

可愛らしいです。疲れが癒えます。

可愛らしいです。疲れが癒えます。

将軍平からは岩場の急登になります。鳥に癒された身体に堪えます。

将軍平からは岩場の急登になります。鳥に癒された身体に堪えます。

男体山的な男気溢れる急登一本道。

男体山的な男気溢れる急登一本道。

同行Ngちゃんも頑張ってます。男体山で経験済みなので軽やかにこなしていきます。逞しくなりました(親の心境)

同行Ngちゃんも頑張ってます。男体山で経験済みなので軽やかにこなしていきます。逞しくなりました(親の心境)

あと15分で視界が開けたあの山頂、、と自らに言い聞かせ、残りの力を振り絞ります。

あと15分で視界が開けたあの山頂、、と自らに言い聞かせ、残りの力を振り絞ります。

何やら建物らしきものが不意に見えてきました。あれって山頂??

何やら建物らしきものが不意に見えてきました。あれって山頂??

どうやら着いたようです。

どうやら着いたようです。

一縷の望みをかけてましたが、見事な白い世界。山頂で遭難しそうですw

一縷の望みをかけてましたが、見事な白い世界。山頂で遭難しそうですw

こっちが山頂標識みたい。それにしても霧や靄が半端ないです。しかも風が強く寒い!

こっちが山頂標識みたい。それにしても霧や靄が半端ないです。しかも風が強く寒い!

靄の中の私。撮影同行Ngちゃん。もはや熊鈴の音で人が歩いてくるのが判るといったレベルですw速攻で退却。

靄の中の私。撮影同行Ngちゃん。もはや熊鈴の音で人が歩いてくるのが判るといったレベルですw速攻で退却。

登ってきた岩場の急登をピストンで引き返します。しかし岩が濡れていて歩きにくく危険です。

登ってきた岩場の急登をピストンで引き返します。しかし岩が濡れていて歩きにくく危険です。

蓼科山荘に帰ってきました。癒しの鳥を見てから下山。

蓼科山荘に帰ってきました。癒しの鳥を見てから下山。

しかしまぁよく登ったなぁと振り返ります。

しかしまぁよく登ったなぁと振り返ります。

?晴れてきた?白樺湖が見えました。

?晴れてきた?白樺湖が見えました。

日が射し、苔むす景色がよい感じです。

日が射し、苔むす景色がよい感じです。

駐車場に帰ってきました。駐車場に入りきらず、あらゆる隙間に路駐されてました。うーん、、メジャーも困ったもんです。適当に片付け、次なるターゲットの霧ヶ峰へ移動します。

駐車場に帰ってきました。駐車場に入りきらず、あらゆる隙間に路駐されてました。うーん、、メジャーも困ったもんです。適当に片付け、次なるターゲットの霧ヶ峰へ移動します。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。