【祖谷山系】落禿・前烏帽子山・寒峰(落合峠ピストン)

2021.06.05(土) 日帰り

「寒峰か高城山行きてぇ」 また兄貴から連絡が。しかし意外…寒峰が候補に挙がるとは(※高城山は小剣神社から登るのを提案したら、即却下。解せぬ。)兄貴も数年前に一度上ったことがあるらしいけど、山頂で虫にたかられるわ下山時道迷いするわでいい思い出が全く無いらしく、もう二度と登りたくないと言ってたはずなのに。どういう心変わりだ? 私の場合、山行考える際に、最近常に候補に挙がる山域です。ルートによっては侮れないけど、ネガティブなイメージはNothing。黒笠山~寒峰の稜線が絡むルートは、しんどいけど気持ちいい。楽しいし達成感も得られるので時折無性に行きたくなる。 本日登った1556m峰含む4つのピーク、どこも眺望は文句無し。甲乙付け難いけど今回はそこらへんも考えながら歩いてみました。一番の好みは…高度感から前烏帽子山かな。寒峰からは四国百名山や四国百山の2/3は見えてるんじゃなかろうか?剣方面から石鎚方面は何度も見てきたけど、今日が一番クッキリ見えたかも。快晴じゃない方が見通しは良いのか? しかしこのルート、メジャーだし登山口の標高も高いのに、思った以上にしんどい。復路の前烏帽子と落禿はお世辞にも足に優しいとは言えませぬ。トレーニングにはいいですね~…もっと手軽にアクセスできたらいいのに(笑) 落合峠からすぐ北側の帰路にて、茶色いモコモコが我々の車を見て逃げていく。アナグマはカワイイねぇ🤩

ここに来るのも久しぶり。標高1520mもあるのね。

ここに来るのも久しぶり。標高1520mもあるのね。

ここに来るのも久しぶり。標高1520mもあるのね。

まずはすぐそこの落禿へ。

まずはすぐそこの落禿へ。

まずはすぐそこの落禿へ。

落禿到着。南方、三嶺からミツコバ山(牛ノ背)まで。
見ろ、天狗塚が思春期のニキビのようだ!

落禿到着。南方、三嶺からミツコバ山(牛ノ背)まで。 見ろ、天狗塚が思春期のニキビのようだ!

落禿到着。南方、三嶺からミツコバ山(牛ノ背)まで。 見ろ、天狗塚が思春期のニキビのようだ!

風呂塔から天狗塚。PCで見てね。

風呂塔から天狗塚。PCで見てね。

風呂塔から天狗塚。PCで見てね。

オニギリだらけでわないか。

オニギリだらけでわないか。

オニギリだらけでわないか。

今日は烏帽子山は行きません。
あの手前、急登に見えるけど、前烏帽子山東西の登りのほうがよっぽどしんどいです。

今日は烏帽子山は行きません。 あの手前、急登に見えるけど、前烏帽子山東西の登りのほうがよっぽどしんどいです。

今日は烏帽子山は行きません。 あの手前、急登に見えるけど、前烏帽子山東西の登りのほうがよっぽどしんどいです。

鹿さん、いい加減にしなさい💢

鹿さん、いい加減にしなさい💢

鹿さん、いい加減にしなさい💢

前烏帽子山到着。落禿を見返す。
お待たせしました(だってここを急ぐと復路でバテるし…^^;)

前烏帽子山到着。落禿を見返す。 お待たせしました(だってここを急ぐと復路でバテるし…^^;)

前烏帽子山到着。落禿を見返す。 お待たせしました(だってここを急ぐと復路でバテるし…^^;)

右手前風呂塔、その奥は竜王山、その奥は星ヶ城山(小豆島)。左に屋島も見える。
高松からも条件良いと烏帽子山をはじめ祖谷山系は良く見えるんですよね。

右手前風呂塔、その奥は竜王山、その奥は星ヶ城山(小豆島)。左に屋島も見える。 高松からも条件良いと烏帽子山をはじめ祖谷山系は良く見えるんですよね。

右手前風呂塔、その奥は竜王山、その奥は星ヶ城山(小豆島)。左に屋島も見える。 高松からも条件良いと烏帽子山をはじめ祖谷山系は良く見えるんですよね。

いざ寒峰。
テンション上がるよね~復路のことさえ考えなきゃ^^;

いざ寒峰。 テンション上がるよね~復路のことさえ考えなきゃ^^;

いざ寒峰。 テンション上がるよね~復路のことさえ考えなきゃ^^;

兄貴は右に見える中津山にも興味が出た模様。こっから見ると綺麗よね。

兄貴は右に見える中津山にも興味が出た模様。こっから見ると綺麗よね。

兄貴は右に見える中津山にも興味が出た模様。こっから見ると綺麗よね。

前烏帽子山を振り返る。
かっこいいよね~復路のことさえ考えなきゃ^^;
歩いた尾根の一つ奥の尾根も歩けるみたいです。多分バリバリのバリルートでしょうけど。

前烏帽子山を振り返る。 かっこいいよね~復路のことさえ考えなきゃ^^; 歩いた尾根の一つ奥の尾根も歩けるみたいです。多分バリバリのバリルートでしょうけど。

前烏帽子山を振り返る。 かっこいいよね~復路のことさえ考えなきゃ^^; 歩いた尾根の一つ奥の尾根も歩けるみたいです。多分バリバリのバリルートでしょうけど。

ここまでくると細かなアップダウンはあるけど、往路は寒峰まで比較的楽。

ここまでくると細かなアップダウンはあるけど、往路は寒峰まで比較的楽。

ここまでくると細かなアップダウンはあるけど、往路は寒峰まで比較的楽。

テンニンソウ群落に天然盆栽発見♪

テンニンソウ群落に天然盆栽発見♪

テンニンソウ群落に天然盆栽発見♪

ここは来るたび気になるサバンナ。

ここは来るたび気になるサバンナ。

ここは来るたび気になるサバンナ。

寒峰見えてきました。

寒峰見えてきました。

寒峰見えてきました。

瀬戸内海の多島美もしばしば見えてます。

瀬戸内海の多島美もしばしば見えてます。

瀬戸内海の多島美もしばしば見えてます。

奥の井への分岐通過。

奥の井への分岐通過。

奥の井への分岐通過。

寒峰東のピークより。晴れんけど視界は極めてクリア。
愛媛の名峰群から瀬戸内海まで。

寒峰東のピークより。晴れんけど視界は極めてクリア。 愛媛の名峰群から瀬戸内海まで。

寒峰東のピークより。晴れんけど視界は極めてクリア。 愛媛の名峰群から瀬戸内海まで。

腰のものはBCAA&プロテイン(笑)

腰のものはBCAA&プロテイン(笑)

腰のものはBCAA&プロテイン(笑)

讃岐富士綺麗に見えとるねぇ…
って、奥に160km以上離れてる大山がっ!

讃岐富士綺麗に見えとるねぇ… って、奥に160km以上離れてる大山がっ!

讃岐富士綺麗に見えとるねぇ… って、奥に160km以上離れてる大山がっ!

寒峰まで来ると高城山や雲早山も見えるのね。めちゃクッキリ。

寒峰まで来ると高城山や雲早山も見えるのね。めちゃクッキリ。

寒峰まで来ると高城山や雲早山も見えるのね。めちゃクッキリ。

石鎚を中心にパノラマ。

石鎚を中心にパノラマ。

石鎚を中心にパノラマ。

剣を中心にパノラマ。

剣を中心にパノラマ。

剣を中心にパノラマ。

あら、腕山に雲が。

あら、腕山に雲が。

あら、腕山に雲が。

少し腹ごしらえをして、

少し腹ごしらえをして、

少し腹ごしらえをして、

さて帰りましょう♪

さて帰りましょう♪

さて帰りましょう♪

このルートは復路がしんどい^^;

このルートは復路がしんどい^^;

このルートは復路がしんどい^^;

掘割通過。

掘割通過。

掘割通過。

こう見ると前烏帽子山~落禿間は結構ギザギザしてる。

こう見ると前烏帽子山~落禿間は結構ギザギザしてる。

こう見ると前烏帽子山~落禿間は結構ギザギザしてる。

乳房雲っぽい…まぁ降られませんでしたが。
左の双二峰は太郎と次郎。

乳房雲っぽい…まぁ降られませんでしたが。 左の双二峰は太郎と次郎。

乳房雲っぽい…まぁ降られませんでしたが。 左の双二峰は太郎と次郎。

腹くくってたら意外と耐えれるもので。
むしろ前烏帽子山から落禿の方がしんどかった。

腹くくってたら意外と耐えれるもので。 むしろ前烏帽子山から落禿の方がしんどかった。

腹くくってたら意外と耐えれるもので。 むしろ前烏帽子山から落禿の方がしんどかった。

伊予三山遠望。クッキリハッキリ。
手前の目立つ山は奥工石山。その左大登岐山、てことは、奥工石の右は三つ足山か。

伊予三山遠望。クッキリハッキリ。 手前の目立つ山は奥工石山。その左大登岐山、てことは、奥工石の右は三つ足山か。

伊予三山遠望。クッキリハッキリ。 手前の目立つ山は奥工石山。その左大登岐山、てことは、奥工石の右は三つ足山か。

前烏帽子山山頂手前、東から南西まで。阿波と土佐の矢筈山が見えます。
山頂(あるいはそのすぐ北の稜線)からは讃岐山脈の矢筈も見えるんじゃなかろうか。

前烏帽子山山頂手前、東から南西まで。阿波と土佐の矢筈山が見えます。 山頂(あるいはそのすぐ北の稜線)からは讃岐山脈の矢筈も見えるんじゃなかろうか。

前烏帽子山山頂手前、東から南西まで。阿波と土佐の矢筈山が見えます。 山頂(あるいはそのすぐ北の稜線)からは讃岐山脈の矢筈も見えるんじゃなかろうか。

モミの木の脇を抜けながらアップダウンを繰り返す。

モミの木の脇を抜けながらアップダウンを繰り返す。

モミの木の脇を抜けながらアップダウンを繰り返す。

最後の急登、地形図みても分からん鎖場を登り返す。

最後の急登、地形図みても分からん鎖場を登り返す。

最後の急登、地形図みても分からん鎖場を登り返す。

寒峰を振り返る。

寒峰を振り返る。

寒峰を振り返る。

落禿到着。お待たせ。

落禿到着。お待たせ。

落禿到着。お待たせ。

駐車場が見える。まぁここからは楽なもんです。

駐車場が見える。まぁここからは楽なもんです。

駐車場が見える。まぁここからは楽なもんです。

烏帽子山から伸びる尾根を見る。
いつかはこの尾根も通して歩いてみたいですね。

烏帽子山から伸びる尾根を見る。 いつかはこの尾根も通して歩いてみたいですね。

烏帽子山から伸びる尾根を見る。 いつかはこの尾根も通して歩いてみたいですね。

お疲れ山でした。良いトレーニングになりました。

お疲れ山でした。良いトレーニングになりました。

お疲れ山でした。良いトレーニングになりました。

ここに来るのも久しぶり。標高1520mもあるのね。

まずはすぐそこの落禿へ。

落禿到着。南方、三嶺からミツコバ山(牛ノ背)まで。 見ろ、天狗塚が思春期のニキビのようだ!

風呂塔から天狗塚。PCで見てね。

オニギリだらけでわないか。

今日は烏帽子山は行きません。 あの手前、急登に見えるけど、前烏帽子山東西の登りのほうがよっぽどしんどいです。

鹿さん、いい加減にしなさい💢

前烏帽子山到着。落禿を見返す。 お待たせしました(だってここを急ぐと復路でバテるし…^^;)

右手前風呂塔、その奥は竜王山、その奥は星ヶ城山(小豆島)。左に屋島も見える。 高松からも条件良いと烏帽子山をはじめ祖谷山系は良く見えるんですよね。

いざ寒峰。 テンション上がるよね~復路のことさえ考えなきゃ^^;

兄貴は右に見える中津山にも興味が出た模様。こっから見ると綺麗よね。

前烏帽子山を振り返る。 かっこいいよね~復路のことさえ考えなきゃ^^; 歩いた尾根の一つ奥の尾根も歩けるみたいです。多分バリバリのバリルートでしょうけど。

ここまでくると細かなアップダウンはあるけど、往路は寒峰まで比較的楽。

テンニンソウ群落に天然盆栽発見♪

ここは来るたび気になるサバンナ。

寒峰見えてきました。

瀬戸内海の多島美もしばしば見えてます。

奥の井への分岐通過。

寒峰東のピークより。晴れんけど視界は極めてクリア。 愛媛の名峰群から瀬戸内海まで。

腰のものはBCAA&プロテイン(笑)

讃岐富士綺麗に見えとるねぇ… って、奥に160km以上離れてる大山がっ!

寒峰まで来ると高城山や雲早山も見えるのね。めちゃクッキリ。

石鎚を中心にパノラマ。

剣を中心にパノラマ。

あら、腕山に雲が。

少し腹ごしらえをして、

さて帰りましょう♪

このルートは復路がしんどい^^;

掘割通過。

こう見ると前烏帽子山~落禿間は結構ギザギザしてる。

乳房雲っぽい…まぁ降られませんでしたが。 左の双二峰は太郎と次郎。

腹くくってたら意外と耐えれるもので。 むしろ前烏帽子山から落禿の方がしんどかった。

伊予三山遠望。クッキリハッキリ。 手前の目立つ山は奥工石山。その左大登岐山、てことは、奥工石の右は三つ足山か。

前烏帽子山山頂手前、東から南西まで。阿波と土佐の矢筈山が見えます。 山頂(あるいはそのすぐ北の稜線)からは讃岐山脈の矢筈も見えるんじゃなかろうか。

モミの木の脇を抜けながらアップダウンを繰り返す。

最後の急登、地形図みても分からん鎖場を登り返す。

寒峰を振り返る。

落禿到着。お待たせ。

駐車場が見える。まぁここからは楽なもんです。

烏帽子山から伸びる尾根を見る。 いつかはこの尾根も通して歩いてみたいですね。

お疲れ山でした。良いトレーニングになりました。

類似するルートを通った活動日記