蓼科山周回

2021.06.06(日) 日帰り

天気予報の降水確率0%を信じて蓼科山周回を初トライ。 竜源橋Pに車を止めて、ビーナスラインを上り女神茶屋登山口から蓼科山頂まで登り、下りは将軍平・天祥寺平・竜源橋に戻るルート。CTは6h30min 山頂手前から雨が降り始め、天祥寺平まで降ったり止んだりとなり山頂でのラーメンは諦め行動食だけで全工程を歩きました。

スミレが各所に

スミレが各所に

スミレが各所に

初めの急登後のご褒美フラット。
一面のクマザサ

初めの急登後のご褒美フラット。 一面のクマザサ

初めの急登後のご褒美フラット。 一面のクマザサ

こんな花も

こんな花も

こんな花も

最後の急登手前の目印

最後の急登手前の目印

最後の急登手前の目印

これから最後の急登開始

これから最後の急登開始

これから最後の急登開始

曇りだけれど眺望は何とか。
この後天気は悪化

曇りだけれど眺望は何とか。 この後天気は悪化

曇りだけれど眺望は何とか。 この後天気は悪化

斜度もある上、石が浮いているので集中力が重要。ザレているところは下りがよりしんどい

斜度もある上、石が浮いているので集中力が重要。ザレているところは下りがよりしんどい

斜度もある上、石が浮いているので集中力が重要。ザレているところは下りがよりしんどい

北横岳

北横岳

北横岳

南八ヶ岳

南八ヶ岳

南八ヶ岳

山頂手前の岩場

山頂手前の岩場

山頂手前の岩場

山頂標識
早くレインウェアを着なくては

山頂標識 早くレインウェアを着なくては

山頂標識 早くレインウェアを着なくては

将軍平の桜はこれから

将軍平の桜はこれから

将軍平の桜はこれから

妙に存在感のある緑の植物

妙に存在感のある緑の植物

妙に存在感のある緑の植物

杉苔
八ヶ岳といえば苔

杉苔 八ヶ岳といえば苔

杉苔 八ヶ岳といえば苔

天祥寺平への下りは沢沿い
ほとんどのルートが尾根沿いの蓼科山では珍しい光景

天祥寺平への下りは沢沿い ほとんどのルートが尾根沿いの蓼科山では珍しい光景

天祥寺平への下りは沢沿い ほとんどのルートが尾根沿いの蓼科山では珍しい光景

天祥寺平
次は大河原峠経由の周回もありかな

天祥寺平 次は大河原峠経由の周回もありかな

天祥寺平 次は大河原峠経由の周回もありかな

再びクマザサ地帯
日当たりがあるところは標高があってもクマザサが生えている

再びクマザサ地帯 日当たりがあるところは標高があってもクマザサが生えている

再びクマザサ地帯 日当たりがあるところは標高があってもクマザサが生えている

北横岳

北横岳

北横岳

苔

苔

蛇イチゴかな

蛇イチゴかな

蛇イチゴかな

スミレが各所に

初めの急登後のご褒美フラット。 一面のクマザサ

こんな花も

最後の急登手前の目印

これから最後の急登開始

曇りだけれど眺望は何とか。 この後天気は悪化

斜度もある上、石が浮いているので集中力が重要。ザレているところは下りがよりしんどい

北横岳

南八ヶ岳

山頂手前の岩場

山頂標識 早くレインウェアを着なくては

将軍平の桜はこれから

妙に存在感のある緑の植物

杉苔 八ヶ岳といえば苔

天祥寺平への下りは沢沿い ほとんどのルートが尾根沿いの蓼科山では珍しい光景

天祥寺平 次は大河原峠経由の周回もありかな

再びクマザサ地帯 日当たりがあるところは標高があってもクマザサが生えている

北横岳

蛇イチゴかな

類似するルートを通った活動日記