夕日岳・朝日岳

2021.06.06(日) 日帰り

活動データ

タイム

04:47

距離

8.3km

上り

774m

下り

760m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 47
休憩時間
57
距離
8.3 km
上り / 下り
774 / 760 m
39
17
47
12
38
37

活動詳細

すべて見る

いつものジジイから電話があった。 「夕日岳と朝日岳はまだ登ったことがない。 日曜8時に迎えに行く」 私は何度か登っており、あまり気が進まないが、断る理由もない。OKと言おうとしたところ、電話は既に切れていた。 地図を見ていささか驚いた。夕日岳が東で、朝日岳が西に位置しているのである。 思わず地図に向かって「逆だろう!」と突っ込みを入れた。 私は小学校で「お日様は東から昇って西に沈むと」と習っている。 100人に聞いても99人は「そうだ」と答えるはずだ。 残りの1人はどうかって? あっ、そうそう。天才バカボンのパパはこう歌っている。 🎵西から昇ったおひさまが 東に沈む~ (あっ たいへん) これでいいのだ これでいいのだ そうだ、これでいいのだ! 定山渓神社の鳥居をくぐって参道を進むと拝殿があり、その左奥に「定山渓夕日岳登山入口」の案内標識がある。 砂防ダムが階段状に築かれた沢に沿った登山道を進むと、やがて登山道は沢を離れて急な斜面へと延びる。標高400m辺りで大きくジグを切り、標高450m辺りで山腹を巻いて進むと、標高480mの見晴し台に出る。見晴し台と言っても、周囲は樹木に囲まれて展望は芳しくない。 この見晴し台からは、南へ大きく方向を変えて尾根歩きとなり、20分ほど歩くと夕日岳の頂上となる。 定山渓岩戸観世音菩薩堂の直ぐ右に急な石段がある。 この石段を登っただけで足がパンパンになってしまった。 石段を登り切った所が岩戸公園で、公園の奥に朝日岳の登山口がある。 登山口からは比較的単調な登りが続く。 倒木と露出した岩が多く、多少歩きづらい箇所もあるが、ファミリー登山を損なう程の障害ではない。 登山道を進むと旧豊林荘コースとの分岐に出る。 この分岐を右折して進むと、10分程で朝日岳の頂上に着く。 山頂は樹木に囲まれて眺望はあまり利かない。 今回のメンバーは4人だ。 年齢差もあり体力差もあって、道中、ごく自然にソーシャルディスタンスとなった。 下手に「密です!」などと言い合って、これを聞いた粗忽な熊が、「えっ、蜜だって?」などと勘違いし、喜び勇んで飛び出して来なかったことが幸いだった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。