喜茂別岳撤退後の小天狗岳

2021.06.06(日) 日帰り

活動データ

タイム

08:21

距離

94.6km

上り

1517m

下り

1518m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 21
休憩時間
59
距離
94.6 km
上り / 下り
1517 / 1518 m
3 8
1 27
1 23
24
1 50

活動詳細

すべて見る

6月6日(日)、MTBで中山峠に行った。 街中は風が強かったが定山渓へ進むにつれて弱まってきたので、ペダリングにはもってこいのコンディションとなった。 前回は峠まであと11kmの標識辺りでバテて小休止をしたが、今回は脚力を温存していったので、定山渓から中山峠まで初のノンストップ・ライドとなった。 峠では時間もあるし、喜茂別岳でも拝んで帰ろうと思い、登山口にMTBを置いて山頂に向かって車道をジョギングで進んでいった。 ゲートが開いていたからなのか山菜採りの車が何台も入っていて、峠の石山通沿いも多くの車が見られたし、今まさに山菜にはもってこいの季節なのだろう。 登山車道を気分良くジョグはいいが、中間地点の電波塔でまさかのロストとなり、藪こぎで登山道を探すのを直ぐに諦めて、登山口に戻ることになった。 ジャケットを着込み定山渓へ下っている時、喜茂別岳山頂にたどり着けなかった不完全燃焼を子天狗岳にぶつけてやろうと考え、定山渓ダムへと向かった。 ここに来たのは何年ぶりになるのか、ダムも放水していて、家族連れなど人の姿も多く見られた。 登りで、ここってこんなにキツかったっけ!?と考え出した途端山頂に着いた、下りは楽しいの一言。 MTBも登山も、登りさえなければといつも思ってしまう。 喜茂別岳電波塔の藪こぎ、もしかして先日の荒天で熊笹がなぎ倒されて登山道が分かりずらかったのかもしれないが、以前のような粘り強さが今日の自分にはなかっただけの話だ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。