ん?ワンディ17?いえ、ただの周回です。

2015.07.15(水) 03:40 - 2015.07.15(水) 18:25
ONE DAY17サミッツにトライしましたが、撃沈しました~。 男は黙ってリベンジでしょうが、そんな男気もないので言い訳がましく無様に敗因について。 ①天気 終日、晴れもしくは曇りになる水曜日の機会をここ数週間、窺っていました。 てんきとくらすの予報も終日、登山指数がAという事で決行しましたが、天気が良すぎました。 熱中症とハンガーノックにだけは気をつけるよう、こまめに水分補給とエネルギー補給。 3.5Lの水分を持っていきましたが、大船山からの下りで水分を全て消費してしまいました。 次回があるなら、もっと涼しい時期でしょうね。 ②靴 稲星越えから白口岳に至る薮漕ぎ。 たっぷりと朝露を含んだ薮を通り抜けた時には、靴が浸水し靴下までぐっしょり。 ゴアッテクスなんですけど(汗 ゴアの寿命でしょうか。 これにより後半、これまで山行中に出来たことの無い肉刺ができ、戦意を削がれる。 次回があるなら、もっと良い靴買っちゃお。 ③ルート 鉾立峠からのルート。今回選択したのは、立中山~鉢窪~大船山ガレ場ルート。 これが私には致命的でした。 立中山から鉢窪T字路(実際は十字路)の分岐までは、踏跡やテープもあるので 確認しながら進めば問題は無いルート。 分岐からガレ場ルートへ進んだのはいいのですが、踏跡が薄くまた度々テープを見失う。 方向は判ってるのですが、少し反れると岩が立ちはだかりその都度、修正。 林の中で眺望も無く、徐々に不安感で気力、更に急登で体力が削がれてきます。 やっとの思いで青空が見えはじめ着いたと思いきや、その先のガレ場が見えた時の絶望感。 ONEDAY17サミッツ達成に、不穏の空気が漂いはじめたのはこの時でした。 次回があるなら別ルート・・・いやここはまたこのガレ場、男のロマン道で行きます。 結局、坊がつるに着いたのは、予定していた時間を90分ほどオーバー。 足の裏に出来た肉刺も痛みが増してきたので、法華院に寄り水分補給し、 ちらちら視界にはいる三俣山を恨めしげに見つつ帰路へ。 次回?あるんでしょうか。

写真

道具リスト

  • Kestrel 38L

    OSPREY

  • TREK W CONVERTIBLE

    Marmot

  • caravan  C1_SP  ターコイズ

    その他

  • apple ipad mini3

    その他

  • SOFTLIGHT

    LEKI

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。