赤岳・横岳・硫黄岳

2015.07.15(水) 06:12 - 2015.07.15(水) 15:18
9時間以上の山歩きとなり、帰宅してから太ももが痛かった。 ツーリングなどでよく目に留まっていた八ヶ岳だが 登る日が来るとは思っていなかった。 ひとつひとつ岩場を乗り越える楽しみ、見飽きる事のない山容、 また来たくなる山です。

    写真

    見た目通りの急勾配で、鎖場を登って行く。

    見た目通りの急勾配で、鎖場を登って行く。

    朝日があたり鋭い稜線を際立たせる。

    朝日があたり鋭い稜線を際立たせる。

    どこから、登っていいやら?(実際に登り始めると、それほどでもなく慎重に進めば、大丈夫です。)

    どこから、登っていいやら?(実際に登り始めると、それほどでもなく慎重に進めば、大丈夫です。)

    こんな急な岩場も登り。

    こんな急な岩場も登り。

    振り返ると急な稜線と赤岳が見える。

    振り返ると急な稜線と赤岳が見える。

    横岳手前より歩いてきた稜線を振り返る。

    横岳手前より歩いてきた稜線を振り返る。

    横岳山頂より赤岳・阿弥陀岳 奥に南アルプスを望む。

    横岳山頂より赤岳・阿弥陀岳 奥に南アルプスを望む。

    まったく別の様相をみせる硫黄岳を望む。

    まったく別の様相をみせる硫黄岳を望む。

    ケルンの上の鳥は、置物ではなくて、本物。

    ケルンの上の鳥は、置物ではなくて、本物。

    硫黄岳山頂 なだらかな山容の裏は、断崖絶壁の火口跡になっている。

    硫黄岳山頂 なだらかな山容の裏は、断崖絶壁の火口跡になっている。

    赤岩の頭より硫黄岳を見る。

    赤岩の頭より硫黄岳を見る。

    疲れた足をつけたら気持ちいいが、冷たくて長くつけていられない。

    疲れた足をつけたら気持ちいいが、冷たくて長くつけていられない。

    雲海が広がり、富士山の立ち姿が美しい。

    雲海が広がり、富士山の立ち姿が美しい。

    4時47分 雲海から太陽があがる。

    4時47分 雲海から太陽があがる。

    赤く染まる赤岳。

    赤く染まる赤岳。

    日の出と共に出発する人。

    日の出と共に出発する人。

    赤岳山頂より

    赤岳山頂より

    コメント

    読み込み中...

    もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

    登山ほけん

    1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

    週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。