平日に赤岳に登ってきました。

2015.07.15(水) 05:16 - 2015.07.15(水) 12:28
【行動時間】 美濃戸山荘(5:20) - (6:10)中野行者小屋跡(6:10) - (6:55)行者小屋(7:10) - (7:50)地蔵の頭(7:55) - (8:00)赤岳展望荘(8:25) - (8:45)赤岳頂上山荘(8:45) - (8:50)赤岳(9:30) - (10:35)行者小屋(10:40) - (10:50)中山尾根展望台(10:55) - (11:15)赤岳鉱泉(11:15) - (11:55)堰堤広場(11:55) - (12:25)美濃戸山荘 【行動メモ】 6月の中旬に、世間が夏休みに入る前に赤岳登山計画を立てたのですが、 あいにく週末に用事があったり悪天候が続いたりと行きそびれていました。 そして今週末は台風接近・・・、もう後がありません。 そこで、もう明日(6/15)しか無いと意を決して、前日に登山実行を決めました。 会社から自宅に戻り、登山の用意をして自宅を10時頃出発。 途中、ガソリン給油、買い出しを行い、美濃戸山荘に着いたのは夜中の1時過ぎでした。 駐車場は、やまのこ村の駐車場をお借りしました。(一日1,000円です) 仮眠する前にふと夜空を見ると、都会では見られない星が空一面に広がっていました。 早朝4時に起き、身支度を整えて出発です。 コースは、南沢経由で沢を渡り森林浴を浴び、なだらかに登って行者小屋へ、 そして地蔵尾根経由で赤岳登頂です。 地蔵の頭までの傾斜はほぼ垂直の梯子あり鎖場ありなど、楽しませて頂きました。 登っている途中、高所恐怖症の私としては「下れなかったかも?」 と思うと、こちらを選んで正解でした。 赤岳山頂に約30分ほど滞在しましたが、さすが平日です。ほとんどの時間が私一人だけの貸切状態でした。 下山は、たくさんの花の写真を撮りながらゆっくりと分三郎尾根経由で行者小屋。 そこから行きとは反対の北沢経由で下山します。 途中、中山尾根展望台に寄り、赤岳鉱泉でバッチを購入して美濃戸山荘に向かいました。 途中までは沢を見ながら下りましたが、いつのまにか林道となり、足に疲れが出てきてこの最後の道が一番つらかったかも? 計画では14時頃下山完了でしたが、わりと早く着いたので、帰りに小淵沢道の駅で汗を流し、お蕎麦を食し、お昼寝して我が家へ帰宅しました。 PS:この24時間以内で寝れのはたった4時間弱。この年では相当こたえているはずですが、なぜか元気です。 それもこれも、この一日がとても楽しかった日だったからでしょう。 さ、明日も朝から仕事だ、頑張ろう。

写真

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。