追記:蜂の抗体検査結果。鞍掛峠から鈴北岳~鈴ケ岳~ヒルコバから御池谷を下山

2015.07.14(火) 09:30 - 2015.07.14(火) 16:32
鈴北岳~鈴ケ岳に行って来ました。 鞍掛トンネル西に駐車場あり30台?くらい停められます 9:30スタートして水分補給休憩を何度かとり 鈴北岳に11:30着 展望が見事だったので小休憩 山頂では赤トンボが飛んでおり帽子や手に止まったり 360℃パノラマにも感動 鈴ヶ岳に向かう途中で休憩 食事しながら御池谷から下る説明を受ける 食事後に鈴ヶ岳に登る 集合写真を撮影するが鈴ヶ岳は展望なし 鈴ヶ岳をピストンし下山 ここから2時間半の下りと1時間の山越えがある (ヒルコバから御池谷を降りて黒川に合流したところから登り山越え) 御池谷は以前は登山道があり危険な箇所ではなかったそうですが 雨で崩壊し 自然が作り出した岩でできた登山道は初心者要注意と記載されていた 足を置いたら石がごろごろ まだまだ固定されていない石の足場で石を選ぶながら、落石させないように歩くのも かなり集中する 2時間半の岩下りという貴重な体験させていただいた 師匠に感謝 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7月16日12:00追記です 蜂に抗体検査結果が出ました。 陰性でしたヽ(^o^)丿 先生曰く一割の方が陽性反応があるみたいです クラスもあり、画像の「2くらいから良くないけど4くらいが危険かなぁ~人にもよるけど」と お医者様特有の保険を掛けたようなお話を聞きました。 抗体ができていたらエピペンというのを持ち歩いている方も見えるそうですが 先生はまだ出した事はないようです。 この前と同じURL↓ http://wadai123.com/archives/1410 1万円前後のようで、保険が適用かどうかは聞いてませんが 多分保険きかないんじゃないかなぁ~って思いますが解りません でも抗体ができていたら1万でもエピペンを持ちますよね 刺されるのは嫌ですが「次回刺されてもアナフィラキシーショックを起こさないと思います」とは言われましたが、保険かけたようなお話で「絶対とは言いませんよ」と言われていました とりあえず参考になったらなぁ~って思い追記しました

写真

いきなりスタートです。登山口の写真撮り忘れ(^_^;)

いきなりスタートです。登山口の写真撮り忘れ(^_^;)

はじめは急登であるが、その後はゆるやか。鈴北岳に向かいます

はじめは急登であるが、その後はゆるやか。鈴北岳に向かいます

ペットボトルに優しさ感じた

ペットボトルに優しさ感じた

遠くに琵琶湖が見えます

遠くに琵琶湖が見えます

霧の動き方が早くて景色も変わる

霧の動き方が早くて景色も変わる

鈴ヶ岳が見えます

鈴ヶ岳が見えます

シダの道を通るが、昔は笹だったと聞いた。この道は雪の季節、尻滑りが面白いと・

シダの道を通るが、昔は笹だったと聞いた。この道は雪の季節、尻滑りが面白いと・

景色がキレイ

景色がキレイ

このような道は楽しい

このような道は楽しい

遠くの雲の手前に霧が早い勢いで過ぎてゆく。

遠くの雲の手前に霧が早い勢いで過ぎてゆく。

風が心地よい。

風が心地よい。

どうよ!!山頂を想像してワクワクする

どうよ!!山頂を想像してワクワクする

師匠から「左見てみい!この前行った藤原のヒルが把ほどおった木和田尾の鉄塔や!」と(^_^;)

師匠から「左見てみい!この前行った藤原のヒルが把ほどおった木和田尾の鉄塔や!」と(^_^;)

鈴北岳に到着

鈴北岳に到着

琵琶湖が見えます

琵琶湖が見えます

ここかわ御池に行けるんだぁ~

ここかわ御池に行けるんだぁ~

野アザミ

野アザミ

本日は鈴ヶ岳に行き御池谷を下ります

本日は鈴ヶ岳に行き御池谷を下ります

赤トンボさんがいました。

赤トンボさんがいました。

琵琶湖方向に向かい鈴北岳を目指します

琵琶湖方向に向かい鈴北岳を目指します

クッパさんの後ろは伊吹山方面?

クッパさんの後ろは伊吹山方面?

琵琶湖方面

琵琶湖方面

御池岳方面

御池岳方面

元祖、日本庭園方面

元祖、日本庭園方面

あの尖っている鈴ヶ岳に行きます。鈴ヶ岳は展望ないそうです

あの尖っている鈴ヶ岳に行きます。鈴ヶ岳は展望ないそうです

伊吹山方面

伊吹山方面

ヤマガクアジサイ?

ヤマガクアジサイ?

ここから下るそうです。御池谷

ここから下るそうです。御池谷

下る場所を指導してもらいながら、ここで休憩

下る場所を指導してもらいながら、ここで休憩

男性チームが会議中。師匠はもちろん女性チーム(笑)

男性チームが会議中。師匠はもちろん女性チーム(笑)

ザックを見たら“ひぇ~~”って思ったけど赤く無くてよかった。これから鈴ヶ岳に行きます

ザックを見たら“ひぇ~~”って思ったけど赤く無くてよかった。これから鈴ヶ岳に行きます

いきなり鈴ヶ岳山頂

いきなり鈴ヶ岳山頂

木と空とクッパさんコラボ

木と空とクッパさんコラボ

クッパさん日焼けします

クッパさん日焼けします

山頂は展望なく、こんな感じ

山頂は展望なく、こんな感じ

さぁ~さっきのお弁当食べたとこまで下ります。

さぁ~さっきのお弁当食べたとこまで下ります。

御池谷を下ります。危険な初心者要注意場所です。あたし初心者です

御池谷を下ります。危険な初心者要注意場所です。あたし初心者です

下りは岩ごろごろの谷を下ります。下りきるまで全部こんな感じです

下りは岩ごろごろの谷を下ります。下りきるまで全部こんな感じです

歩くと落石が何度もあり、気が抜けません

歩くと落石が何度もあり、気が抜けません

このような場所を慎重に下るので時間がかかります

このような場所を慎重に下るので時間がかかります

以前は道はあったそうですが、雨の影響で道は荒れて、初心者要注意の登山道になったそうです

以前は道はあったそうですが、雨の影響で道は荒れて、初心者要注意の登山道になったそうです

ここも緊張しました鎌ヶ岳山頂のような御在所のキレットのような・・・そんなとこもあります。なので師匠は女性が通過する時は危険な箇所に立ち、確保するが、奥様の番になったら、すぐ移動して先頭に立たれる(-@∀@)

ここも緊張しました鎌ヶ岳山頂のような御在所のキレットのような・・・そんなとこもあります。なので師匠は女性が通過する時は危険な箇所に立ち、確保するが、奥様の番になったら、すぐ移動して先頭に立たれる(-@∀@)

下山するまで、このようなとこを通ります。本当に時間がかかりました

下山するまで、このようなとこを通ります。本当に時間がかかりました

“ほっと”一息。師匠やベテランさんには感謝です

“ほっと”一息。師匠やベテランさんには感謝です

初心者要注意看板・・・・・慎重に行けば大丈夫!でも楽しかったなぁ~好きな人って好きだろうなぁ~って思う

初心者要注意看板・・・・・慎重に行けば大丈夫!でも楽しかったなぁ~好きな人って好きだろうなぁ~って思う

今は使われていない林道を歩き

今は使われていない林道を歩き

また登ります。トンネルを通過しないように山を越える?

また登ります。トンネルを通過しないように山を越える?

こんな沢を渡ります

こんな沢を渡ります

岩も越えます

岩も越えます

登ります。ここで師匠の奥様が私に前の方のホローをするように言われる。師匠の奥は私の前の方の足が笑っているのを確認していたのだと感心した

登ります。ここで師匠の奥様が私に前の方のホローをするように言われる。師匠の奥は私の前の方の足が笑っているのを確認していたのだと感心した

急登です。お尻ごめんなさい(^_^;)。もっと急登は写す余裕なし

急登です。お尻ごめんなさい(^_^;)。もっと急登は写す余裕なし

ひとつ山を越えて、スタート地点に戻ります

ひとつ山を越えて、スタート地点に戻ります

このトンネル通らず山を越えてスタート地点に戻るのは迷いやすいので注意が必要と

このトンネル通らず山を越えてスタート地点に戻るのは迷いやすいので注意が必要と

同じ場所に下山。駐車場のスペース30台?もうすこし?あります

同じ場所に下山。駐車場のスペース30台?もうすこし?あります

今日のわんこ13歳男の子。趣味は食べる事とネンネです

今日のわんこ13歳男の子。趣味は食べる事とネンネです

検査結果

検査結果

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。