美濃戸高原やまのこ村P~赤岳展望荘

2015.07.14(火) 10:05 - 2015.07.14(火) 15:18

    写真

    下を擦りそうな林道を走り、やまのこ村P10時着。

    下を擦りそうな林道を走り、やまのこ村P10時着。

    南沢コースで赤岳を目ざす。

    南沢コースで赤岳を目ざす。

    沢沿いを(沢の中を)登っていく。雨が降ったらどうなるのだろう?

    沢沿いを(沢の中を)登っていく。雨が降ったらどうなるのだろう?

    広い涸れ沢に出て山容が見えてきた。

    広い涸れ沢に出て山容が見えてきた。

    行者小屋着。赤岳が、目の前にそびえ立っている。(赤岳展望荘が小さく見える)

    行者小屋着。赤岳が、目の前にそびえ立っている。(赤岳展望荘が小さく見える)

    鎖場や急な鉄階段を登り振り返ると行者小屋が小さく見えて登ってきた登山道が見える。

    鎖場や急な鉄階段を登り振り返ると行者小屋が小さく見えて登ってきた登山道が見える。

    結構登ってきたようだがまだまだ急勾配が続く。

    結構登ってきたようだがまだまだ急勾配が続く。

    1時間15分かけて地蔵ノ頭着

    1時間15分かけて地蔵ノ頭着

    尾根に出て赤岳展望荘はすぐ。電話がつながるようになったのか突然業務連絡。(やれやれ)

    尾根に出て赤岳展望荘はすぐ。電話がつながるようになったのか突然業務連絡。(やれやれ)

    赤岳山頂まで登ろうと思ったが、風が強くなりガスてきたので、五右衛門風呂を選択。

    赤岳山頂まで登ろうと思ったが、風が強くなりガスてきたので、五右衛門風呂を選択。

    平塚から来られた方と酒をのみながら談笑。諏訪湖が夕日を反射して幻想的。

    平塚から来られた方と酒をのみながら談笑。諏訪湖が夕日を反射して幻想的。

    山小屋の食事は、バイキングで今までで一番良かった。雲の切れ目から夕日が沈む。

    山小屋の食事は、バイキングで今までで一番良かった。雲の切れ目から夕日が沈む。

    明日の縦走を思いながら就寝。

    明日の縦走を思いながら就寝。

    コメント

    読み込み中...

    もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

    登山ほけん

    1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

    週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。