燕岳(2,763m)〜飛騨山脈(北アルプス)

2015.07.13(月) 11:15 - 2015.07.14(火) 11:41
コースタイムなど 6:35 東海道本線 守山駅 出発 名神高速(栗東IC)〜中央道〜 長野自動車道(安曇野IC)下車 11:05 中房温泉駐車場 到着 11:15 上記駐車場 出発 11:40 登山口 出発 12:10 第1ベンチ到着 12:35 第2ベンチ到着(昼食15分) 第3ベンチ到着 13:51 富士見ベンチ到着 14:30 合戦小屋 到着(休憩20分) 16:15 燕山荘 到着 : : 宿泊 : 6:20 燕岳へ 出発 6:50 燕岳登頂 : 8:10 燕山荘 出発 9:00 合戦小屋 到着(休憩) 11:40 中房温泉登山口 到着 最初、女子3人(sotoちゃん和ちゃん私)で白山に行く予定でしたが出発の2日前の白山の山の天気は雨。登山指数C(雨と強い風で登山は危険)の予報。行き先を変更。登山指数Aの予報の(以前より行きたかった)燕岳に行く事になりました。 当日、もう一度予報を見ると、何と‼️ 燕岳は登山指数Cに!逆に白山は登山指数A …どうすりゃいいの?私たち… 気分はすっかり、燕岳モード(°_°)… 山小屋に連絡してみると予報とは全く違う! GO!GO! 現地にお昼前までに到着し、登山口を12時迄に出発出来るかが、今回の山行の最大の課題でしたが、道路が空いていたのと法定速度を超えて運転する事で見事クリアー。(良い子はマネしないでね) 突然の行き先変更で私は、ろくに下調べもせず、sotoちゃんの地図をあてにし、ヤマップの地図だけをインストール。 “北アルプスの女王” “北アルプスデビューには最適な登り易い山” “泊まりたい山小屋no.1 …等の言葉に浮ついて、甘い気持ちで登り始めた燕岳の合戦尾根ルートは急な登りの連続 連続、連続!合戦小屋迄は健脚の同行メンバーの2人に何とかついて行ったが2,500m辺りからハァーハァー、ゼーゼー、ヒィヒィ。 息は苦しいし、登山して初めて足はつるし😭 登りながら、自分の脚力の無さを実感。 『アルプスよ、こんにちは。そしてさようなら、もう2度とアルプスに行きたいなんて思わないでしょう…舐めててごめんなさい』 と北アルプスの山々に謝り続ける私でした。 (後から知ったのですが、この合戦尾根は北アルプス三大急登とも日本三大急登とも言われているのだとか…😱) それでも足を一歩づつ出し続けたお蔭で 出発から四時間半で、何とか今日宿泊する燕山荘に到着。 山の頂から見る360度パノラマの世界の何と美しい事✨✨✨ 立山、常念岳、槍ヶ岳、蝶ヶ岳…遠くそびえる富士山を見た瞬間に今迄の行程の疲れも吹っ飛びました。٩(*´︶`*)۶ 燕山荘もさすが“行ってみたい山小屋no.1”! とても快適で食事も美味しく、トイレも清潔 iPhone、スマホ、その他携帯電話の充電器まで用意されていて感動しました。 2,700m級の世界から眺める夜空の星は 手が届きそうな程近くて大きい👀 北斗七星も北極星も超ジャンボサイズで又々感動💖 下山ルートは、同行のリーダーsotoちゃんが 燕岳ー北燕岳ー東沢乗越ー中坊川ー中坊温泉 と、計画していましたが、冬期の雪崩でルートが不明瞭になっている部分が有るのと数日前の雨で増水して渡れない沢が有るかもしれないので、お勧め出来ないとの事。 なので、同じルートを(この日も晴れて) 富士山を眺めながらの下山💕 昨日は半泣きで登って行った事も忘れ、 帰路の車の中で 次の山行の計画を練る私達でした。 燕岳、北アルプスの山々、万歳*\(^o^)/*

写真

燕山荘(燕岳)

燕山荘(燕岳)

中房温泉

中房温泉

登山口

登山口

第1ベンチ

第1ベンチ

第2ベンチ

第2ベンチ

富士見ベンチ

富士見ベンチ

雲が多いです

雲が多いです

合戦小屋

合戦小屋

槍ヶ岳

槍ヶ岳

コマクサが健気に咲いています

コマクサが健気に咲いています

雪男の像

雪男の像

メガネ岩

メガネ岩

燕岳山頂

燕岳山頂

燕山荘で買ったおソロのTシャツで!

燕山荘で買ったおソロのTシャツで!

槍ヶ岳がくっきり!

槍ヶ岳がくっきり!

行きは売り切れで食べられなかったスイカ。
帰りにゲット!がぶり💋

行きは売り切れで食べられなかったスイカ。 帰りにゲット!がぶり💋

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。