富士見下から三条の滝とアヤメ平と

2021.05.30(日) 日帰り

活動データ

タイム

09:00

距離

38.4km

上り

1932m

下り

1922m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間
休憩時間
3
距離
38.4 km
上り / 下り
1932 / 1922 m
1 11
25
1 43
8
16
7
2 11

活動詳細

すべて見る

健脚おじさんズ(75)と今季初の尾瀬歩き。特訓なので富士見下駐車場(無料)から林道をあがります。 八木沢新道に下る分岐を見落として白尾山まで残雪滑りながら行ったのはウオーミングアップでまあOK。 その後は予定通りで、八木沢新道→見晴→三条の滝・御池コース途中折り返し→東電小屋→ヨッピ橋→竜宮→アヤメ平→富士見下を回りました。 三条の滝は雪解け水で増水期、とにかくすごい迫力でした。写真では伝わらないかな。 福島側で途中雨が降ってきてマズイかな、と思ったらしばらくしてやんだ。軽装は楽だけど、最低限の装備持たないとダメですね(救急用具とか薄い上下ウエアは毎回一応携行)。 このコースは大きな上りも下りもないですが、尾瀬は横移動が多いので結構な距離になります。 静かな富士見峠をうまく使いながら、燧ケ岳へ、至仏山へと周回コースも考えながらニヤニヤ・・・です。

尾瀬・燧ヶ岳 数えると15台、車がこんなに多い富士見下は珍しい
数えると15台、車がこんなに多い富士見下は珍しい
尾瀬・燧ヶ岳 ゲートのわきを通り、GO!
ゲートのわきを通り、GO!
尾瀬・燧ヶ岳 林道はすべて歩きで温存作戦。60分ほどでアヤメ平が見えてきた
林道はすべて歩きで温存作戦。60分ほどでアヤメ平が見えてきた
尾瀬・燧ヶ岳 富士見小屋跡、ガラスが割れていて痛々しい
富士見小屋跡、ガラスが割れていて痛々しい
尾瀬・燧ヶ岳 アンテナまでの林道で残雪出てきた。(この時点でコースアウトしている、笑)
アンテナまでの林道で残雪出てきた。(この時点でコースアウトしている、笑)
尾瀬・燧ヶ岳 この手の人工物好き、アンテナ群(知らずにコースアウト中)
この手の人工物好き、アンテナ群(知らずにコースアウト中)
尾瀬・燧ヶ岳 先入観で突き進んだ結果白尾山まで来てしまい、コースロストを知る
先入観で突き進んだ結果白尾山まで来てしまい、コースロストを知る
尾瀬・燧ヶ岳 予定の八木沢新道分岐まで戻ってきた。道標がまだ撤去されている?
予定の八木沢新道分岐まで戻ってきた。道標がまだ撤去されている?
尾瀬・燧ヶ岳 上のほうの北斜面には残雪あるが軽アイゼンは使わず(車に置いて来た…)
上のほうの北斜面には残雪あるが軽アイゼンは使わず(車に置いて来た…)
尾瀬・燧ヶ岳 青空に映える新緑がまたきれい
青空に映える新緑がまたきれい
尾瀬・燧ヶ岳 川を何度も渡る
川を何度も渡る
尾瀬・燧ヶ岳 11時前、見晴に到着。テント10張りくらいあり
11時前、見晴に到着。テント10張りくらいあり
尾瀬・燧ヶ岳 賑わう小屋を眺めながら三条の滝を目指す
賑わう小屋を眺めながら三条の滝を目指す
尾瀬・燧ヶ岳 水芭蕉がとにかくたくさん
水芭蕉がとにかくたくさん
尾瀬・燧ヶ岳 もっと集中して写真撮ればいいのに流し撮り
もっと集中して写真撮ればいいのに流し撮り
尾瀬・燧ヶ岳 燧ケ岳も見事
燧ケ岳も見事
尾瀬・燧ヶ岳 タテヤマリンドウ?
タテヤマリンドウ?
尾瀬・燧ヶ岳 温泉小屋を通過
温泉小屋を通過
尾瀬・燧ヶ岳 シャクナゲつぼみ
シャクナゲつぼみ
尾瀬・燧ヶ岳 シャクナゲ開花
シャクナゲ開花
尾瀬・燧ヶ岳 三条の滝に到着した!すごい迫力
三条の滝に到着した!すごい迫力
尾瀬・燧ヶ岳 水量がスゴイ
水量がスゴイ
尾瀬・燧ヶ岳 水しぶきもスゴイ
水しぶきもスゴイ
尾瀬・燧ヶ岳 帰路は往復せずに御池ルートから周回する
帰路は往復せずに御池ルートから周回する
尾瀬・燧ヶ岳 タムシバ?
タムシバ?
尾瀬・燧ヶ岳 木に名前が彫ってある
木に名前が彫ってある
尾瀬・燧ヶ岳 往路の木道に戻る
往路の木道に戻る
尾瀬・燧ヶ岳 水芭蕉と温泉小屋
水芭蕉と温泉小屋
尾瀬・燧ヶ岳 かわいい水芭蕉
かわいい水芭蕉
尾瀬・燧ヶ岳 おばけ水芭蕉
おばけ水芭蕉
尾瀬・燧ヶ岳 分岐から右手に東電小屋を目指す
分岐から右手に東電小屋を目指す
尾瀬・燧ヶ岳 東電小屋通過
東電小屋通過
尾瀬・燧ヶ岳 リュウキンカ?
リュウキンカ?
尾瀬・燧ヶ岳 景鶴山 以前残雪期にアイゼン忘れたけど登った
景鶴山 以前残雪期にアイゼン忘れたけど登った
尾瀬・燧ヶ岳 きちんと通れるヨッピ橋
きちんと通れるヨッピ橋
尾瀬・燧ヶ岳 ヨッピ橋
ヨッピ橋
尾瀬・燧ヶ岳 イワカガミ?
イワカガミ?
尾瀬・燧ヶ岳 竜宮から鹿柵を抜けて長沢新道へ
竜宮から鹿柵を抜けて長沢新道へ
尾瀬・燧ヶ岳 水芭蕉ともお別れ
水芭蕉ともお別れ
尾瀬・燧ヶ岳 熊棚があちこちにたくさん
熊棚があちこちにたくさん
尾瀬・燧ヶ岳 峠まで1kmあたりから雪が多くなってきた
峠まで1kmあたりから雪が多くなってきた
尾瀬・燧ヶ岳 昨年工事中だった木道が出来上がっていて、ゴムマットも装着している
昨年工事中だった木道が出来上がっていて、ゴムマットも装着している
尾瀬・燧ヶ岳 真新しい赤布を意外と頼りに歩く
真新しい赤布を意外と頼りに歩く
尾瀬・燧ヶ岳 アヤメ平分岐、おじさん達は先に林道下りへ
アヤメ平分岐、おじさん達は先に林道下りへ
尾瀬・燧ヶ岳 アヤメ平の湿原はまだ高山植物早い
アヤメ平の湿原はまだ高山植物早い
尾瀬・燧ヶ岳 おなじみのアヤメ平看板
おなじみのアヤメ平看板
尾瀬・燧ヶ岳 雲がかかっていた燧ケ岳が最後に顔出す
雲がかかっていた燧ケ岳が最後に顔出す
尾瀬・燧ヶ岳 富士見小屋に戻り林道は駐車場まで6km激走へ。
富士見小屋に戻り林道は駐車場まで6km激走へ。
尾瀬・燧ヶ岳 最後、駐車場で少し人助けできたので今日はとても良い山行でした、お疲れ様。
最後、駐車場で少し人助けできたので今日はとても良い山行でした、お疲れ様。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。