各務原アルプス 迫間不動~猿啄城

2017.09.02(土) 09:21 - 2017.09.02(土) 12:37
天気の良い週末だったのですが、時間があまり無かったので、近場のご当地アルプスへ。 各務原アルプスは、岐阜県各務原市の北部の山並みの通称。 関市側からは「関南アルプス」とも呼ばれている。(Wikiより) ずっと歩いてみたいなと思いつつ、実は今回初でした(#^^#) 標高300m級の山々が連なっていてハイキングコースも整備されています。 今回歩いたコース:迫間不動→金毘羅山→明王山→城山(猿啄城)→迫間山(迫間城跡)→迫間不動 最初に明王山に行こうと思っていたのですが、道を間違え、上記のようなコースになりました。 明王山の山頂では、常連のおじさまとお話して、冬場に山頂から撮った写真も見せて頂きました。 条件が良ければアルプスも見えるようです。 初めて各務原アルプスを歩きましたが、お手軽に歩けて、とっても楽しかったです。 色んなコースを歩けそうなので、また違うコースで歩いてみたいなって思います。

写真

迫間不動よりスタートです。この辺りは「ふどうの森」で、お不動さんが祀られている所が、点在していました。

迫間不動よりスタートです。この辺りは「ふどうの森」で、お不動さんが祀られている所が、点在していました。

まずは明王山を目指します。

まずは明王山を目指します。

ゲートがありますが、歩行者は通行OKです。

ゲートがありますが、歩行者は通行OKです。

良く整備された道です。

良く整備された道です。

登るにつれて岩っぽい感じになってました。金華山と感じが似てる。

登るにつれて岩っぽい感じになってました。金華山と感じが似てる。

不動の展望台に行ってみます。

不動の展望台に行ってみます。

不動の展望台からの眺め♪遥か遠くに名古屋のビル群も見えてました。

不動の展望台からの眺め♪遥か遠くに名古屋のビル群も見えてました。

明王山に向かっているつもりが…金毘羅山に向かってました。

明王山に向かっているつもりが…金毘羅山に向かってました。

金毘羅さんが祀られている金毘羅山山頂♪

金毘羅さんが祀られている金毘羅山山頂♪

激坂を下って、今度こそ明王山。

激坂を下って、今度こそ明王山。

目指す明王山は、あの鉄塔の奥です。

目指す明王山は、あの鉄塔の奥です。

明王山山頂到着♪

明王山山頂到着♪

連なっている各務原アルプスの山並み。

連なっている各務原アルプスの山並み。

濃尾平野が一望♪

濃尾平野が一望♪

猿啄城のある城山に向かいます。

猿啄城のある城山に向かいます。

緑のトンネルが気持ちいい♪

緑のトンネルが気持ちいい♪

鉄塔通過。

鉄塔通過。

猿啄城跡、城山山頂が見えて来ました。

猿啄城跡、城山山頂が見えて来ました。

山頂にはお城型の東屋。

山頂にはお城型の東屋。

城山からの眺め。条件が良ければアルプスも見えるそうですよ。

城山からの眺め。条件が良ければアルプスも見えるそうですよ。

歩いてきた山並み。

歩いてきた山並み。

木曽川の右手にあるのは鳩吹山ですね。

木曽川の右手にあるのは鳩吹山ですね。

戻ります。

戻ります。

明王山山頂は回避して、巻き道を進みました。

明王山山頂は回避して、巻き道を進みました。

八方不動。

八方不動。

迫間城跡が迫間山山頂でした。

迫間城跡が迫間山山頂でした。

山頂からの眺め♪

山頂からの眺め♪

迫間不動に向かいます。

迫間不動に向かいます。

長い長い階段で、逆に登ってくるのは大変です…(;^ω^)

長い長い階段で、逆に登ってくるのは大変です…(;^ω^)

迫間不動の奥の院に滝がありました。神聖な場所なので、奥の院の写真は撮って無いですが、すごく雰囲気がありました。

迫間不動の奥の院に滝がありました。神聖な場所なので、奥の院の写真は撮って無いですが、すごく雰囲気がありました。

スタート地点の迫間不動の駐車場に戻って来ました。

スタート地点の迫間不動の駐車場に戻って来ました。

暑かったので、かき氷を食べました。今年最後のかき氷かな(*^-^*)

暑かったので、かき氷を食べました。今年最後のかき氷かな(*^-^*)

今回歩いた各務原アルプス。いつか全部縦走してみたい。

今回歩いた各務原アルプス。いつか全部縦走してみたい。

コメント

コメントはできません

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。