常念岳(快晴の北アルプス!ライチョウに会えたけど、コマクサは終わっていた⁉︎)

2015.07.12(日) 05:34 - 2015.07.12(日) 16:17
Hotakadake, Yarigatake, Kamikochi (Nagano, Toyama, Gifu)
【一ノ沢登山口~王滝ベンチ】 一ノ沢沿いに比較的なだらかな登山道が続きます。王滝のベンチまでは約1.0hr。 登りはとばしたくなるけど、ハイペースにならないよう心がけました。 下山は元気があればスピードアップの区間かな。 【王滝ベンチ~最終水場】 徐々に勾配が強くなる感じ。この区間とにかく虫が多くて、防虫ネットとかハッカ油スプレー等を準備しておくと良いかかもです。 胸突八丁から最終水場までは斜面の細い登山道があり、すれ違いに気を付けながら進みました。 【最終水場~常念乗越】 急登ですが、3か所ベンチがあり休み休み高度を上げました。乗越までのいちばんキツイ区間。越えるとすばらしい眺望が広がることを期待し、キツイけどもうひと踏ん張りという感じでした。 【常念乗越~常念岳(2,857m)】 すばらしい眺望に尽きます。 常念小屋からしばらく行くと、ライチョウの親子に遭遇(メス1、雛6) ライチョウと槍ヶ岳をワンフレームに撮影!自分的には上手く撮れたかな~ ん、期待していたコマクサが見当たらない(下山前に小屋周辺を捜すと、枯れかけのものが1株だけ・・・)。 東天井岳方面から縦走してきた方に聞くと、もう少し標高の高い所にはまだあったとのことでした。常念小屋付近では見ごろを終えていたようです(今年はやっぱり早いのかな)。 そして、頂上へはほぼ岩場100%の登山道、○印に従って登りました。晴れていればコースを間違うことはないと思いますが、視界が悪ければコースを外れることもあるのでは。。。 三股分岐を過ぎればもう少し! 山頂に立つ人が大きくなってきます。 【頂上】 この日は天気が良く、最高の眺望でした。 しばし、時が経つのを忘れシャッターを切りまくり。 台風接近の影響でしょうか、気温が高く風があっても寒さを感じることはありませんでした。 登らなければいけない山々が・・・手に取るように望めることができ、ラッキーでした。

写真

一ノ沢登山口よりスタート

一ノ沢登山口よりスタート

沢沿いの登山道

沢沿いの登山道

王滝ベンチ手前 沢の脇を通過(水量が多い場合はまき道へ)

王滝ベンチ手前 沢の脇を通過(水量が多い場合はまき道へ)

王滝(大滝)ベンチ到着!

王滝(大滝)ベンチ到着!

烏帽子(エボシ)沢出合

烏帽子(エボシ)沢出合

虫が多いので休んでらんない!

虫が多いので休んでらんない!

青空! まだまだ先だな

青空! まだまだ先だな

カラマツソウ(白色) オオバミゾホズキ(黄色)

カラマツソウ(白色) オオバミゾホズキ(黄色)

笠原沢出合

笠原沢出合

胸突八丁では階段の工事をしていました。有難いですね~

胸突八丁では階段の工事をしていました。有難いですね~

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ

最終水場 この日は暑く水分は多めに

最終水場 この日は暑く水分は多めに

ここから急登です

ここから急登です

疲れました~

疲れました~

第3ベンチまでくればもう少し

第3ベンチまでくればもう少し

常念乗越! 頂上よ まってなさい!

常念乗越! 頂上よ まってなさい!

頂上はニセピークの先!

頂上はニセピークの先!

いつものカップと槍

いつものカップと槍

ライチョウの親子がお出迎え

ライチョウの親子がお出迎え

ライチョウと槍ヶ岳のショット

ライチョウと槍ヶ岳のショット

ニセ頂上

ニセ頂上

なんども槍

なんども槍

振り返ると 小さく常念小屋

振り返ると 小さく常念小屋

なんどでも 撮っちゃう

なんどでも 撮っちゃう

ミヤマダイコンソウ  岩場に多くありました

ミヤマダイコンソウ  岩場に多くありました

やっと本当の頂上が見えてきました

やっと本当の頂上が見えてきました

三股分岐

三股分岐

あと少し

あと少し

登頂!

登頂!

常念岳山頂 2,857m  槍ヶ岳をバックに

常念岳山頂 2,857m  槍ヶ岳をバックに

すばらしい眺望

すばらしい眺望

いつもの山座同定アプリ やっぱり少しずれる

いつもの山座同定アプリ やっぱり少しずれる

でも十分でしょ

でも十分でしょ

360°

360°

やってみた

やってみた

枯れかけのコマクサ 常念小屋近くを探して1株だけ発見

枯れかけのコマクサ 常念小屋近くを探して1株だけ発見

ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ

ヤマホタルブクロ

ヤマホタルブクロ

登山道の整備作業 下山時もまだ行っていました

登山道の整備作業 下山時もまだ行っていました

オオバミゾホオズキ

オオバミゾホオズキ

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。