御殿場口→二ツ塚→宝永山→大砂走→御殿場口

2015.07.12(日) 08:22 - 2015.07.12(日) 13:58
Fujisan (Yamanashi, Shizuoka)
タマの休みに家族は車で実家へ。残されたのは数千円と原チャリのみ。この休みを無駄にしてはいかーん!というわけで、以前御殿場ルートで下山した時から気になっていた二ツ塚(双子山)と宝永火口を楽しんできました。 まずは愛車スクーピーで御殿場口五合目まで登り、駐車場の端から冒険に出発。さっそく直径1センチ大の火山灰ゾーンに突入し、汗だくになる。御殿場ルートで頂上を目指す人って、これを6時間とか続けるのかぁ。 なんて考えながらしばらく登り、ちょっと足元にも慣れてきたところで二ツ塚の片方、下塚の下に到着。そのままおりゃおりゃーっと頂上制覇。 頂上には日本の始祖、イザナギ・イザナミ神が祀られています。 下塚をかけ降りて、そのまま上塚頂上へかけ上がる…つもりが、予想外のハードな登りに苦闘すること約20分、ようやく頂上へ。残念ながら上も下も雲の中~☁ ここからしばらくは、わりとなだらかなルート。御殿庭に到着するも、雲の中で真っ白々☁☁。テンションmaxの子供たちの叫び声を雲の中に聞きながら、宝永山方向へ🚶 第二火口?山体観測装置?案内看板しか見えないぞ。でいつの間にか宝永火口。鋭い縁の大岩がゴロゴロ。こんなのが飛んできたらひとたまりもない! 「落石注意」って書いてあるので早足で通過しようとしたら、ベンチがあってお食事中の御一行様。 火口の底から宝永山頂までは、まさに修行の山行。心拍数150くらい。で、おりゃおりゃーで宝永山頂制覇👊 ここだけは火山灰ではない、アリゾナの荒野にある大岩みたいのがあって異質な雰囲気。一見の価値ありです。 インドネシアからのお嬢さんたちとちょっと会話した後は、楽しみにしていた大砂走り🏃 スキーモーグル気分でご機嫌にかけ降りると、ミッドカットのハイキング靴には火山灰がゴロゴロ入ってくる😣ゲイター欲しい!仕方ないので靴下を上をめくり返して靴の上からカバー。カッチョ悪いけど機能はOK👍でまたご機嫌ダッシュ。 富士山頂制覇後の爽やかさん達と会話を楽しみながら、残り少ない楽しい時間を満喫。右手に先程の双子🗻🗻を見ながら御殿場口五合目へ無事帰還。天気がよければ見える、こぼれそうな山中湖(←見たことある人はこの意味がわかりますよね)は残念ながら見えませんでした。 期間限定オープンのトレイルステーションでちょっと遊んだ後は、原チャリで御胎内温泉へ。温泉~メシ~仮眠でHP回復して帰宅しましたとさ。 涼しくなったらまた行こーっと! 出発時ザック重:7.3kg ハイドレーション:1.3㍑、途中+0.5㍑ ダブルステッキ◎ 欲しかったもの:ゲイター、日焼け止め

写真

下塚頂上。
イザナギ、イザナミを祀ってます。

下塚頂上。 イザナギ、イザナミを祀ってます。

上塚頂上から下塚と下界を望むの巻

上塚頂上から下塚と下界を望むの巻

木がぁ~

木がぁ~

山行は右へ🚶

山行は右へ🚶

富士山麓で緑を楽しむの巻

富士山麓で緑を楽しむの巻

富士山頂見えるかぁ?

富士山頂見えるかぁ?

第二火口☁

第二火口☁

宝永火口の底には大岩がゴロゴロ。自然の力強さを感じます。

宝永火口の底には大岩がゴロゴロ。自然の力強さを感じます。

宝永火口

宝永火口

宝永山頂。
他とは違った景色です。

宝永山頂。 他とは違った景色です。

おっ、君たちは…

おっ、君たちは…

さっきの双子さん🎎

さっきの双子さん🎎

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。