白鬚神社、だけど白髪三角点。

2021.05.26(水) 日帰り

浦山三角点にタッチした後に白髪(はくはつ)三角点と二反ヶ浦(にたんがうら)三角点にタッチしてきました。 この白髪三角点はYAMAPPERが二度挑戦してますが発見に至らず。 なので意気込んで挑戦してきました。 しかしながら色々と苦労しました。 まずは白鬚神社に到着。 お参りしてから山にはいりヤブ漕ぎをして白髪三角点付近に着くと、胸ポケットに入れてたスマホがない!! 先ほど熱暴走し始めてたので熱を下げるためスマホケースから外して胸ポケットに入れており、ヤブ漕ぎでちょっと前かがみした時に落したんだ。 3分ばかりの移動距離の間に落したけど、ヤブの中に落としてるのでかなり焦りました。 一人で行動してるので呼び出し音を鳴らしてもらうこともできず。 ヤブでたいした目印もない中、ぼんやりとした記憶をもとに先ほどの通ったあとを15分かけて4往復ほどして諦めかけて足元を見ると水溜まりがある・・・と思ってたらスマホの黒い画面で幸運にも発見!! そして白髪三角点を探し出す作業へと入りましたが、予想通りにこれもなかなか見つからない。 三角点アプリでも林の中なのでGPSもおおよその場所しか示さない。 これまでも何度も葉っぱや土で埋もれてしまった三角点を発見したけど、3割ほどは見つからずに終わった経験があるので白髪三角点も未タッチリスト入りかと思い、蚊に刺されながら30分探して靴で土をイジイジしてると硬い感触が。 !!やったぞ!見つけた! 竹の根元に白髪三角点の標石発見して無事にタッチ。 自分でも予想してた場所から1m以上離れており、他のYAMAPPERもこれは探し出すことができなかっただろうなーと思いました。 ところでこの白髪三角点、白鬚神社なのになぜに三角点名は白髪なんだろう。 点の記を見ると地図には白髪神社となっている。 おそらく記録員が髪と鬚を間違えて登録したのだろうか。 ちなみにグーグルマップでも白髪神社として載ってました。 そして車に乗って移動して二反ヶ浦三角点をタッチして今日の活動は終了しました。 やはり車で移動すると自転車と違い早いし楽だけど充実感に欠けるなぁ。

白鬚神社に到着。

白鬚神社に到着。

白鬚神社に到着。

境内に庚申塔。
右から、宝暦二年1752年、明治時代、次は判読不可でした。

境内に庚申塔。 右から、宝暦二年1752年、明治時代、次は判読不可でした。

境内に庚申塔。 右から、宝暦二年1752年、明治時代、次は判読不可でした。

拝殿に到着。

拝殿に到着。

拝殿に到着。

この写真を撮った後に山にはいりスマホを落として半泣きで15分間探すハメに。

この写真を撮った後に山にはいりスマホを落として半泣きで15分間探すハメに。

この写真を撮った後に山にはいりスマホを落として半泣きで15分間探すハメに。

スマホを無事に見つけて白髪三角点付近に到着。
標示杭は折れて倒れているので見印の役目を負ってない。

スマホを無事に見つけて白髪三角点付近に到着。 標示杭は折れて倒れているので見印の役目を負ってない。

スマホを無事に見つけて白髪三角点付近に到着。 標示杭は折れて倒れているので見印の役目を負ってない。

蚊に刺されながら30分ほどかけて発見!
見つけられて幸運でした!
倒れた標示杭から西に2mほどの所にあります。

蚊に刺されながら30分ほどかけて発見! 見つけられて幸運でした! 倒れた標示杭から西に2mほどの所にあります。

蚊に刺されながら30分ほどかけて発見! 見つけられて幸運でした! 倒れた標示杭から西に2mほどの所にあります。

四等三角点 白髪(60.64m)にタッチ。

四等三角点 白髪(60.64m)にタッチ。

四等三角点 白髪(60.64m)にタッチ。

他の人が三角点を見つけやすいように櫓を建てときました。

他の人が三角点を見つけやすいように櫓を建てときました。

他の人が三角点を見つけやすいように櫓を建てときました。

白鬚神社なのに三角点名は白髪?

白鬚神社なのに三角点名は白髪?

白鬚神社なのに三角点名は白髪?

白鬚神社には10台は停められる駐車場がありました。

白鬚神社には10台は停められる駐車場がありました。

白鬚神社には10台は停められる駐車場がありました。

車で移動して二反ヶ浦三角点付近に到着。
福智山を臨む。

車で移動して二反ヶ浦三角点付近に到着。 福智山を臨む。

車で移動して二反ヶ浦三角点付近に到着。 福智山を臨む。

二反ヶ浦三角点を発見。
埋没式で無理に開けると壊すかもしれないし怪我するのでマンホールの蓋をタッチしました。

二反ヶ浦三角点を発見。 埋没式で無理に開けると壊すかもしれないし怪我するのでマンホールの蓋をタッチしました。

二反ヶ浦三角点を発見。 埋没式で無理に開けると壊すかもしれないし怪我するのでマンホールの蓋をタッチしました。

四等三角点 二丹ヶ浦(34.116m)にタッチ。

四等三角点 二丹ヶ浦(34.116m)にタッチ。

四等三角点 二丹ヶ浦(34.116m)にタッチ。

白鬚神社に到着。

境内に庚申塔。 右から、宝暦二年1752年、明治時代、次は判読不可でした。

拝殿に到着。

この写真を撮った後に山にはいりスマホを落として半泣きで15分間探すハメに。

スマホを無事に見つけて白髪三角点付近に到着。 標示杭は折れて倒れているので見印の役目を負ってない。

蚊に刺されながら30分ほどかけて発見! 見つけられて幸運でした! 倒れた標示杭から西に2mほどの所にあります。

四等三角点 白髪(60.64m)にタッチ。

他の人が三角点を見つけやすいように櫓を建てときました。

白鬚神社なのに三角点名は白髪?

白鬚神社には10台は停められる駐車場がありました。

車で移動して二反ヶ浦三角点付近に到着。 福智山を臨む。

二反ヶ浦三角点を発見。 埋没式で無理に開けると壊すかもしれないし怪我するのでマンホールの蓋をタッチしました。

四等三角点 二丹ヶ浦(34.116m)にタッチ。

類似するルートを通った活動日記