20150712 展望バッチリ!階段が核心の南木曽岳

2015.07.12(日) 07:08 - 2015.07.12(日) 12:22
Nagisodake (Nagano, Gifu)
岐阜・名古屋から、高速道路と一般道を走って、わずかの時間で到着できました。 朝5時に家を出発し、大垣→現地へ2時間弱で行けるので、大変お手軽です。 7時過ぎに、登山開始。 登山口には、2つの駐車場があり、それぞれ15台ずつは泊められます。 登山口にトイレがあります。 登り始めは、たいへん涼しいのですが、 時間がたつにつれ、どんどん気温が上がり、暑くてしょうがなかった。 日光対策と、暑さ対策は、十分にしないと危険です。 ハイドレーションに水2lを、さらに500mlのスポーツドリンクを飲みきってしまいました。 登山道から、登り・下りルート分岐までは、 ほぼ水平の林道歩き。至る所で、土砂災害の跡が見られます。 分岐以降は、時計回りのルートをとることになるので、 他の登山者とすれ違うことはありませんでした。 今日の登山の核心は、 「登り・下り」とも、急角度の木のはしご。 しかも、このハシゴは、作りたての丈夫なものから、 踏み抜いて壊れそうなものまであります。 ハイステップで、一歩一歩丁寧に登る必要があります。 ペースを上げて、ホイホイ進むことが阻まれます。 岩場は1か所。 苦手な方は、すぐ横のきれいな木の橋を登ってすぐ合流です。 今回の登山は、天候に恵まれ展望はバッチリでした。 山頂を過ぎてからは、数々の展望スポットがあります。 さまざまな方角を眺められる、大変気持ちの良いところです。 行動計画に余裕をもって、展望スポットで、 おやつや昼ごはん、お昼寝もおすすめです。 朝早くに上ったこともあり、正午には下山完了。 すぐ近くには、蘭(あららぎ)温泉があり、 ご飯も、お風呂も、補給ができます。 こじんまりした温泉とご飯処ですが、仮眠の取れる広い座敷まであり、ゆっくり休憩もできます。 注意点は、登山道に、忘れ物をしないこと。 登りと下りは、別ルートなので、取りに帰ることは、大きい負担になります。 「ポールをどこかでおいてきた」と、来た道を引き返して、 探していらっしゃる登山者さんがいました。

写真

道具リスト

  • futura 32

    deuter

  • めがねonメガネ オーバーグラス

    その他

  • コールマンのトレッキングポール

    その他

  • スマホ対応の山用手袋

    その他

  • モンベルのメリノウール

    mont-bell

  • コアSUUNTOCOREメンズ腕時計SS018731000-Jブルーメンズ[並行輸入品]

    SUUNTO

    Amazonで見る
  • モンベル(mont‐bell)サポーテックライトタイツMen’sブラックBKS

    mont-bell(モンベル)

    Amazonで見る

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。