梅雨の合間に観海アルプス踏破〜🏃‍♂️🏃‍♂️

2021.05.25(火) 日帰り

夫が来熊した時、高舞登山からの景色を見に行ったら観海アルプスの看板が目に留まった。それ以来気になって、みんなの投稿を参考にしてチャレンジ決定〜。梅雨の合間の晴れ予報の今日決行。 久しぶりのがっつり縦走、楽しかった♬ひざが心配だったけど、何とか🆗。 念珠岳でご夫婦にお会いした以外は全く人に会わなかった。動物には会ったけど笑 あちこち寄り道したので、予定は30分オーバーでしたが、満足の山行でした。黄砂で景色が霞んでるのがちょっと残念かな。 軌跡はバス停降車から駐車場までとなっています。

始発で移動。土日は7時25分のみ。

始発で移動。土日は7時25分のみ。

始発で移動。土日は7時25分のみ。

みんなの投稿を参考に

みんなの投稿を参考に

みんなの投稿を参考に

地域振興センターに駐車してバス停へ

地域振興センターに駐車してバス停へ

地域振興センターに駐車してバス停へ

高舞登山口のバスからすぐ登山開始

高舞登山口のバスからすぐ登山開始

高舞登山口のバスからすぐ登山開始

ショック🤯トイレが使えない‼️

ショック🤯トイレが使えない‼️

ショック🤯トイレが使えない‼️

高舞登山の展望台。やや靄ってる

高舞登山の展望台。やや靄ってる

高舞登山の展望台。やや靄ってる

さあ出発。この看板がきっかけになった❗️

さあ出発。この看板がきっかけになった❗️

さあ出発。この看板がきっかけになった❗️

枇杷が豊作

枇杷が豊作

枇杷が豊作

この花は何?

この花は何?

この花は何?

しばらく歩くと手作りっぽい展望台が。

しばらく歩くと手作りっぽい展望台が。

しばらく歩くと手作りっぽい展望台が。

過ぎると展望所あり。この道がめちゃくちゃ滑る

過ぎると展望所あり。この道がめちゃくちゃ滑る

過ぎると展望所あり。この道がめちゃくちゃ滑る

低いが山頂

低いが山頂

低いが山頂

景色は木が邪魔してる

景色は木が邪魔してる

景色は木が邪魔してる

ツツジが迎えてくれる

ツツジが迎えてくれる

ツツジが迎えてくれる

金比羅神社⛩

金比羅神社⛩

金比羅神社⛩

地味な山頂。眺望はなし

地味な山頂。眺望はなし

地味な山頂。眺望はなし

気持ちいい林道と

気持ちいい林道と

気持ちいい林道と

階段が交互に現れる。看板も階段表示だ

階段が交互に現れる。看板も階段表示だ

階段が交互に現れる。看板も階段表示だ

また展望台

また展望台

また展望台

確かに眺めがいい。

確かに眺めがいい。

確かに眺めがいい。

白嶽も眺めよし

白嶽も眺めよし

白嶽も眺めよし

白嶽の先の目立たない分岐の先に古代遺跡ドルメン。最大級らしい。

白嶽の先の目立たない分岐の先に古代遺跡ドルメン。最大級らしい。

白嶽の先の目立たない分岐の先に古代遺跡ドルメン。最大級らしい。

神社に導く可愛い看板。矢岳神社は巨石に囲まれている

神社に導く可愛い看板。矢岳神社は巨石に囲まれている

神社に導く可愛い看板。矢岳神社は巨石に囲まれている

しめ縄が新しくカッコいい

しめ縄が新しくカッコいい

しめ縄が新しくカッコいい

こんな階段が何度も出てくる

こんな階段が何度も出てくる

こんな階段が何度も出てくる

やっと半分かぁ。ここも眺望なし

やっと半分かぁ。ここも眺望なし

やっと半分かぁ。ここも眺望なし

二弁当峠のトンネル。ちょっと不気味。しかし、この地名は弁当2つ必要なくらいキツいってこと?

二弁当峠のトンネル。ちょっと不気味。しかし、この地名は弁当2つ必要なくらいキツいってこと?

二弁当峠のトンネル。ちょっと不気味。しかし、この地名は弁当2つ必要なくらいキツいってこと?

また階段表示だよ。でも、ようやく人に会った

また階段表示だよ。でも、ようやく人に会った

また階段表示だよ。でも、ようやく人に会った

あ〜やっぱり九州自然歩道の林道部分ショートカットあるんだ。途中で左手にリボンあったよな。

あ〜やっぱり九州自然歩道の林道部分ショートカットあるんだ。途中で左手にリボンあったよな。

あ〜やっぱり九州自然歩道の林道部分ショートカットあるんだ。途中で左手にリボンあったよな。

地蔵峠の地蔵

地蔵峠の地蔵

地蔵峠の地蔵

念珠岳にはやたら咲いていた白い花。名前不明

シライトソウというそうです。へんぼ様ありがとうございます。

念珠岳にはやたら咲いていた白い花。名前不明 シライトソウというそうです。へんぼ様ありがとうございます。

念珠岳にはやたら咲いていた白い花。名前不明 シライトソウというそうです。へんぼ様ありがとうございます。

念珠岳到着。この登りはなかなかハード。

念珠岳到着。この登りはなかなかハード。

念珠岳到着。この登りはなかなかハード。

ご夫婦に撮って頂く。ついでにYAMAPの宣伝をする。

ご夫婦に撮って頂く。ついでにYAMAPの宣伝をする。

ご夫婦に撮って頂く。ついでにYAMAPの宣伝をする。

ゆっくりしたいが、先を急ぐ。

ゆっくりしたいが、先を急ぐ。

ゆっくりしたいが、先を急ぐ。

必死に自撮り。看板は倒れてました。

必死に自撮り。看板は倒れてました。

必死に自撮り。看板は倒れてました。

青空がようやく❣️

青空がようやく❣️

青空がようやく❣️

ラスボスの龍ケ岳が見えてきた

ラスボスの龍ケ岳が見えてきた

ラスボスの龍ケ岳が見えてきた

寄り道して三つ石に行ってみた。岩の先にはいけない

寄り道して三つ石に行ってみた。岩の先にはいけない

寄り道して三つ石に行ってみた。岩の先にはいけない

いよいよラスボスの龍ケ岳へ。キツいとの投稿が多いので気合いを入れる

いよいよラスボスの龍ケ岳へ。キツいとの投稿が多いので気合いを入れる

いよいよラスボスの龍ケ岳へ。キツいとの投稿が多いので気合いを入れる

かなりキツい階段の波状攻撃に、動物の気配への怯えを克服して、キャンプ場に到着

かなりキツい階段の波状攻撃に、動物の気配への怯えを克服して、キャンプ場に到着

かなりキツい階段の波状攻撃に、動物の気配への怯えを克服して、キャンプ場に到着

チラチラ見える眺めに励まされる

チラチラ見える眺めに励まされる

チラチラ見える眺めに励まされる

しかし、まだまだ階段が〜

しかし、まだまだ階段が〜

しかし、まだまだ階段が〜

神社を経て

神社を経て

神社を経て

やっと辿り着いた頂上

やっと辿り着いた頂上

やっと辿り着いた頂上

靄ってるけど、島々が浮かぶ穏やかな海がいい

靄ってるけど、島々が浮かぶ穏やかな海がいい

靄ってるけど、島々が浮かぶ穏やかな海がいい

車を止めた場所が下に見える

車を止めた場所が下に見える

車を止めた場所が下に見える

下山道は石がゴロゴロで歩き辛い。ラスト1キロにある御神木?
なんとかゴール。

下山道は石がゴロゴロで歩き辛い。ラスト1キロにある御神木? なんとかゴール。

下山道は石がゴロゴロで歩き辛い。ラスト1キロにある御神木? なんとかゴール。

腹ペコで塩分も欲しくてちゃんぽん食べて帰った。

腹ペコで塩分も欲しくてちゃんぽん食べて帰った。

腹ペコで塩分も欲しくてちゃんぽん食べて帰った。

バッジ頂き〜🤗

バッジ頂き〜🤗

バッジ頂き〜🤗

始発で移動。土日は7時25分のみ。

みんなの投稿を参考に

地域振興センターに駐車してバス停へ

高舞登山口のバスからすぐ登山開始

ショック🤯トイレが使えない‼️

高舞登山の展望台。やや靄ってる

さあ出発。この看板がきっかけになった❗️

枇杷が豊作

この花は何?

しばらく歩くと手作りっぽい展望台が。

過ぎると展望所あり。この道がめちゃくちゃ滑る

低いが山頂

景色は木が邪魔してる

ツツジが迎えてくれる

金比羅神社⛩

地味な山頂。眺望はなし

気持ちいい林道と

階段が交互に現れる。看板も階段表示だ

また展望台

確かに眺めがいい。

白嶽も眺めよし

白嶽の先の目立たない分岐の先に古代遺跡ドルメン。最大級らしい。

神社に導く可愛い看板。矢岳神社は巨石に囲まれている

しめ縄が新しくカッコいい

こんな階段が何度も出てくる

やっと半分かぁ。ここも眺望なし

二弁当峠のトンネル。ちょっと不気味。しかし、この地名は弁当2つ必要なくらいキツいってこと?

また階段表示だよ。でも、ようやく人に会った

あ〜やっぱり九州自然歩道の林道部分ショートカットあるんだ。途中で左手にリボンあったよな。

地蔵峠の地蔵

念珠岳にはやたら咲いていた白い花。名前不明 シライトソウというそうです。へんぼ様ありがとうございます。

念珠岳到着。この登りはなかなかハード。

ご夫婦に撮って頂く。ついでにYAMAPの宣伝をする。

ゆっくりしたいが、先を急ぐ。

必死に自撮り。看板は倒れてました。

青空がようやく❣️

ラスボスの龍ケ岳が見えてきた

寄り道して三つ石に行ってみた。岩の先にはいけない

いよいよラスボスの龍ケ岳へ。キツいとの投稿が多いので気合いを入れる

かなりキツい階段の波状攻撃に、動物の気配への怯えを克服して、キャンプ場に到着

チラチラ見える眺めに励まされる

しかし、まだまだ階段が〜

神社を経て

やっと辿り着いた頂上

靄ってるけど、島々が浮かぶ穏やかな海がいい

車を止めた場所が下に見える

下山道は石がゴロゴロで歩き辛い。ラスト1キロにある御神木? なんとかゴール。

腹ペコで塩分も欲しくてちゃんぽん食べて帰った。

バッジ頂き〜🤗

類似するルートを通った活動日記