作場平~笠取小屋(テント1泊)~古礼山(1日目)/笠取山(2日目)

2015.07.11(土) 08:58 - 2015.07.12(日) 09:40
Wanakurayama, Kasatoriyama, Higashisenba (Yamanashi, Saitama, Nagano)
■コースタイム 【一日目】[作場平]09:15 - 19:45[一休坂分岐]09:45 - 10:30[ヤブ峠]10:40 - 10:55[笠取小屋]11:55 - 12:05[雁峠分岐]12:05 - 12:10[雁坂]12:15 - 12:45[燕山]12:50 - 13:35[古札山]13:50 - 14:25[燕山]14:25 - 14:45[雁坂]14:45 - 14:55[雁峠分岐]14:55 - 15:05[笠取小屋] 【二日目】[笠取小屋]05:35 - 05:45[雁峠分岐]05:45 - 06:15[笠取山]06:25 - 06:50[水干分岐]06:50 - 07:10[雁峠分岐]07:10 - 07:20[笠取小屋]08:40 - 09:17[一休坂分岐]09:17 - 09:40[作場平] ■ルート状況 全体を通して、注意箇所はありますが、特に危険場所として上げるような場所はありませんでした。 登山口からテント場(笠取小屋)まで、2時間足らずで行けるので、テントデビューには持って来いのルートだと思います。 [一日目:晴れ時々曇り] 駐車場は、狭いところも含め数か所あり、結構な台数止めることができます。 土曜日の午前9時ごろに到着したのですが、余裕で止めることができました。 トイレは、登山口の道路を挟んだ反対側にあり、季節がら虫が多かったものの、よく清掃されていました。 登山口からヤブ峠までは、川沿いの道で森の中を淡々と登っていく道になります。 急登や危険場箇所もなく、よく整備されていて気持ちよく歩けます。 ヤブ峠から笠取小屋までは、林道の様な広い道で、笠取小屋に「もう着いたの?」といった感じの距離です。 笠取小屋のテント場は、小屋裏、小屋横、小屋前の三か所に分かれていて、広々としていてよく整備され平らな箇所ばかりといった感じです。水場は、小屋前から約2分。十分の水量がありました。 なお、小屋前の広場のテント設営は、「ほかのテント場が満杯の時のみ」と小屋番の方から説明がありました。笠取小屋~雁坂までは、ハイキング感覚で歩けるコースです。 雁坂~古礼山(これいさん)は、林の中をを淡々とあるきます。若干の上り下りがあるものの、基本緩やかな上りとなります。 古礼山頂上より、手前にある笹原からの展望が最高!です。天気が良ければ南アルプス方面、菩薩嶺方面の展望が楽しめます。 [二日目:晴れ] 笠取山直下の上りは、精神的にグッと迫るような上り坂になります。登りきった場所の西側に南アルプス方面、大菩薩嶺、富士山の展望が楽しめます。 笠取山の頂上は、ここから東側に10分弱歩いたところにあります。 笠取山からの尾根から水干分岐への下りは、急坂で滑り落ちそうな下りになります。水干分岐~笠取小屋までは、ハイキングコースなみによく整備された道になります。 途中、多摩川原水の水干横を通ります。今回は、梅雨時だったので「多摩川の最初の一滴」を見ることができました。 笠取小屋~作場平は、一休坂経由で下山しました。「急坂」、「下山向き」との案内版での説明がありましたが、説明程の急坂はなく、登りで使用されている登山者にも会いました。 上りのルートと同様、よく整備されていて、歩きやすいコースでした。

写真

笠取山から雁坂峠方面の展望

笠取山から雁坂峠方面の展望

作場平駐車場

作場平駐車場

作場平登山口(反対側にトイレあり)

作場平登山口(反対側にトイレあり)

登山道1

登山道1

新緑と空

新緑と空

ヤブ沢峠

ヤブ沢峠

笠取小屋(奥の小屋がトイレ)

笠取小屋(奥の小屋がトイレ)

笠取小屋テント場

笠取小屋テント場

燕山(つばくらやま)

燕山(つばくらやま)

古礼山頂上

古礼山頂上

古礼山頂上直下のベンチと鹿の角

古礼山頂上直下のベンチと鹿の角

小さな分水嶺

小さな分水嶺

笠取山から大菩薩嶺方面と富士山

笠取山から大菩薩嶺方面と富士山

水干

水干

一休坂分岐

一休坂分岐

道具リスト

  • レインダンサー ジャケット

    mont-bell

  • レインダンサー ジャケット

    mont-bell

  • ソラノ パンツ

    finetrack

  • Exponent アルミ トレッキングポール

    その他

  • 登山靴

    AKU

  • MILLET MARKHAM 60 + 20 MIS0490 3332 (INK)

    MILLET

  • EPI REVO-3700ストーブ

    その他

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。