愛や大奧岩小大前箱五ニ女戸・楯の14座😊

2021.05.23(日) 日帰り

活動データ

タイム

08:18

距離

26.0km

上り

1951m

下り

1952m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 18
休憩時間
59
距離
26.0 km
上り / 下り
1951 / 1952 m
4
18
1
44
13
6
28
6
18
14
49
2
1 18
31

活動詳細

すべて見る

 曇天かつ小雨予報😓。それならば眺望がなくても楽しめそうな長袋・白沢・戸神山・楯山周回に挑戦👊 1.コース・ピーク  14座、向泉寺からスタート→愛宕山(初)やけ山(初)大旗山(初)奧大旗山(初)岩垂山(2)小塚山(2)大森山(2)前山(2)箱倉山(2)五郎山(2)二ノ輪山(初)女戸神山(3)戸神山(3)楯山(初)の周回 2.駐車場  向泉寺駐車場🅿️  ※許可の有無は不明、参拝済😓 3.眺望  戸神山と楯山以外は木々の間のみ😣 4.登山道  奥大旗山の前後、ニノ輪山から道路に向かう道が不明瞭でYAMAP軌跡のありがたみを改めて実感😉 5.すれ違い  0名

白沢五山(五ツ森) 向泉寺と愛宕山
以下、写真右下の境内にある案内板より(読み飛ばし推奨😅)
平清盛の子、重盛を小松内府という。重盛公は平和祈願のため、中国の歌山に黄金を寄進した。秋山寺はこの喜捨と信仰に対し阿弥陀如来像および画像を重盛公に贈った。平安時代に栄華を誇った平氏一門は坂ノ浦の戦いに破れた後、落人となり安住の地を求めて各地の山奥に逃げのびた。重盛公の孫、祖父の崇敬のあつかった阿弥陀如来像と画像を守って、従臣平貞能と主従十数名で山伏姿に身をやつし、北陸から奥羽山脈を越え秋採郷にたどりついた。 長基の子基盛は居を長袋に構え基盛の子俊盛は小松寺を創建し、阿弥陀如来を奉祀した。重盛公の小松内府にちなんで小松如来という。 老臣平貞能はさらに画像を奉持して宮城町大倉に移り名を定義と改めた。現在の西方寺を定義如来と称するのはこのためである。 重盛公の子孫が、秋保氏を称するようになったのは七代盛定のときで十七代秋保勝のときに小松寺を向泉寺 に改めた。秋保氏は中世以来、秋保の里に居館をもち、江戸時代には仙台藩の御一家に列せられ知行高千石を領有。
向泉寺と愛宕山 以下、写真右下の境内にある案内板より(読み飛ばし推奨😅) 平清盛の子、重盛を小松内府という。重盛公は平和祈願のため、中国の歌山に黄金を寄進した。秋山寺はこの喜捨と信仰に対し阿弥陀如来像および画像を重盛公に贈った。平安時代に栄華を誇った平氏一門は坂ノ浦の戦いに破れた後、落人となり安住の地を求めて各地の山奥に逃げのびた。重盛公の孫、祖父の崇敬のあつかった阿弥陀如来像と画像を守って、従臣平貞能と主従十数名で山伏姿に身をやつし、北陸から奥羽山脈を越え秋採郷にたどりついた。 長基の子基盛は居を長袋に構え基盛の子俊盛は小松寺を創建し、阿弥陀如来を奉祀した。重盛公の小松内府にちなんで小松如来という。 老臣平貞能はさらに画像を奉持して宮城町大倉に移り名を定義と改めた。現在の西方寺を定義如来と称するのはこのためである。 重盛公の子孫が、秋保氏を称するようになったのは七代盛定のときで十七代秋保勝のときに小松寺を向泉寺 に改めた。秋保氏は中世以来、秋保の里に居館をもち、江戸時代には仙台藩の御一家に列せられ知行高千石を領有。
白沢五山(五ツ森) やけ山と大旗山は掲載省略
奥大旗山から白沢五山の五郎峠迄はこんな感じ😓
やけ山と大旗山は掲載省略 奥大旗山から白沢五山の五郎峠迄はこんな感じ😓
白沢五山(五ツ森) 岩垂山、小塚山、大森山の山頂は似たような雰囲気。小塚山手前に結構な笹藪があるも道は判断可能。梅雨以降は…😣
岩垂山、小塚山、大森山の山頂は似たような雰囲気。小塚山手前に結構な笹藪があるも道は判断可能。梅雨以降は…😣
白沢五山(五ツ森) 前山標識はYAMAPピークより奥にあり😲
前山標識はYAMAPピークより奥にあり😲
白沢五山(五ツ森) 箱倉山、反対側から下山検討も道が不明瞭によりピストン
ゴロ山、ニノ輪山は掲載省略
箱倉山、反対側から下山検討も道が不明瞭によりピストン ゴロ山、ニノ輪山は掲載省略
白沢五山(五ツ森) お花は全体的に少なめ、ほぼ緑の世界
お花は全体的に少なめ、ほぼ緑の世界
白沢五山(五ツ森) 戸神山登山道、白い山肌と標識の多さがが特徴的😊
戸神山登山道、白い山肌と標識の多さがが特徴的😊
白沢五山(五ツ森) 戸神山山頂より
女戸神山は眺望なし
戸神山山頂より 女戸神山は眺望なし
白沢五山(五ツ森) 今回唯一の自撮り😉
雨露と汗💦と泥濘で全身びっしょり😫
今回唯一の自撮り😉 雨露と汗💦と泥濘で全身びっしょり😫
白沢五山(五ツ森) マルバダケブキ(丸葉岳蕗)の群生
https://www.ootk.net/cgi/shikihtml_s/shiki_1236.htm
マルバダケブキ(丸葉岳蕗)の群生 https://www.ootk.net/cgi/shikihtml_s/shiki_1236.htm
白沢五山(五ツ森) 楯山山頂から戸神山、長袋方面の眺望もあり😉。登山口に駐車場数台分あり、登りはつづら折りでわりと急。
楯山の説明文より(読み飛ばし推奨)
楯山城址、この城は秋保家五代小松基盛氏によって構築されたものといわれ、その後一八代秋保弾正忠直盛氏まで実に三百年間に亘り居城となったものであります。 山頂には本丸・二の丸・物見・堀形 の遺構が残っております。当時は秋保五ヶ村に割拠する一族と連携しながら、土地領民を包括的に支配していく上での拠点となる砦であったのです。
楯山山頂から戸神山、長袋方面の眺望もあり😉。登山口に駐車場数台分あり、登りはつづら折りでわりと急。 楯山の説明文より(読み飛ばし推奨) 楯山城址、この城は秋保家五代小松基盛氏によって構築されたものといわれ、その後一八代秋保弾正忠直盛氏まで実に三百年間に亘り居城となったものであります。 山頂には本丸・二の丸・物見・堀形 の遺構が残っております。当時は秋保五ヶ村に割拠する一族と連携しながら、土地領民を包括的に支配していく上での拠点となる砦であったのです。
白沢五山(五ツ森) 名取川 秋保町長袋・館下橋付近
名取川 秋保町長袋・館下橋付近

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。