御鉢・高千穂峰(霧島山)

2021.05.23(日) 日帰り

活動データ

タイム

04:06

距離

5.2km

上り

637m

下り

637m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 6
休憩時間
55
距離
5.2 km
上り / 下り
637 / 637 m

活動詳細

すべて見る

本日は7時40分ほどに高千穂ビジターセンター登山口より高千穂峰を目指し出発。 天気は快晴、最低気温15度、最高気温26度の予想。 なんと本日1番の痛恨のミステイクは登山靴忘れ。。。幸いにもトレランのシューズを履いてきたのが不幸中の幸いでした。 朝は少し肌寒くしてスタート。序盤は石段から始まり15分ほど登ると砂利に変わりました。ここがなかなか砂浜みたいに足を取られて進まない進まない。 しばらく登ると溶岩石のような地形に変わる、ところどころにミヤマキリシマが咲きほこってててきれいでした。 スタートから1時間ほど歩くと御鉢噴火口が眼下に見えてとても素晴らしい眺め。樹木の遮る物がなくなって風が結構吹いてました。 とにかくこの日は天気がよく暑かったけれど風が吹くと心地よいほどの爽快感に包まれました。 ミヤマキリシマは2分咲きとのことでしたが気候のタイミングとしてはこの時期に行くのはバッチリでした。 御鉢噴火口が見えて稜線を少し歩くととすぐ高千穂峰のピークが見えます。 そこから1時間しないくらいでピーク到着。てっぺんは360度回れるような地形でぐるりと見渡せます。 ピーク到着まで片道2時間ちょっとでした。初級〜中級者レベルの認識でよいと思います。 気をつけるのは下山時がかなり足場が悪く滑りやすいため最新の注意を払いながら降りて行ったほうが良いです。 気をつけてても3回くらいコケました。。。 また、日陰がかなり少ないので休憩は日陰があったらその都度とった方が良いと思います。 まだ10個ほどの山しか登ってませんが、気候とロケーション共に私の中でナンバーワンの山でした。本日もおつかれ山でした。 さてさて次回は阿蘇の中岳、高岳予定です。ワクワク♪

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。