富士山 須走コース

2015.07.11(土) 06:30 - 2015.07.11(土) 16:59
Fujisan (Yamanashi, Shizuoka)
スタート押し忘れで15分後位に押しました。 新潟を金曜9時に出ました。金曜からマイカー規制が始まったため、道の駅すばしり近くのマイカー規制駐車場に1時に着きました。 5時始発のシャトルバスに乗りたいため4時起床。しかし、車では思うように寝付けず、やっと眠り出したころに目覚ましが鳴り、動けませんでした。結局2番目の5時半のシャトルで須走登山口へ向かいます。 登山口に着くと雲ひとつない青空で富士山がお出迎えしてくれました。睡眠不足ですが、体の調子はまずまずといったところ。今回はご来光登山ではなく、あくまで日帰り登山のため、シャトル最終の夜9時15分までに下山するつもりで考えたらたっぷりすぎる時間がありました。 じつに須走コース空いてました。正直びっくりです。たっぷりあるシャトル駐車場も半分も埋まってない。それが、8合目吉田口と合流で一気に人が増えるのです。そして、吉田からのトレラン者の数といったら半端じゃあないんです。今日は何かイベントでもあったのでしょうか。 なんだか今日は調子が良い。クライマーズハイ、ランナーズハイそんな感じで8合目以降の方が軽く足が出ます。そして1時に山頂に着けました。予定通りです。 今回は3年前に霧と強風で全く見えなかった山頂お鉢巡りも目的の一つで途中浅間大社奥宮、剣ヶ峰の時計回りで一周しました。 3時下山開始。やはり8合目まで砂利の下山道は吉田の人と一緒で、混んでます。スパッツ、マスクは忘れてはなりません。こんな晴れた日は砂ぼこりが半端ないです。 砂利走りから砂走に6合目以降かわります。五頭山、二王子、粟ヶ岳、守門と春の新潟の山の雪走りと同じ感触で楽しい。 そしてわたしの下山はトレラン者に負けたくない気持ちが出てしまい、2時間で下山出来ました。 帰りのお風呂は道の駅すばしり近くの天恵さんです。6時以降の入館で1000円でした。使用しませんでしたが、広目の仮眠室ありました。

写真

ふじあざみラインマイカー規制駐車場より
5時

ふじあざみラインマイカー規制駐車場より 5時

ふじあざみラインシャトルバス発着場
6時

ふじあざみラインシャトルバス発着場 6時

須走口登山口
6時15分

須走口登山口 6時15分

入山料徴収場(富士山保全協力金)
バッチとガイドブックもらいました。
須走はバッチが赤でした。

入山料徴収場(富士山保全協力金) バッチとガイドブックもらいました。 須走はバッチが赤でした。

しばらく樹林帯を歩けます

しばらく樹林帯を歩けます

さっそく一軒目の吉野屋さんで休憩です
凍らせたチュウチュウアイスで生き返った

さっそく一軒目の吉野屋さんで休憩です 凍らせたチュウチュウアイスで生き返った

天気がいいから布団干し

天気がいいから布団干し

下は雲が沸いてきた

下は雲が沸いてきた

次の山小屋を目標に一歩一歩進みます

次の山小屋を目標に一歩一歩進みます

まだまだ8合目は遠い

まだまだ8合目は遠い

9合目までようやく来た!

9合目までようやく来た!

須走、吉田口側山頂

須走、吉田口側山頂

もちろん、最高峰の剣ヶ峯目指します

もちろん、最高峰の剣ヶ峯目指します

写真は並んでとります
でも、ご来光直後とは違うので空いてます

写真は並んでとります でも、ご来光直後とは違うので空いてます

最高峰からの眺め

最高峰からの眺め

お鉢めぐりもぐるり一周だあ

お鉢めぐりもぐるり一周だあ

向こうの山がどこの山か分かるようになりたい。

向こうの山がどこの山か分かるようになりたい。

みなさんがんばって

みなさんがんばって

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。