比叡山とガーデンミュージアム

2015.07.11(土) 12:06 - 2015.07.11(土) 17:14
京都市の北東に位置する比叡山は、平安京の鬼門の守護として建立された延暦寺で有名な山です。 今日は、暑さでバテましたが、山頂のガーデンミュージアムを訪ねる事が出来て良かったです。 山頂へは、ドライブウェイやケーブルカーとロープウェイでも行くことが出来ます。 ガーデンミュージアムは、フランス風庭園と印象派の絵画を組合せた、珍しいタイプのミュージアムです。 絵画は陶板のレプリカで、屋外に展示され、ガーデンオブジェとなっています。モネ、ルノワール、ゴッホ等誰もがよく知る巨匠の名画が、色とりどりの花畑に飾られています。 少し優雅な気持ちになりました。 比叡山の山頂は、ミュージアムのすぐ隣の小高い山の上でしたが、こちらは眺望も無い殺風景な所でした。 登山道は普通です。 トレランする人が多かったかな。 エスケープルートがあるので、初心者やファミリーにもお薦めの山です。 昔は、籠をかついで登っていたと言う写真がありました。凄い!

写真

叡山電鉄 修学院駅をスタート

叡山電鉄 修学院駅をスタート

中央が目指す比叡山です。

中央が目指す比叡山です。

音羽川沿いを行きます

音羽川沿いを行きます

きららはしを渡ります。

きららはしを渡ります。

ここから登山道に入ります。

ここから登山道に入ります。

小さな道標が案内してくれます。

小さな道標が案内してくれます。

きらら坂城跡。何もないけど、少し平地で休憩ポイント。

きらら坂城跡。何もないけど、少し平地で休憩ポイント。

尾根道は平たく整備されています

尾根道は平たく整備されています

トレランの人

トレランの人

別れ道。

別れ道。

旧ルートを行きます

旧ルートを行きます

ケーブル比叡駅に到着しました。

ケーブル比叡駅に到着しました。

ここでやっと京都市内の眺望が見れました

ここでやっと京都市内の眺望が見れました

ロープウェイ比叡駅は、ケーブルカー駅隣にあります。

ロープウェイ比叡駅は、ケーブルカー駅隣にあります。

ロープウェイの下を潜ります。

ロープウェイの下を潜ります。

ここから、山頂まで林道が続きます。

ここから、山頂まで林道が続きます。

途中、蛇ヶ池人工スキー場跡があります。

途中、蛇ヶ池人工スキー場跡があります。

山頂少し手前、ガーデンミュージアム比叡に到着

山頂少し手前、ガーデンミュージアム比叡に到着

ミュージアム内。園内は、山頂の起伏に合わせて高低さがあります。

ミュージアム内。園内は、山頂の起伏に合わせて高低さがあります。

名画の陶板 バラ園内

名画の陶板 バラ園内

蓮の池 フランス庭園風

蓮の池 フランス庭園風

滋賀県側の琵琶湖の眺望です

滋賀県側の琵琶湖の眺望です

ドライブウェイ駐車場を横切ります。

ドライブウェイ駐車場を横切ります。

山頂です。848m

山頂です。848m

一等三角点。眺望無しです。

一等三角点。眺望無しです。

つつじヶ丘より大原方面

つつじヶ丘より大原方面

ロープウェイ比叡駅では、かわらけ投げで運試し。3枚100円

ロープウェイ比叡駅では、かわらけ投げで運試し。3枚100円

ケーブルカー駅舎内の写真展。その昔は籠をかついで登っていたそうです。ケーブルカーの難工事の様子。

ケーブルカー駅舎内の写真展。その昔は籠をかついで登っていたそうです。ケーブルカーの難工事の様子。

開業90年のケーブルカー。戦前の初代車両、かっこいいです。

開業90年のケーブルカー。戦前の初代車両、かっこいいです。

昔、行楽の少なかった時代の山頂は、「パラダイス」でした。

昔、行楽の少なかった時代の山頂は、「パラダイス」でした。

比叡山ビューポイントから見た京都市内の眺望

比叡山ビューポイントから見た京都市内の眺望

帰りは、新ルート経由で下ります。

帰りは、新ルート経由で下ります。

今日も無事、下山しました。

今日も無事、下山しました。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。