氷ノ山、登り仙谷コース→下り氷ノ越コース。周回ルート。

2015.07.11(土) 10:56 - 2015.07.11(土) 14:53
前々から来てみたかった氷ノ山に訪問。 先週扇ノ山から氷ノ山を見てさらに来てみたくなり来てみた。 本当なら三ノ丸コースという一番長いルートで登りたかったのだが 車での道中にて道を間違えて時間ロスしたため 仙谷コースにて登り、下りは氷ノ越コースで行くことにした。 仙谷コースは中級から上級コースとなっているが、それは沢づたいに登っていくため足場がよく滑り ちょっとこけるだけで大怪我になる可能性があるからだと思う。 今日はきまぐれでストックを持たずに登ったのだが非常に足がびくびくした。 こんなに違うものなのか… 仙谷と氷ノ越の合流地点から人がどっと増えた。伯耆大山並に人がいた。どうも人気の山らしい。 本当なら山頂から先週登った扇ノ山を見たかったのだがガスで何も見えなかったのが残念である。 気温は標高が高いわりに山頂でも27℃くらいあったような気がする。

写真

ふれあい館専用駐車場。ここに駐車させてもらった。

ふれあい館専用駐車場。ここに駐車させてもらった。

駐車場から南のスキー場のほうへ歩いていくと仙谷登山道入口。

駐車場から南のスキー場のほうへ歩いていくと仙谷登山道入口。

入口にある地図。

入口にある地図。

スキー場横に出る。

スキー場横に出る。

熊注意。那岐山、後山にも出るので今更驚かない。

熊注意。那岐山、後山にも出るので今更驚かない。

仙谷登山道は狭い。

仙谷登山道は狭い。

かずら坂もある。

かずら坂もある。

階段はあるが急登。しかも階段崩れかけ。

階段はあるが急登。しかも階段崩れかけ。

沢に沿って登っていくことになる。滑って結構危険。

沢に沿って登っていくことになる。滑って結構危険。

鎖場は3箇所ある。もちろん滑る。

鎖場は3箇所ある。もちろん滑る。

沢道を抜けるとブナの森+笹の道。

沢道を抜けるとブナの森+笹の道。

氷ノ越登山道との合流点。ここから人がどっと増える。

氷ノ越登山道との合流点。ここから人がどっと増える。

伯耆大山の夏山登山道のようだ。

伯耆大山の夏山登山道のようだ。

なんちゃら岩。

なんちゃら岩。

山の神様蔵王権現は霧を吐き雲を作るという。

山の神様蔵王権現は霧を吐き雲を作るという。

この辺りから最後まで整備された階段が続く。

この辺りから最後まで整備された階段が続く。

森林限界である。拓けている。

森林限界である。拓けている。

目の前を雲が流れているのが見える。ここから雲の中だ。

目の前を雲が流れているのが見える。ここから雲の中だ。

山頂到着。山頂避難小屋はなぜかドアが硬いのか開かない。

山頂到着。山頂避難小屋はなぜかドアが硬いのか開かない。

山頂にある…なんだこれ。

山頂にある…なんだこれ。

この先に先週登った扇ノ山があるのだが何も見えない。

この先に先週登った扇ノ山があるのだが何も見えない。

山頂から10mほど離れたところに展望台とトイレ

山頂から10mほど離れたところに展望台とトイレ

展望台から見た景色。

展望台から見た景色。

帰りは氷ノ越コース。尾根歩きになる。

帰りは氷ノ越コース。尾根歩きになる。

扇ノ山でも見た気がする。木道。

扇ノ山でも見た気がする。木道。

氷ノ越避難小屋だ。

氷ノ越避難小屋だ。

ぶん廻しコースと氷ノ越コース登山口への分岐。

ぶん廻しコースと氷ノ越コース登山口への分岐。

登山口までは階段や整備された道の下り一辺倒。

登山口までは階段や整備された道の下り一辺倒。

沢と一緒になってしまった登山道もある。

沢と一緒になってしまった登山道もある。

ここの分岐は迷ったが町道登山口、が正解。

ここの分岐は迷ったが町道登山口、が正解。

氷ノ越コース登山口到着。

氷ノ越コース登山口到着。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。