雨飾山_晴々

2015.07.11(土) 05:45 - 2015.07.11(土) 11:55
 ひと月振りの山行で、雨飾山へ。  10数年振りに訪れましたが、今までの何度かは晴天の記憶がない山でした。 雨飾山は2,000mに満たない山ですが、ブナの原生林、雪渓、高山花や岩稜と、登山道にもストーリーがある山です。ただ、ハードユースのためか、登山道も所々拡がっていて、時期には渋滞もあり、長らく足が遠のいていました。  朝5時過ぎに小谷温泉山田旅館先まで来たところで、県道川尻小谷糸魚川線が道路一部崩落のため夜間通行止めの表示と車止めチェーン。見ると19時から7時の夜間通行規制の告知。  下調べ不足で1時間半待つか?と暫し思案していると、20分程した頃、富山ナンバー軽トラのおじさんが現れ、開錠してくれました。 確かに雨飾キャンプ場まで何箇所か路肩の一部崩落、損壊していて、復旧工事中。 因みに、雨飾荘から妙高方面へ抜ける、林道妙高小谷線は雨飾荘から終日全面通行止めです。  おかげさまで、ほぼ予定通りに出発。ここは山頂まで400m毎に標識が11箇所あり、距離の目安になります。 荒菅沢にはさすが豪雪地帯の山、この時期でもまだ雪渓があり量も豊富。雪渓の先に聳える布団菱の岩峰が青空に映えます。 沢からの急登で標高上げて県境の頂稜に近づくと、右手には金山越しに焼山の山頂部が現れます。 金山からの茂倉尾根と合流して平原の笹平、もうひと登りで山頂、石祠のある北峰と三角点のある南峰に到着。 山頂から眺めると、糸魚川の街と日本海までの距離は僅か。地理的にも、日本海からの気流がぶつかり雨雪が多いということが納得できる距離感。  昼飯は今日も夏の定番、凍らせたペットボトルで保冷したコンビニ製冷し中華。まだ空いていた山頂で1時間半ばかりのんびり過ごし下山。その頃から登ってくる登山者増えてきました。  暑くも寒くもない山頂で、眺望楽しみながら時間を気にせずゆっくり過ごすのも、また良いものです。

写真

朝6時のキャンプ場駐車場

朝6時のキャンプ場駐車場

登山口

登山口

荒菅沢手前で布団菱方面の展望開けます

荒菅沢手前で布団菱方面の展望開けます

荒菅沢 残雪たっぷり

荒菅沢 残雪たっぷり

左 高妻山 手前 堂津岳

左 高妻山 手前 堂津岳

県境頂稜手前の急登

県境頂稜手前の急登

タカネニガナ

タカネニガナ

あと800m

あと800m

オオバギボウシ

オオバギボウシ

タテヤマウツボグサ

タテヤマウツボグサ

グンナイフウロ

グンナイフウロ

北峰から南峰 石祠は糸魚川方面に向いています

北峰から南峰 石祠は糸魚川方面に向いています

笹平

笹平

焼山・火打と金山からの茂倉尾根 昔この尾根縦走した時は蛇と熊糞と雨の辛い記憶です

焼山・火打と金山からの茂倉尾根 昔この尾根縦走した時は蛇と熊糞と雨の辛い記憶です

槍も見えます

槍も見えます

鹿島槍、五竜、爺ヶ岳

鹿島槍、五竜、爺ヶ岳

白馬三山と小蓮華、白馬乗鞍

白馬三山と小蓮華、白馬乗鞍

雪倉、朝日

雪倉、朝日

青海黒姫ですね

青海黒姫ですね

糸魚川市方面と右は駒ヶ岳

糸魚川市方面と右は駒ヶ岳

姫川河口と日本海

姫川河口と日本海

鋸岳 鬼ヶ面ですかね 険しい山塊ですね 奥は鉾ヶ岳?

鋸岳 鬼ヶ面ですかね 険しい山塊ですね 奥は鉾ヶ岳?

汗かいた後の何とも言えない酸味、沁み渡ります

汗かいた後の何とも言えない酸味、沁み渡ります

ミネウスユキソウ

ミネウスユキソウ

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ

マイヅルソウとコイワカガミ

マイヅルソウとコイワカガミ

サンヨウカ

サンヨウカ

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。