アメニモマケズ其の二

2015.07.09(木) 04:25 - 2015.07.09(木) 13:56
Kitadake, Ainodake (Yamanashi, Nagano)
あぃ。お山です。 前日、白根御池小屋でテン泊。幸い、まだ雨は降ってない模様。 そそくさと準備をしていざ、出発‼️ 今日は北岳からの間ノ岳、3000mの稜線を満喫し、16時(バスの時間😱)には下山‼️というハードスケジュール。 出発していきなりの急登。ひいひぃ言いながら登ると雨が😓😓 そこからは、前日同様レインウェア様のお出番です。肩の小屋に着く頃には洋服の中は汗でグチャグチャ。 しかも稜線に出ると雨+風😱😱 風雨と霧、視界が開けない中、なんとか北岳山頂。日本第2位の高峰に立つも、感動も絶景も無く5分で移動開始。 次は3000mの稜線を歩いて間ノ岳へ。 きっと、晴れてたら富士山やらアルプスの山並みやら見えて最高なんだろうなぁ〜と思いながら、ひたすら風雨に耐えながら歩く😩寒い。寒いよ‼️これは苦行ですな。 濃霧で道を間違えないよう注意しながらなんとか間ノ岳到着。 ここでも滞在5分。そそくさとテント場へ。 帰りは8本歯のコルから大樺沢経由。 濡れた急な階段やガレ場、雪渓などバリエーション豊富なとこを急いで降りる。途中、霧で周りが見えなくて道を間違えそうになったもののなんとかテント場到着。 この時点で心身ボロボロでしたが、頑張れば予定より早いバスに乗れるのでは‼️とテンションMAX‼️1時間で下山。 もうダメっす・・・ ボロボロになりながらもなんとかやり遂げ、帰路につきましたとさ。。 今回の梅雨時期テン泊登山。雨の日のリスクをイヤってほど味わい、また一つ成長できました。 もう雨の日の登山は嫌だけど、きっと行くんだろうなぁ〜と思いながら今回の失敗を教訓に一人前の山ヤ目指して頑張ろうと思います。 最後に一言。 山をナメるな‼️無事下山‼️

写真

急登な草すべり

急登な草すべり

草すべりからの薬師岳。
この時点ではまた雨は降らず。

草すべりからの薬師岳。 この時点ではまた雨は降らず。

肩の小屋。
この時点では風雨、霧ともに凄い。。

肩の小屋。 この時点では風雨、霧ともに凄い。。

北岳山頂直下。
あと少し!

北岳山頂直下。 あと少し!

念願の北岳‼️
が、何も見えないのです。

念願の北岳‼️ が、何も見えないのです。

中白峰山。
ここの登りがキツかった😱😱

中白峰山。 ここの登りがキツかった😱😱

やっと着いたよ!間ノ岳。
ここでも景色が見えない😓

やっと着いたよ!間ノ岳。 ここでも景色が見えない😓

3000mの稜線歩きはひたすら霧の中。残念。

3000mの稜線歩きはひたすら霧の中。残念。

これも、見てみたかった北岳の固有種、キタダケソウ。
ソックリの花がいっぱいあって悩んだけど、教えてもらったから間違い無し?

これも、見てみたかった北岳の固有種、キタダケソウ。 ソックリの花がいっぱいあって悩んだけど、教えてもらったから間違い無し?

北岳山荘からのトラバース。
右は断崖、左は絶壁。

北岳山荘からのトラバース。 右は断崖、左は絶壁。

8本歯のコル。

8本歯のコル。

北岳バットレス。
いつかは来たい‼️

北岳バットレス。 いつかは来たい‼️

大樺沢の絶景。
目標のポールが所々にあるけど霧で見失う危険性あり‼️
足跡を見るとアイゼンをしてない人多数。危険ですのでアイゼンを履きましょう。

大樺沢の絶景。 目標のポールが所々にあるけど霧で見失う危険性あり‼️ 足跡を見るとアイゼンをしてない人多数。危険ですのでアイゼンを履きましょう。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。