210503-4_源氏岳(続ぎふ百山)

2021.05.03(月) 日帰り

 4座目は、旧清見村と高山市に跨る“源氏岳”です。駐車地点から約300m北上して西へ延びる未舗装林道へ(チェーンゲートあり)。地図に記載のない建設中の林道との分岐があるので注意しながら進みます。林道を離れ高圧線鉄塔の巡視路を進み、最後は山頂からの主尾根に取り付くと背丈以上ですが、それほど濃くない笹やぶゾーンとなります。赤マークと踏み跡を登りつめれば山頂です。この山も眺望は良くないです。又、三角点の表示白杭が朽ちて倒れていたので、同行者が打ち込み直しました。雲行きが怪しいので、早々にピストンルートで下山しました。車に到着し、靴を履き替えている時にパラパラし始め、グッドタイミングでした。自身初の4座/DAYの収穫でした。この山でも山中で出会った人はゼロでした。翌日に備え、宿泊地で密をさけて充電しました。 (よろしければ、写真のキャプションも見てください) 【アクセス】 1.せせらぎ街道から林道 今谷~越後線へ。 2.高山市内R41 西之一色町南交差点を西へ。 ふるさと林道の起点(終点?)の空き地に駐車可。 【登山道】 YAMAP地図:飛騨市・高山市 林道→鉄塔巡視路→笹やぶ(踏み跡、コースサインあり) 巡視路からの分岐点の木に「ゲンジ→」の刻印あり。一般登山道ではない。 【その他】 WC:登山口付近、山中には無し。 コンビニ:登山口付近には無し。早めの調達を。

今谷~越後林道の起点?終点?のスペースに駐車

今谷~越後林道の起点?終点?のスペースに駐車

今谷~越後林道の起点?終点?のスペースに駐車

数百m北上し、西側に林道ゲート

数百m北上し、西側に林道ゲート

数百m北上し、西側に林道ゲート

右へ

右へ

右へ(左のルートは地図に記載なく、最近できた林道?)

右へ(左のルートは地図に記載なく、最近できた林道?)

右へ(左のルートは地図に記載なく、最近できた林道?)

巡視路標識:15方面へ

巡視路標識:15方面へ

巡視路標識:15方面へ

歩きやすい

歩きやすい

歩きやすい

16方面へ

16方面へ

16方面へ

木に赤ペンキのサインあり

木に赤ペンキのサインあり

木に赤ペンキのサインあり

ここから笹ゾーンへ。木に「ゲンジ→」と刻まれていた

ここから笹ゾーンへ。木に「ゲンジ→」と刻まれていた

ここから笹ゾーンへ。木に「ゲンジ→」と刻まれていた

それほど濃くない笹藪(主観)

それほど濃くない笹藪(主観)

それほど濃くない笹藪(主観)

山頂到着

山頂到着

山頂到着

二等三角点

二等三角点

二等三角点

ここも角点表示杭が倒れていたので同行者が打ち込んで補修。

ここも角点表示杭が倒れていたので同行者が打ち込んで補修。

ここも角点表示杭が倒れていたので同行者が打ち込んで補修。

高山市街地が見えた。雲が多く、雨の予感。

高山市街地が見えた。雲が多く、雨の予感。

高山市街地が見えた。雲が多く、雨の予感。

山頂全貌。雨が降る前に下山します。

山頂全貌。雨が降る前に下山します。

山頂全貌。雨が降る前に下山します。

少ないピンクテープを目印に尾根を南下。

少ないピンクテープを目印に尾根を南下。

少ないピンクテープを目印に尾根を南下。

鉄塔まで少し足を延ばします

鉄塔まで少し足を延ばします

鉄塔まで少し足を延ばします

アンテナ群の山 → 船山が見えました

アンテナ群の山 → 船山が見えました

アンテナ群の山 → 船山が見えました

怪しい雲行き

怪しい雲行き

怪しい雲行き

パラパラしてきましたが、本降りになる前にGOALできました。

パラパラしてきましたが、本降りになる前にGOALできました。

パラパラしてきましたが、本降りになる前にGOALできました。

今谷~越後林道の起点?終点?のスペースに駐車

数百m北上し、西側に林道ゲート

右へ

右へ(左のルートは地図に記載なく、最近できた林道?)

巡視路標識:15方面へ

歩きやすい

16方面へ

木に赤ペンキのサインあり

ここから笹ゾーンへ。木に「ゲンジ→」と刻まれていた

それほど濃くない笹藪(主観)

山頂到着

二等三角点

ここも角点表示杭が倒れていたので同行者が打ち込んで補修。

高山市街地が見えた。雲が多く、雨の予感。

山頂全貌。雨が降る前に下山します。

少ないピンクテープを目印に尾根を南下。

鉄塔まで少し足を延ばします

アンテナ群の山 → 船山が見えました

怪しい雲行き

パラパラしてきましたが、本降りになる前にGOALできました。

類似するルートを通った活動日記