谷川岳(天神平~熊穴沢避難小屋~肩ノ小屋~天狗の留まり場~トマの耳~オキの耳 折り返し)

2015.07.05(日) 05:30 - 2015.07.05(日) 12:58
7月5日谷川岳の山開きに合わせた臨時快速(谷川岳山開き号)にて土合へ 23時34分上野発~3時10分土合着 土合駅にて豚汁のおもてなしがありました。 豚汁を頂き、トイレを済ませ、準備を整えた時には既に4時過ぎ。 4時から安全祈願と山開きの行事がるので早歩きで会場へ。 土合霊園地で安全祈願祭を10分程見ていたところ、 また雨が降り出したので、もう行こうとなりました。 ロープウェイは山開きに合わせ5時からの営業ですが、 チケット売り場にはすでに長い列が。 最後尾に並び、5時を待ちます。 ロープウェイを下りた時には雨は上がっていました。 写真を撮り、いよいよスタートです。 最初のうちは木道・木段が続きます。 雨上がりなので滑ります。 避難小屋までは特に苦もなく登れましたが、 近くで話していたおじさんの“ここからが登山だよ”という言葉が・・・ 確かに避難小屋からは急な岩場が続き、きつかったです。 天狗の留まり場からの景色は最高!! 今まで歩いてきた道が一望できます。 雪渓の横を通り、肩ノ小屋へ。 ここまでくれば山頂はもうすぐ。 10分ほどでトマの耳へ着きました。 最終目的地であるオキの耳へ向かいます。 先が見えているので、気楽にのんびり歩きます。 後は折り返して天神平に戻りました。 花が多く咲いているので、楽しく歩けました。 天気予報が嘘のように、たまに日が差す一日でした。 ※帰りのロープウェイから小熊を発見。  ゴンドラの中の9人大興奮でした。 ※何度かGPSがうまく働かないことがあり、  その部分の軌跡が直線になっています。

写真

臨時快速の文字が光って見えない

臨時快速の文字が光って見えない

上野で撮り忘れて大宮で

上野で撮り忘れて大宮で

土合駅はトンネルがずっと続きます

土合駅はトンネルがずっと続きます

大勢でお迎えして貰いました

大勢でお迎えして貰いました

地上まで462+24段

地上まで462+24段

長い階段です

長い階段です

連絡通路の両脇にキャンドル

連絡通路の両脇にキャンドル

最上段の486段目

最上段の486段目

ロープウェイに向かう道には篝火

ロープウェイに向かう道には篝火

土合霊園地にて安全祈願やってました

土合霊園地にて安全祈願やってました

ロープウェイに乗ります

ロープウェイに乗ります

雨は上がってました

雨は上がってました

リフトの横から登っていきます

リフトの横から登っていきます

雨上がりでどろどろの道

雨上がりでどろどろの道

熊穴沢小屋方面へ

熊穴沢小屋方面へ

谷川岳山頂を目指して

谷川岳山頂を目指して

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

山頂方面へ

山頂方面へ

鎖場

鎖場

熊穴沢避難小屋

熊穴沢避難小屋

山頂方面へ

山頂方面へ

頑張って登ろう

頑張って登ろう

岩場が続きます

岩場が続きます

天狗の留まり場

天狗の留まり場

山頂が近づいてきた

山頂が近づいてきた

歩いてきた道を一望に

歩いてきた道を一望に

天神ザンゲ岩

天神ザンゲ岩

雪渓の横を登って

雪渓の横を登って

ミヤマキンポウゲ

ミヤマキンポウゲ

肩ノ小屋

肩ノ小屋

小屋入口にあった案内略図

小屋入口にあった案内略図

ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ

山頂方面へ

山頂方面へ

コバイケイソウ

コバイケイソウ

トマの耳

トマの耳

今から向かうオキの耳

今から向かうオキの耳

ミネウスユキソウ

ミネウスユキソウ

オキの耳

オキの耳

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ

シャクナゲ

シャクナゲ

シラネアオイ

シラネアオイ

白くなってきました

白くなってきました

ゴール

ゴール

いらっしゃいました

いらっしゃいました

天神平に咲いていたニッコウキスゲ

天神平に咲いていたニッコウキスゲ

帰りは地上から

帰りは地上から

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。