御嶽山飛騨頂上まで&継子岳

2015.07.05(日) 08:54 - 2015.07.05(日) 16:18
御嶽山にまた登れるようになったら必ず来よう!噴火以降ずっと思っていたことがやっと実現できました!! 御嶽山には毎年登っていますが、ほぼ長野県側の田の原からで、岐阜県側の飛騨小坂口から登るのは5、6年ぶりくらいです(^^; 久々に行って思ったのは遠い!!僕の住んでいる岐阜市から登山口まで3時間半...同じ県内とは思えません...特に最後の20kmくらいのくねくね山道は心が折れそうでした(*´Д`) 登山口からしばらくは樹林帯を歩きます。前日に雨が降ったので道はぬかるんでいますが、苔ワールドはいきなり全開です(≧▽≦) ちなみに森林限界までほとんど眺望はないので苔を楽しみながら登るしかありません...なので苔に興味がない人は黙々と登ることになります(-_-;) 標高2500m位の森林限界を超えると一気に眺望が開けますが、今日は生憎のガス... そこから先は時折ちらっと見える摩利支天を見ながら飛騨頂上へ。 頂上ではガスで何も見えないが剣ヶ峰方面へ向かい合掌。亡くなられた方のご冥福とまだ行方不明の方の早期発見をお祈りさせて頂きました。 続いて継子岳へ。ここは天気が良ければ剣ヶ峰を見ることができるようですが今日はガスの為見れませんでした。 5、6年前にこのルートで登ったときの印象は虫が多いとキツかったでしたが、今回は相変わらず虫は多かったが、キツさはさほど感じず少しは成長したかなと( ̄▽ ̄) ちなみに常々汗冷えが何とかならないかと思っていたのですが、今回初めてfinetrackのスキンメッシュを使用してみました。 登山中は汗をかくが、山頂は2800m以上あり寒いと実験には最高のシチュエーションでしたが、汗冷え感、肌へのベト着き感全くナシ! マジで感動しました!! 興味ある方はチェックしてみて下さいhttp://www.finetrack.com/product/skinmesh.html ※決して業者のマワシ者ではありません(-ω-) ※あくまで一個人の感想です

写真

飛騨頂上へ出発!

飛騨頂上へ出発!

ここからスタート

ここからスタート

しばらくは樹林帯

しばらくは樹林帯

木の橋もちょこちょこ 濡れてて滑る(>_<)

木の橋もちょこちょこ 濡れてて滑る(>_<)

苔&きのこ

苔&きのこ

ジョーズ岩 なかなかの迫力( ̄▽ ̄)

ジョーズ岩 なかなかの迫力( ̄▽ ̄)

あちこちの山で見るカエル岩 ここにもいた

あちこちの山で見るカエル岩 ここにもいた

何がのぞけるの?ドキドキ

何がのぞけるの?ドキドキ

うっすら摩利支天でした...

うっすら摩利支天でした...

ふかふかで超気持ちよかった~

ふかふかで超気持ちよかった~

登山口から飛騨頂上まで4.2kmあり、だいたい100m間隔で番号が出てくる 自分の位置が把握しやすくGOOD!

登山口から飛騨頂上まで4.2kmあり、だいたい100m間隔で番号が出てくる 自分の位置が把握しやすくGOOD!

花①

花①

森林限界突破!

森林限界突破!

ガス~

ガス~

ガス~

ガス~

飛騨頂上到着!!

飛騨頂上到着!!

三の池 ビューティフォー

三の池 ビューティフォー

剣ヶ峰へ続く道 こっから先は立入禁止

剣ヶ峰へ続く道 こっから先は立入禁止

オシャレな五の池小屋

オシャレな五の池小屋

薪ストーブ

薪ストーブ

薪ストーブで焼いたシフォンケーキだそうです

薪ストーブで焼いたシフォンケーキだそうです

継子岳の途中 火山灰が残ってるとこもたまに

継子岳の途中 火山灰が残ってるとこもたまに

花③

花③

花④

花④

花⑤

花⑤

コマクサはまだ蕾

コマクサはまだ蕾

ウサギ岩(勝手に命名)

ウサギ岩(勝手に命名)

目指す継子岳

目指す継子岳

この辺りだけ何故か岩がそり立ってる 何か地球じゃないみたい(-ω-)

この辺りだけ何故か岩がそり立ってる 何か地球じゃないみたい(-ω-)

継子岳ツイター!

継子岳ツイター!

ヤッホー!!

ヤッホー!!

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。