旅伏〜鰐淵寺〜鼻高山周回

2015.07.05(日) 08:43 - 2015.07.05(日) 15:53
昨年の秋より仲間うちで作った「登山部」の活動が主体で久しくソロで山に入ってない この日は夕方に祭りがあり、獅子舞のため体力温存と決めていたが、朝起きたら晴れ 「そうだ、山に行こう」 と登山口まで15分の出雲北山へ とりあえず旅伏山に登ってその先のコースを決めようと登り始めたが、やけに体が重い… 足は出るけど、息が切れる 旅伏山山頂まで登ってこんなに疲れたのは久しぶりだ 「今日は下りよう」としばし休憩したら、足が勝手に縦走路へ向かう 伊努谷まで行き考えようと進むが、なんの躊躇もなく縦走路を右へ鰐淵寺へと足が動く 2年ぶりの松露谷コースは以前より荒れていた 鰐淵寺に着き休憩していたら、入山料を払えとオ◯ハンが来た 登山道整備だとか取って付けたような理由を並べての所場代の取り立てに強い憤りを感じながら遥堪峠を目指す 遥堪峠で休憩後鼻高山に足を向けると、今度は足が進まない 遥堪峠〜矢尾峠の地味にキツい滑りやすいアップダウンを、以前は無かったロープに助けられアエギながら鼻高山山頂に到着(登山道の整備をして頂いた方々にひたすら感謝です) 後は下りを残すのみ、無事に下山出来ました 登山開始の30分に問題があったのか、乳酸溜まりまくりの山歩き、久しぶりのソロで改めて自分のペースの大切さを再確認した しかし、鰐淵寺の対応はいかがなものか 入山料を求めるなら縦走路の鰐淵寺への分岐には、鰐淵寺が大きな看板を設置するべきだと思う 有志の方が書かれた「文化財保護のため…」と入山料を徴収されるとの看板に後になって気づいたが、登山道整備の事は書かれてない 周回できる好きなコースで登山部でも歩こうと思い下見をしたが、今後は歩かないかなぁ…

写真

今回歩く地図

今回歩く地図

旅伏山登山口

旅伏山登山口

鹿ゲート、開けたら閉めるように

鹿ゲート、開けたら閉めるように

旅伏山登山道、ひたすら階段が続く

旅伏山登山道、ひたすら階段が続く

一本松、登山口より約30分、一息つこう

一本松、登山口より約30分、一息つこう

旅伏山山頂

旅伏山山頂

山頂からの景色

山頂からの景色

縦走路の風景、秋には紅葉がきれい

縦走路の風景、秋には紅葉がきれい

気持ちいいハイキングコース

気持ちいいハイキングコース

伊努谷峠、ここから鰐淵寺へ向かう

伊努谷峠、ここから鰐淵寺へ向かう

鰐淵寺への道(松露谷コース)の風景

鰐淵寺への道(松露谷コース)の風景

今回は見なかったが縦走路にも時々マムシが…

今回は見なかったが縦走路にも時々マムシが…

松露谷コース登山口、鰐淵寺への入口

松露谷コース登山口、鰐淵寺への入口

鰐淵寺横の沢

鰐淵寺横の沢

鰐淵寺参道

鰐淵寺参道

鰐淵寺から遥堪峠への登山道の風景

鰐淵寺から遥堪峠への登山道の風景

一丁ごとにある地蔵様、遥堪峠で20丁

一丁ごとにある地蔵様、遥堪峠で20丁

遥堪峠への登山道、小さな沢の渡渉を繰り返して登る

遥堪峠への登山道、小さな沢の渡渉を繰り返して登る

遥堪峠、昔ここには茶屋があったらしい

遥堪峠、昔ここには茶屋があったらしい

大黒山、遥堪〜矢尾峠の縦走路

大黒山、遥堪〜矢尾峠の縦走路

滑りやすい縦走路には一昨年前には無かったロープが至るところに…

滑りやすい縦走路には一昨年前には無かったロープが至るところに…

この辺りの地味なアップダウンが結構キツイ

この辺りの地味なアップダウンが結構キツイ

ロープを張って頂いた方々にひたすら感謝です

ロープを張って頂いた方々にひたすら感謝です

矢尾峠

矢尾峠

鼻高山山頂、矢尾峠からの登りも地味にキツイ

鼻高山山頂、矢尾峠からの登りも地味にキツイ

山頂からの景色、南側
360度の展望

山頂からの景色、南側 360度の展望

山頂からの景色、南側

山頂からの景色、南側

北側、十六島湾が一望です

北側、十六島湾が一望です

駄戻し、出雲北山三大急登

駄戻し、出雲北山三大急登

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。